« 1/72 ジャギュアGr1 ① | トップページ | 1/72 川崎 九五式戦闘機Ⅱ型 ② »

2008年7月11日 (金)

1/72 川崎 九五式戦闘機Ⅱ型 ①

合宿の宿題1/48Ju87Bとしていましたが、ここ数ヶ月にWebコンペ提出物が多いため
Ju87独特の複雑キャノピーフレームの(ただでさえ苦手な)マスキング、塗装の面倒さにモチべ低下が懸念され急遽キット変更です。

Photo ●ICM1/72 川崎 九五式戦闘機Ⅱ型
なんと簡易インジェクションキットなんですね。
(簡イキットはいくつか作っているので何とかなるでしょ)

●パーツ

1234 ・結構バリがあります。
・もちろんパーツはイモ付け。
・尾そり部分など空間があるべきところが埋まってしまっています。
・風防にいたっては透明プラ板にフレームが印刷してあり切り抜いて折り曲げろと・・・ハードだ(笑)

●お約束

Dup1Dup2Dup3Dup4 ・ファインモール1/48キットを参考に補器、レバー類をプラ片ででっち上げ。
・ 計器板は宙に浮いた状態なので支持架をスクラッチ。

コックピット内の塗装色は川崎系なので薄茶褐色でしょうかねぇ?

---------------------------------------------

Gr1_09 Desert Storm 湾岸コンジャギュアGr-1サフ吹きまでやってありますが、ダークイエローが退色したデザートピンクを1/72航空機の機体にどう表現するか思案中・・・。

|

« 1/72 ジャギュアGr1 ① | トップページ | 1/72 川崎 九五式戦闘機Ⅱ型 ② »

航空機模型 (AIR)2008」カテゴリの記事

コメント

ファインも薄茶色を指示していますが、私的には疑問。この時代の陸軍機は、だいたい濃紺というか濃い青というか、まぁそんな色じゃないのかなぁ、と。

あと、三式戦や五式戦、二式複戦などで指示される薄茶色って、インテリアグリーンが褪色してああ見えたんじゃないかと私は考えています。

まぁいずれも断片的な情報をつなぎ合わせての判断なので甚だ心もとないのですが、官の制式機材なのに川崎機だけが他社と大きくかけ離れた色を使うのって、なんか不自然な気がするのです。

投稿: t-wak | 2008年7月12日 (土) 00時25分

むふふ、何処かで見たことがあるキットですな、成仏できることになりそうで、実に目出度いです(笑)

そういえば飛燕に関しては戦後のスクラップカラー写真を見たとき(何を何処で見たか忘れたが)コクピットの後ろのところが茶色、どちらかといえばサンド色だったのを見て、「へーこんな色してるんだ」と思ったことが記憶に残っています。

投稿: ⊥TT | 2008年7月12日 (土) 01時05分

とても危険なカヲリのするキットすね~♪窓枠が素敵過ぎます(汗)

投稿: 黒石 | 2008年7月12日 (土) 02時32分

このキットは模型屋さんで見たことがあります。張り線と値段にビビって購入は見送りましたが簡易インジェクションだったのですね・・・ワシには荷が重いです(汗)完成するとどのようになるのか楽しみです。

最近ちょっとした事情で模型が弄れませんが禁断症状が出てきました・・・・

投稿: まつよっし | 2008年7月12日 (土) 15時52分

このキットは実に素敵です!
黎明期の日本の戦闘機って感じがします♪

このキットも黎明期なんでしょうね~でもシミソ隊長ならすんっげえ料理法があるんでしょう!楽しみです★

投稿: SAIUN | 2008年7月12日 (土) 15時55分

やられてますねー♪
序にもう一機複葉機やりません?

送ってもいいですか? ムフッ送っちゃおう(爆)

投稿: ハヤテ | 2008年7月12日 (土) 17時16分

この「もんじゃ焼?」のようなキット!
シビレますねぇ~(笑

バリの処理の仕方を勉強させて頂きます!(笑

投稿: takas | 2008年7月12日 (土) 22時51分

●t-wak殿
そういえば九七戦や初期の隼のコックピット色は暗青色?だったと聞いたような読んだような・・。

某N氏以外にコックピット等の細部塗装を言及された方は、また書籍は有るのでしょうか?

丸メカニックでA氏が簡単に触れられてはいましたが。
あとこの書籍の透視図も塗装資料ではあります。
それによると同じ川崎の九九式双軽の機内色は緑系で透視図が描かれています。

モデラーとしてはかなり知りたい部分の一つではありますね。

投稿: シミソ | 2008年7月12日 (土) 23時38分

●⊥TT殿
このキットはビンゴで唯一自ら選んだ1/72キットでした(笑)
他に微妙に美味しそうなキットもあったんですが
もっていった数よりもって帰る数を少なくしたかったのでパスしました。

なるほど戦後間もない実機のカラー写真となると心強いですね。
でもさきほど胴体を貼り合わせたらほとんど見えませんでした(爆)

投稿: シミソ | 2008年7月12日 (土) 23時43分

●黒石殿
窓枠が印刷でしかも切り抜いて折り曲げるなんて初めての経験です。

また単葉の機体なら簡イキットでも大して苦労はしないんですが
複葉機となると普通のインジェクションキットでも難儀なことがあるのに
簡イキットでイモ付け支柱は厳しそうです(汗)

投稿: シミソ | 2008年7月12日 (土) 23時47分

●まつよっし殿
このキットが出たのはちょうどファインの48が出た前後だったでしょうか。
私も箱の状態は見たことがあったんですが
直にパーツを見たのはこれが初です。
そういえば値段もけっこうしていたかも・・・。

禁断症状が出始めましたか…
弄られるようになると一気に行くんではないでしょうか?(笑)

投稿: シミソ | 2008年7月12日 (土) 23時50分

●SAIUN殿
ほんと素敵なキットで涙がチョチョ切れます(笑)
簡イの複葉機は初めてなのでどうなる事やらです。

上下の主翼の取り付け、とくに上翼の取り付けに悩みそうな予感がします。
そのあとの貼り線も厳しそうですね。

でもまだモチべは高いです(笑)

投稿: シミソ | 2008年7月12日 (土) 23時53分

●ハヤテ殿
この時期のコックピットなんて資料ないですね~。
なのでファインモールド48のパクリです(笑)

>序にもう一機複葉機やりません?

え”!複葉機ですか!!
ジェットの次にちょっと怖い気がします(笑)

投稿: シミソ | 2008年7月12日 (土) 23時56分

●takas殿
もんじゃ焼きときましたか(笑)
もんじゃはもんじゃでもモチのトッピング付きです(爆)

簡イキット全般に言えることですが
バリ以上に接着面の処理をしっかりしないと
とても組み辛くなるので注意が必要です。
(あ、同じことが東欧系の普通のインジェクションキットにも当てはまるかもしれません。笑)

投稿: シミソ | 2008年7月13日 (日) 00時00分

戦前の陸軍機機内色については、第一に長谷川一郎氏の記事ですね。昔の『航空ファン』の連載記事と、MA増刊の『日本陸軍機の塗装とマーキング』です。

紺とか青とかいわれますが、当時の言葉でいえば灰藍色です。1945年に出されたものになりますが、色の規格が国会図書館に現存します。

この色が、大戦初期までの陸軍機の機内色ですね。

ただし私もうっかり九五戦の機内にファインの指示通りにあの色を塗っちゃって、「しまった」と笛や太鼓の後の祭り。蜜柑状態で放置プレイです。

投稿: t-wak | 2008年7月13日 (日) 00時54分

●t-wak殿
『航空ファン』の連載記事はある時期以前と2003年以降は揃っていないので多分見たことが無いか、見ていても1部だと思います。
MA増刊の『日本陸軍機の塗装とマーキング』は持っていました(汗)
カラーチャートの考証は長谷川一郎氏ですね。
以前書いた九七戦や隼のコックピット塗色の記事はこれだったんですね。

まぁ、95戦は1/72ともなるとコックピットの開口部も小さく見えにくい(と、自分で強引に納得させている?(笑))ので現状のまま仕上げます。

投稿: シミソ | 2008年7月15日 (火) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/72 ジャギュアGr1 ① | トップページ | 1/72 川崎 九五式戦闘機Ⅱ型 ② »