フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の7件の記事

2008年1月30日 (水)

もうすぐ復活いたします。

皆様、ブログ休止時の温かなコメントありがとうございました。

実は詳しくは書きませんでしたが前記事の翌日より入院いたしましてパソコンを弄る環境にはありませんでした。

01 02

術後の経過も良く退院の運びとなりました。

皆様のコメントは大変励みになりました。まとめてのレスの形になりますがコメントを書いていただいた皆様には大変感謝しております。
ありがとうございました。

P また入院中、自宅に模型の穴 の鉄火巻さんよりキットの詰め合わせが届いておりました。
重ねてお礼申し上げます。

.

新たな記事は2月1日を予定しています。
以前と変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

2008年1月14日 (月)

ブログ休止のお知らせ。

個人的な理由により少なくとも1月一杯はブログ更新できなくなりました。

2月早々には再開できるとは思いますが、まだ未知数であり確約できません。

今日1月14日夕方以降はパソコンも弄れず皆様の処への訪問や
書きこんでいただいたコメントにもレスできないので
この時点でお詫び申し上げておきます。

なお、〆切がある祭り2作品に関しましては
ヨンパチ☆コン については完成して、この記事後半に掲載いたします。
Bf109祭りは機体が完成しているので、そちらのみで完成といたします。
(ベースも出来、あとはフィギュアだけなんですが時間的にタイムリミットでした。)

タミヤ1/48 タイガーⅠ初期生産型ヨンパチ☆コン

01020304050607 08 .

.

.

武装親衛隊第2戦車連隊 "ダスライヒ" 第8中隊S33号車

息抜きのつもりで作ったタミヤの1/48タイガーⅠです。
ハッチの取っ手を0.3mm真鍮線に交換し、煙幕発射器と左右ライトに電源コードを追加した以外は素組です。
調べるといじりたくなる個所は結構ありましたが無視しています(笑)

塗装も基本的にはダークイエローとダークグリーンですが
決められた色ではなく、ビン生色に適当にそこらにあった色を混色して塗装しているので
考証派の方から文句が出そうですね(笑)

汚しも控えめにして、チッピングも気持ち程度で抑えました。
なんせ陸物に関してはあまり経験値が高くないもので
ツボがいまいちよくわかっておりません。

もう少しバトルダメージや使用感を出せればいいですね。 

(この記事にいただくコメントにもレスできないと思います・・)
m(_ _)m

2008年1月 9日 (水)

貼りつけテスト

加藤隼戦闘隊 3分33秒 △クリックで再生

2008年1月 6日 (日)

1/48 タイガーⅠ初期型 ①

maboさんヨンパチ☆コンに出展すべくタミヤ1/48 タイガーⅠ初期型を組んでいます。

車体下部のみの組み立てでそのままになっていたんですが、
日曜日午前中を利用して車体基本塗装をしてみました。

0102_203 .

.

.

1、ジャーマングレー原色(ビン生)で全面塗装。(プライマー代替でレッドブラウンを塗装するのをよく見ますが、今回はジャーマングレーの上からダークイエローを塗装したと想定して、あえてジャーマングレーの下塗りとしてみました。)

2、AFV(ガンダム?)では何とか塗りと言うらしいのですが、別に名前をつけなくても飛行機模型でもやる塗装法だと思うんですが…。
航空機模型で言えばパネルラインを残しつつ内側を塗装・・と言う方法ですね。

3、2の上からさらに白を加え明度をあげたダークイエローで内側を軽く塗装。(退色表現のつもりです。笑)

今日はここまで。ここにダークグリーンで迷彩を施します。

----------------------------------------------

★1/72オペルブリッツと簡易ディオラマ

0701_2 .

.

.

1、タイガーⅠにジャーマングレーを塗装するついでにドラム缶も塗装しちゃいます。
こちらはオペルブリッツと同じ塗装方法です。

2、ベースに仮配置してみます。(フィギュアはまだ手つかず。)
荷台の上から手動ポンプと給油パイプを使って給油中というところでしょうか・・。
機体の燃料給油口を開けなければなりませんが、機体を弄ると他所を壊しそうだな~(笑)

エンジンも整備させなければなりませんね。

2008年1月 3日 (木)

1/72 Bf109G-2 機体完成

昨日完成していたにもかかわらず、記事ネタ用に引っ張った完成機体をアップします(笑)

ファインモールド1/72 Bf109G-2 ギュンター・ラル

Bf109g2_01Bf109g2_02Bf109g2_03Bf109g2_04Bf109g2_05 .

.

.

昨日の時点で入れ忘れていた翼端灯を入れました(1枚目だけ昨日のままです。笑)
Bf109の翼端灯は全面色つきではなく、クリアー部の内部にそれぞれ赤・青の電球が入っています。
というわけで、この完成機の翼端灯の表現は間違いということになります。

スミイレは軽めにし、汚しは排気煙くらいでほとんどいれてありません。

----------------------------------------------------

●上記のBf109G-2に付帯させるべく
イタレリ1/72 オペルブリッツ車体完成。

02 ・キットで省略してある車間表示ポール左ドアのバックミラー、運転席屋根上の牽引中を表示する三角板(倒してあります)をプラ板と延ばしランナーで追加し、フロント&ドアガラスを入れました。(その他は良くわからないので省略。ワイパーも箱絵に書いてなかったので省略。笑)

車体完成

03040506 .

.

.

東部戦線のベテラン車体のつもりでしたが、車体にへこみや傷がまったく無いのにくわえ汚しすぎたかも?(新しい車両が汚れたということで・・汗)

後ほど荷台のドラム缶機体整備用品を積んで完成です。(ところが飛行機整備ではどんなものを積んでいたのかこれがよくわからない・・。燃料補給用のドラム缶だけにするかも。)   

   

2008年1月 2日 (水)

1/72 Bf109G-2 ⑤

ファインモールド1/72のBf109G-2の続きです。

肩の調子も良く一気に・・・・

実はもう機体のほうは完成しているんですが、順番で途中工程を掲載しておきます。
完成機画像は後日・・証拠に1枚だけ載せようかな?(笑)

Bf109g2_13機体下面:私の最近の塗装方法で、RLM65ライトブルーパネルラインを残しつつRLM76ライトブルーパネル内を塗装。

・翼端下面、機首下面、胴体帯はRLM04イエロー(ビン生)

Bf109g2_14主翼(尾翼も同時に)上面 RLM75グレイバイオレットにそこらにあった明るい灰色を混ぜやや明度をあげたもので塗装。

・マスキングを施しRLM74グレイグリーンにやはりそこにあったタイヤブラックを混ぜて明度を下げて塗装。

.

※1、明度を変えたのはビン生だと明度差があまりなく、模型表現的におもしろくないため。ただし混色した色はすぐそこの手もとにあったものを使っただけでいいかげんです(笑)

※2、マスキングテープは端を1mm程度折り曲げ密着させていません。塗装境の段差が出るのを嫌ったためです。(気にしすぎではありますが・・。出ちゃうと小スケールでは目立ちます。)

.

Bf109g2_15_2 ・胴体上面にフリーハンドでRLM75グレイバイオレットを吹きます(エアブラシは上面部口径0.3mm、モットリング部は0.2mm)

.

Bf109g2_16Bf109g2_17 ・胴体の上面のみにマスキングテープを貼りRLM74グレイグリーンを吹きます。
(こちらは面倒になり0.2mm口径のみ使用)

・キャノピー下の側面を見るとわかりますが、粒子が粗い部分やモットリングの形の気に入らないところを修正するため、RLM76ライトブルー(0.2mm口径)で上吹き修正

Bf109g2_18 デカールを貼って乾燥、上からクリアースプレーで固定しています。

※デカールは細かなものはかなり端折っています。(全部貼ると小スケールではうるさすぎる気がします。)

●外面の塗装が終わったのでカウリング裏面をいじります。(カウリングを開状態で再現するため。先にこの作業をやっちゃうと塗装時にカウリングが胴体に密着せず塗装しにくくなるため後回し。)
Bf109g2_19Bf109g2_21Bf109g2_20 .

.

.

・カウリング裏面プラ棒伸ばしランナー等でを再現。ついでに主脚のブレーキパイプも付けてしまいます。(過給器空気取り入れ口の穴を開けておきます。)
・工作が終わったらRLM02グレイグリーンで塗装しいつものエナメルでスミイレしておきます。タイヤ接地面
バフでドライブラシ。(地面は土を想定。コンクリート等人工物だと汚れ方は逆になるはずです。←AFVをやっている方はこういうところは詳しいですね。)

これで小物をすべて取り付けると機体完成。

★おまけ(1枚だけ)
Bf109g2_03 .完成機

・次回記事ネタ用に出し惜しみです(笑)
おっと、翼端灯を塗っていないぞっと(汗)

 

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

2004020102 .

.

.

新年明けましておめでとうございます。

皆様、昨年中は大変お世話になりありがとうございました。

旧知の方々はもちろんのこと
ブログを通じてあらためて色々な方と知り合うことができましたことは何よりの財産です。

今年も仕事に趣味に一生懸命やっていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ