« タミヤ1/48 Fw190F-8 ①   | トップページ | V作戦 ① »

2008年3月 8日 (土)

タミヤ1/48 Fw190F-8 ②

胴体と主翼をくっつけました。

02 コックピット座席はシートベルトの関係でまだ未装着です。
(パイロットの有無によりシートベルトを付けるかどうか。
手元にシートベルトのエッチングパーツは無いので付ける場合は自作です。)

前回の「BF109祭り」でのBf109のパネルラインに引き続き
またもや見つけてしまいました(既存の事実かもしれませんが…。)

PhotoPhoto_2Photo_3 .

.

.

胴体後部上面にはパネルラインがあります。
(作図は紛らわしい中心線が書き込んでないのでパネルラインに間違いはないでしょう。)

胴体下面にはリベットラインだけでパネルラインはありません。

整形時にパネルラインは消してしまいました。
(短いので彫りなおしても良いかなと思っている反面、面倒くさいという気持ちもあります。笑)

-----------------------------------------------

エントリーをためらっているもう一方のハセ/ドラ48のFw190A-5ですが
各パネルの修正の他、脚庫に大きな違があり修正はとても面倒くさそうです。
(日本陸軍審査部のFw190A-5はタイヤカバーが付いている機体です。)

01_302_2Photo_4 .

.

.

.
タイヤカバーも自作せねばならず、しかも内面は平面ではないので難しそうです。
通常は駐機しているときにはタイヤカバーは手動で閉めていたそうなので開いている写真は少ないようです。

ということでハセ/ドラのA-5パスですね~。(デカールも無いし部品どり用に決定) 

|

« タミヤ1/48 Fw190F-8 ①   | トップページ | V作戦 ① »

航空機模型 (AIR)2008」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
このミステリアスなところがまた独逸機の魅力ですね(違
TMのキットは近年の考証とはまた違った、ちょっと前の視点でデザインされているので、逆に最新キットと並べて違いを楽しむってのもまた一興では?
とムリに誘って見たり(笑)

投稿: BAEL | 2008年3月 8日 (土) 01時30分

各地でどんどん作業が進んでますね~♪(焦;
実はFW初めてなんで資料集めからしなくちゃでありあま~す・・・でも最後は時代考証無視しちゃいますけど(笑)

投稿: SAIUN | 2008年3月 8日 (土) 07時44分

フランクフルトで買った雑誌にEduardの
48 Fw190A-6 の製作記事が載ってました 6ページに及ぶ記事はなかなかの
ものです 参考になりそうです

投稿: あきみず | 2008年3月 8日 (土) 20時37分

なるほど~・・・メッサーと同様にフォッケにも機体の中心にパネルラインがあるのですか・・・前回作ったものは必死に継ぎ目を消した覚えがあります(爆)

投稿: まつよっし | 2008年3月 8日 (土) 22時24分

おっ、そうすると別の機体のエントリーも有得るのですか?

フォッケの種類の多さにまた驚いています(爆)

投稿: ハヤテ | 2008年3月 8日 (土) 23時47分

●BAEL殿
いままでドイツ機は構造的にはあまりリサーチせず
塗装で楽しんでいた方ですので
調べ始めるとキリがありませんね。

TMキットは純正のA-8型を作るのが一番いいようですね。
でもA-8はエントリーが多い機体ですし・・・
どうしましょうかねぇ(笑)

金沢R11の件もう少しお待ちください。
なんだか月末がごちゃごちゃしているもので(汗)

投稿: シミソ | 2008年3月 8日 (土) 23時56分

●SAIUN殿
いままでドイツ機は資料を見ても塗装のバリエーションだけで
構造的なことはあまり気にしなかったのですが
ブログを始めて製作過程を晒すようになってから
目覚めました(笑)

もっとも全体的にどこそこが細すぎる(太すぎる)とか
曲線具合がどうこうとかはほとんど気にしませんが(笑)

投稿: シミソ | 2008年3月 9日 (日) 00時01分

●あきみず殿
欧米の雑誌の特集は
いかにも特集らしい誌面作りですね。
日本の雑誌は特集と言っても
数をそろえるだけで製作工程はおざなりであり
完成写真を載せてハイおしまい。
製作に関してはあまり参考になりません。

完成写真と文章だけでは伝わらないんですよねぇ。

投稿: シミソ | 2008年3月 9日 (日) 00時04分

●まつよっし殿
私も書いているようにしっかりとパネルラインを消しています(笑)

線図では中心線を書いてあるものが多いので
その場合は胴体中心のパネルラインは読めないんですよねぇ。

今回は前回のBf109の時を思い出して
「もしかして?」と探したら、案の定見つけてしまいました(笑)
もっともドイツ機好きの方は当たり前のことかもしれませんね。

投稿: シミソ | 2008年3月 9日 (日) 00時08分

●ハヤテ殿
いや~、TMキットはエントリーを躊躇うほどですので(笑)
もう10年若ければ躊躇わずにエントリーしたでしょう(爆)

6月の福井PFコンテスト用の連作(3人で)作品を
手も付けていないので
それをそろそろ作り始めないとまずい気もします。
(航空機ではないので速効製作は無理なんです。汗)

投稿: シミソ | 2008年3月 9日 (日) 00時12分

胴体後部のパネルラインですが、中心線上ではなく、右舷側へと少しオフセットした位置にあります。

ええと、スライド風防のガイドレール溝がありますよね。その右舷側の縁から尾翼方向に向かって延ばした線上にくだんのパネルラインが来ると考えればわかりやすいかと思います。

ちなみにハセガワの新しいヨンパチA-8キットは、このパネルラインの位置に合わせて胴体を左右に分割しております。

白状しますと、私も大昔、中心線上にあるものと思って彫っちまったことがあるんです。MAのフォッケ本掲載の写真(P.142の20番)で間違いに気付き、そのまま蜜柑に。あれから20年経つんだなぁ。

投稿: t-wak | 2008年3月 9日 (日) 12時42分

陸海空を問わず、毎回シミソ様の豊富で貴重な資料の数々に本当に驚きます。

鵜来型の写真も(何かでご迷惑をかけてはと思いアップはしておりませんが)本当に驚きました。
希少な資料はなかなか一度には収集できないものと思いますが、今回も感謝しながら拝見しております♪


Bf190を眺めて見て、あらためて本機の操縦席が後ろ寄りなのにも驚いております。
前下方の視界が心配でありますっ(笑)

投稿: hagu | 2008年3月 9日 (日) 13時00分

●t-wak殿
なるほど少しオフセットされていますね。
ご教授ありがとうございます。

良く見ればタミヤの分割もそのようになっているようです。
でも教えていただかないと
わざわざ中心にラインを引くところでした(汗)

ということは中心線が引いてある作図で
この部分にラインが見えないものは
はなからラインが無いものか、中心線にあると解釈していることになりますね。
う~ん、深い(笑)

投稿: シミソ | 2008年3月 9日 (日) 22時41分

●hagu殿
いや~、私もあちこちのものを拾って来ているだけですので
著作権に引っ掛かりそうなものも多々あるかと…(汗)

でも私もこういうのは好きですので苦にはなりません。

日本機が一番前方視界を気にしたんじゃないでしょうか?
ドイツ機では飛行中に見えれば可と言う考えみたいです。

投稿: シミソ | 2008年3月 9日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ1/48 Fw190F-8 ②:

« タミヤ1/48 Fw190F-8 ①   | トップページ | V作戦 ① »