フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の15件の記事

2007年9月30日 (日)

雷撃艇13号 03

雷撃艇13号」完成。

13021303130413051306 1301

.

.

.    

多少はマンガと違いますがとりあえず完成です。

2D3Dにするとどうやっても造形的に無理になるところがあります。

また操縦席?横から魚雷発射操作桿が出ているようですが左側が分からないのでオミットしてあります。

1/144のNゲージフィギュアも用意しましたがポーズに無理があり???のため取りやめ。

あとは四式重爆「飛龍」を完成させて組み合わせます。

-------------------------

13e 魚雷発射管ランナーからでっち上げ、伸ばしランナー、プラ板ででっちあげました。

.

.

皆様も松本零士祭りに御参加いかがです?

2007年9月28日 (金)

雷撃艇13号 02

ついつい面白くなって「雷撃艇13号」を弄っていました。

1/144四式重爆1/48FIAT G50は少しお待ちくださいm(_ _)m

13a_2 ・胴体を切り取りエンジンに乗せてみましたが、マンガをみるともう少し胴体幅が狭いようです。銃座も円筒部分が短すぎますが雰囲気と言うことで。

.

13b13c ・塗装して感じをつかんでみます。「13」はガンダムマーカーで書きました。髑髏マークも書いてみましたが、1/72~35AFVのドイツ軍トーテンコップ(髑髏)のデカールを利用すればよかったかも・・・。

13d ・筏は100円ショップで購入した丸棒を切り紐でまとめました。

マンガでは機体はかなり低く取り付けてあるのですが、その通りにするとプロペラ回転時に筏にぶつかってしまうので高く設定しました。

あとは機体の固定器具と魚雷発射管、ドラム缶(代用燃料タンク?)、小物の取付けです。

2007年9月26日 (水)

雷撃艇13号 01

FIAT G50の製作をパテ硬化(下記の記事1/48 FIAT G50 ③胴体 Ⅱ)までちょっと休憩して、松本零士祭り 第2弾。

「雷撃艇13号」を再現してみます。

13011302 .

.

.

使用キット:アオシマ1/144双発小隊 四式重爆「飛龍」

01_14402_144 .

.

.

・キットは結構合いも良くサクサク作れます。

ただ問題は1/72でも面倒な日本爆撃機のキャノピーフレーム塗装

筆塗りでチマチマ塗るしかないでしょうねぇ。

・機体のほうは形にはなりましたが、「雷撃艇13号」の再現が出来るかどうか。

ドラム缶や魚雷発射管をスクラッチせねばならず、胴体部分も機体の切り貼りだけでは済みそうもありません。

--------------------------------------------------

う~ん、「雷撃艇13号」を失敗したときの保険に「夜のスツーカ」を出しておきます。

0102 

1/48 FIAT G50 ④胴体 Ⅱ

23 前回記事の胴体前半部分の接着線部分ですが、ラインを崩したくないので結局はパテ埋めしました。

ここで力が抜けて他を弄らず次の記事へ。

2007年9月24日 (月)

1/48 FIAT G50 ③胴体 Ⅰ

23日(日)はお墓参り以外用事も無くFIAT G50を弄っていました。

1516 ・なかなか良い感じになりました(喜) シートベルトはマッキ202/205を参考にしたので間違っているかも?

・胴体

ところが胴体上面のパーツが合わない。

接着部分を合わせると"3"の形になるのでヤスリがけして")" に整形しなければなりません。(そのままだと運河のスジ彫りになります。) 171819

.

.

.

胴体前部はまだ未処理、中央部はヤスリがけでラインが直線になるようにしてあります。

尾部はやや小さく段差が出来ます、未処理。(ヤスリがけでなんとかなる範囲。)ヒケもパテ埋めしてあります。

・カウリング

21_2 ・本来ラインが無いところに接着ラインがあるので完全に消さなければなりません。(4分割)

.

.

・尾翼

20 ・写真は垂直尾翼のみですが水平尾翼も上下張り合わせた主翼も後縁がかなり厚みがあります。薄くしなければなりません。(薄くするとリブの部分のモールドが消えてしまうのでどうしようか思案中。)

・エンジン

22 ・左側がキットのもので2段のエンジンが1枚の板?にモールドされています。実感がないので画面右側のジャンクパーツにあったエンジンを利用する予定です。(おそらくニチモ1/48九七式艦攻のもの。これも出来はいまいちですが・・・。)

なんと接着硬化待ちということもあったんですが、胴体中・後部分のヤスリがけで1日つぶれました。しかも翼の薄々攻撃も胴体前半部もまだやっていない(汗)

 

2007年9月22日 (土)

1/48 FIAT G50 ②コックピット

コックピット塗装

★まず仮組みしてみます。

091011

.

.

.

・コックピット後に隙間が開きます。多分実機は開いていないと思うのでプラ板で塞ぎます。

・やっぱり弄った側壁はしっかりと見えます。弄ってもあまり見えないとはマークですね。

★塗装

12シートは機内色の指示(ちなみにハセガワ48のマッキ202/205も)があるのですが、見つけた資料やマッキ202/205現存機を見ると鉄板色というか灰色っぽいメタリック色だったのでそのように塗りました。

計器板はいつものようにつや消しベースメーター部分にクリアー垂らしです。メーターデカールは付属していなかったのでジャンクデカールにあった別の機体のものを切り貼りしてあります。

・胴体に組み込んでからシートベルト照準器(パーツに無い!)を取り付けます。

1314 ・いつもの塗装方法と同じです。(ワンパターン。笑)

ちょっと汚くなりました(汗)

2007年9月19日 (水)

1/48 FIAT G50 ①

セクター1/48 FIAT G50 フィンランド空軍

・久々の1/48航空機キットです。

G50_2 ・FIAT G50の機体資料もほとんどないし、素組みで組み立てて塗装で凝るか・・・とりあえず在庫資料。一応ネットでフィンランド空軍のG50の塗装図でも探してみるべ。

 ゲッ!コックピット図(左上)があるじゃないか!

いらぬものを見つけてしまった・・・orz

00 でも待てよ。昔(15年位前)のこのG50キットの雑誌作例にコックピット内はあまり見えないからキットのままで十分と書いてあったなぁ。オープントップだけど開口部が狭いからあまり見えないのかな?じゃ、そのままか適当にでっちあげれば良いじゃん。

・一応仮組み・・・・・

0102 ・なんじゃこりゃ~!

丸見えじゃん!!

15年前の雑誌だけどいいかげんなこと書いてるなぁ。

せめて「あまり見えないけど気になる方はリブや補器類をつけると良いかもしれません」みたいな書き方にすればいいのに。(実際は内部はあまり見えないどころかよ~~く見えます。)

(教訓:雑誌作例記事は100%信じないこと。要確認)←でた!いつもの雑誌・・略

・で、やりましたよ。コックピットでっち上げ(笑)

030408   .

.

.

資料もないから簡単に素組みでパパッと完成させるつもりが、資料はでてくるは、仮組み段階では接着部の隙間やズレも有りそうだし時間がかかりそうですね~。

2007年9月17日 (月)

パイロットハンター ヴィネット

パイロットハンター12a (松本零士祭り)

「う・・・・・・千メートルをこしたな・・・。」

「あのバカ 足がはやいなあ!!」

戦場まんがシリーズ「第2話 パイロットハンター」松本零士著より

12c1316a 1517 18a      

2007年9月16日 (日)

パイロットハンター①

松本零士祭りに出展作の製作です。

9月7日の記事にも書きましたが「戦場マンガシリーズ 第2話 パイロットハンター」です。

12 ・この樹木の上から狙撃する狙撃兵を再現しようと思います。

.

.

.

・樹木の製作

03040506 ・割り箸に針金を巻きつけ。

・紙粘土を盛り付け、乾燥後にタミヤパテを薄め液で溶かしながら筆で塗りつけ。この際わざと筆ムラがつくように塗りたくります。

・ブラウン系で塗装し、エナメルブラック+レッドブラウンでウオッシング。(ちょっと剪定してあります。)

・ライケンをジャングルの樹木のように貼り付け。シーナリ-パウダーも苔のように少々まぶします。

・蔦のようなものも追加できればいいんですが、それは狙撃兵を配置してバランスを見ながらということで。

・狙撃兵

Photo ・タミヤMM 日本陸軍歩兵セットの膝撃ち姿勢の彼をそのまま使います・・・手抜き?(笑)

.

.

02 ・弄っているうちに指が折れました(泣)

まぁ、小銃を持たせるとき指を改造しようと思っていましたので良しとします。(おっと、強がり!)

.

01 ・キットの三八式歩兵銃にドイツのKr98についていた照準眼鏡を切り取って狙撃銃にでっち上げ。

三八式歩兵銃照準眼鏡をつけたものは九七式狙撃銃と言うと聞いたんですが本当?

-----------------------------------------------

●追加記事

07 ・マンガにあった顔の縫い目をつけてみました(笑)

折れた指はまだ修復してありません。

.

狙撃兵完成です。(1日で完成は6月の模型合宿の成果?笑)

08091011 ・実はヴィネットも完成しているんですが、同日記事になるのでタイマーで翌日17日0時すぎに更新するよう設定してあります <(_ _)>   

2007年9月12日 (水)

1/700WL 航空母艦「瑞鳳」 ⑫ 竣工

日本海軍航空母艦「瑞鳳」竣工

長い船体は撮影しにくいですね。

基本塗装の上から全体に極薄めのニュートラルグレーをかけて、甲板上にはタイヤの擦れた跡を再現するためライトブラウン等でウエザリング、船体にはレッドブラウンブラックのスミイレとレッドブラウンの錆ダレを再現。

艦載機がいないときの飛行甲板の汚れがわかるでしょうか?

・全体像

54_255_256 .

.

.

・各部分クローズアップ

575859606162636465666768 .

.

.

マストに張り線を施そうとしましたがエッチングパーツにコシがなく線を張ると曲がってしまうのであきらめました。

艦載機は零戦52型が2機足りませんが発進したということで・・(汗) (小型空母なので全機並べるとどうもバランスが悪かったため)

本来なら前の機の尾翼と後の機のプロペラの間隔から艦載機の配置は「ハの字」に並べられると思うのですが、なんとなく直線に並べてみました。

※船体とベースの間に隙間があるのはベースが凸凹のせいです(汗)

・写真で遊ぼう(笑)

69 ・背景に海の写真を置き撮影。実際の写真のように見えますでしょうか?(ちょっと水平線が上すぎ?)

.

92 ・汚しを入れた後の上空写真の白黒化

実艦とは白黒のコントラストが違います。

艦の大きさや太陽光線、撮影条件等にもよりますが、再現した色は正しいのかと不安になってくる1枚です(笑)          

2007年9月10日 (月)

1/700WL 航空母艦「瑞鳳」 ⑪艦載機Ⅱ

「瑞鳳」艦載機完成

48 ・キャノピー部分の塗装

下地にエナメル・シルバーで塗装し、乾燥後ラッカー・スモークグレー塗装。(初めての試みですが、なかなかいい感じ?)

505249 ・集合写真。零戦52型の2機(左端)は透明な円で回転状態にしてみました。

.

【各機の拡大写真です。】

51525253 .

.

.

今回の艦載機の塗装

(もともと飛行機屋なので拘ってみました。)

・搭載機の日の丸は主翼・胴体とも全て白縁なしとした。

・主翼の味方識別帯は見栄えに影響するので塗りつぶさずそのままとした。

・今回模型上で区別しやすいようにあえて21型戦爆にした。

・キャノピー枠を書こうと思いましたが書いても目立たないので(天山に名残りあり)止め。

・零戦52型と零戦戦爆/天山とで濃緑色の色調(三菱系と中島系)を変えてみたのですが、小さすぎてよく分かりませんね(T_T)

・全て筆塗りですが、各機日の丸と天山の偏流測定線はデカール

------------------------------------------------

素人のこだわり考証

エンガノ沖の653空機

Photo_2 ・マリアナ海戦後の「瑞鶴」搭載の「天山艦攻」653空 攻撃263航空隊・・※1

主翼、胴体ともに白帯は塗りつぶしてあります。(水平尾翼に偏流測定線あり)

Photo_3 ・エンガノ沖「瑞鳳」艦上の発進直前の「零戦52型」・・※2

・主翼の味方識別帯が濃緑色で塗りつぶし。(今回は模型的に面白くなくなるので再現せず。)

Photo_4 ・ムービーフィルムからの1コマだったと思いますが、「瑞鶴」から「大淀」に旗艦変更時に、「大淀」の近くに不時着したものと記憶しております。

・日の丸の白縁は無いようにも見えます。

(垂直尾翼の機番号もはっきりしないので、もしかすると赤色?)

搭乗員救助に向かったカッターの艇長は後から「旗艦の司令部移乗時に救助に向かって時間の無駄」だと馬鹿な参謀?から怒られたと言う話を読んだような読まなかったような・・・。

653_2

・653空の零戦戦爆(機番号が200番台:ちなみに戦闘機は100番台)

昭和19年9月始めの653空「零戦」保有機は、52型各形式96機(可動46機)、21型2機(可動2機)・・※3

このことからエンガノ沖の零戦戦爆は52型と思われます。

どこかに「653空のエンガノの母艦零戦52型はほとんど三菱製」と書いてあったような・・・?

※1:闘う海鷲P77 ※2:闘う零戦P92 ※3:闘う零戦P90~91 いずれも文藝春秋社刊

著作権上で写真がまずいようでしたらお詫びの上削除します。

2007年9月 9日 (日)

1/700WL 航空母艦「瑞鳳」 ⑪艦載機Ⅰ

1/700艦載機を弄ってみました。

エッチングパーツを使い、全機に脚、次に全機にプロペラ・・・のように流れ作業的にやってみたら案外時間を食いませんでした。

それでも目にくるので休み休みですけど(笑)

47 ・前3列は零戦52型、次の列は零戦戦爆(21型)、最後列が天山艦攻。

日本最後の母艦攻撃隊「瑞鳳」隊です。(瑞鳳隊は「零戦・零戦戦爆」のみで「天山」は含まないとする資料もあります。)

4452452146 .

.

.

零戦52型には増槽零戦戦爆には250kg爆弾を搭載し、天山誘導機だったらしいので爆弾・魚雷は未装備です(搭載したかもしれませんが)。

・塗装途中か塗装後に各機にアンテナ柱を取り付ける予定です。

・塗装前に増槽と爆弾の厚みをだすため溶きパテでも塗っておきます。

-------------------------------------------------

【追加記事】

Photo ・XJunさんのご質問のエッチング脚パーツ取り付け方法です。左右一体で脚収納庫を底辺にして”コ”字型にして取り付けます。

説明書はライオンロアのものですがファインモールドのEパーツも同じような方法をとっています。(F社は爆弾・増槽は1体になっています。)

2007年9月 7日 (金)

下半期予定

下半期製作予定

「瑞鳳」他、記事UPするほどキット弄りが出来ない状態なので

9月以降の製作予定(1部)をアップして誤魔化しておきます(笑)

●松本零士祭り

この方の御発声なる松本零士祭りが開催されました。

作らなければならないものが一杯あるので観覧だけにしようと思いましたが、祭り好きの血?が騒いでしまいました。

こちらで参加させていただきます。

01020304   

.木の上での狙撃場面を作ってみます。

.ピッタリのポーズもありますし(笑)

●陸攻祭り

07 どなたか(鉄火巻さんの所だったかも?)のところで「陸攻祭り」と読んだような気がするので、もし開催されるようならこのキットで参加します。

.

●福井プラホビーコンテスト

来年の6月なのでまだまだ日にちはあるんですが、とりあえず掲載。

05fphcm11306fphc_m113acav  ・有志3人での連作ディオラマの1作品用。M113にするかM113ACAVにするか未定。ベースはジャングル予定。現用物でありベースがジャングルとなると上手く作れるのかしら?(足を引っ張りそうな予感・・・)

09fphc ・こちらは個人出品予定品。

テーマ「しん(shin)」に合わせた作品。題名はバレバレですが一応内緒(笑)

.

●次期製作航空機キット

08fiat_g50 ・一部ブログに書かせていただいた「南欧生まれの北欧機」です。

以前からの作りかけの航空機キットはとりあえず中断。蜜柑山へ(笑)

これは予定ではなく「作ります!!」  と、書いてみる。

2007年9月 5日 (水)

1/700WL 航空母艦「瑞鳳」 ⑩基本完了

基本塗装・工作完了

とりあえず基本塗装と工作完了です。

3940414243 

.

.

.

あとは汚しと細かな艤装を施します。(艦載機もある・・orz) 

※やっぱり起倒式マストは交換して正解でした。

Photo 瑞鳳の前部機銃群の写真ですが、甲板上の2連装機銃の部分。ブルーワークで再現してある作品(キットもそのように表現)がほとんどですが、よく見ると手摺に弾片よけロープがつけてあるように見えます。どうでしょう?

-----------------------------------------------

素塗りのままで汚しも入れていないのでハッキリしすぎですが。白黒写真にして見ました。

微妙に角度が違っています(汗)  39_3Photo_3

2007年9月 3日 (月)

1/700WL 航空母艦「瑞鳳」 ⑨アンテナマスト

小物取り付けⅠ

飛行甲板に白線デカールを貼り付け、起倒式無線マストを付けました。

しか~し、ど~~うも気に入らない!

実艦写真と比較してみるとマストの太さが太すぎてバランスを崩している感じです。

(向きも一部間違えて組み立てているし・・・汗)

1000002_img1000004_img1000005_img .

.

.

気に入らないまま作ると途中で中断してしまうので

この純正エッチングマストは取り去ることにします。 

(取り去ったマストはいつの日か大型航空母艦にでも使います。)

----------------------------------------------------

【追加記事】

マストの比較写真です。

38 どちらも1/700です。信じられます?(笑)

きい方がハセガワ「瑞鳳」別売り純正エッチング。(許容範囲外につき剥しました。)

さい方がファインモールドのエッチング。

ちなみにジョーワールドのエッチングマストもファインモールドのものとほぼ同じ大きさでした。(両社ともマスト1~2段長いか短いかの違いで大小2(3?)種でています。)

繰り返しますがハセガワのものは1/350ではありません。1/700です。

(航空機模型に例えると、まるで1/72の20mm機銃パーツのところに1/32の20mm機銃のパーツをつけるようなもの?)

許容範囲外・・という理由がお分かりいただけたかと(笑)

これからちょっと私用を済ませてきますので、記事レスおよび訪問は後ほどとさせていただきます~。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ