フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« パイロットハンター ヴィネット | トップページ | 1/48 FIAT G50 ②コックピット »

2007年9月19日 (水)

1/48 FIAT G50 ①

セクター1/48 FIAT G50 フィンランド空軍

・久々の1/48航空機キットです。

G50_2 ・FIAT G50の機体資料もほとんどないし、素組みで組み立てて塗装で凝るか・・・とりあえず在庫資料。一応ネットでフィンランド空軍のG50の塗装図でも探してみるべ。

 ゲッ!コックピット図(左上)があるじゃないか!

いらぬものを見つけてしまった・・・orz

00 でも待てよ。昔(15年位前)のこのG50キットの雑誌作例にコックピット内はあまり見えないからキットのままで十分と書いてあったなぁ。オープントップだけど開口部が狭いからあまり見えないのかな?じゃ、そのままか適当にでっちあげれば良いじゃん。

・一応仮組み・・・・・

0102 ・なんじゃこりゃ~!

丸見えじゃん!!

15年前の雑誌だけどいいかげんなこと書いてるなぁ。

せめて「あまり見えないけど気になる方はリブや補器類をつけると良いかもしれません」みたいな書き方にすればいいのに。(実際は内部はあまり見えないどころかよ~~く見えます。)

(教訓:雑誌作例記事は100%信じないこと。要確認)←でた!いつもの雑誌・・略

・で、やりましたよ。コックピットでっち上げ(笑)

030408   .

.

.

資料もないから簡単に素組みでパパッと完成させるつもりが、資料はでてくるは、仮組み段階では接着部の隙間やズレも有りそうだし時間がかかりそうですね~。

« パイロットハンター ヴィネット | トップページ | 1/48 FIAT G50 ②コックピット »

航空機模型 (AIR)2007」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
フィアットG50、セクター時代の持ってますよ。
もちろん積んでます。
どの辺にあるか分かりませんが、確実に積んでます。笑
確か某氏が私財を投げ打って開発したキットだったんじゃなかったか、と。
なんでG55作らんねん!と憤慨したものでした。
でもこのキット、アメリカの小メーカー(パシフィックコーストだったかな?)も販売していて、立派に社会資産になってるように思えます。
男のロマンを感じるキットですね。成仏させてやってください。←オイオイ

フィンランド軍の塗装って独特な感じで綺麗ですよね。

小林源文のバッファローの劇画で存在を知った小学生のあの日に思いました(笑)


完成が楽しみです(*´・д・)(・д・`*)ネー

本機の操縦席は独特な雰囲気がありますねっ(驚;)
操縦者を包み込むようなフレームは、操縦中に
ちょっと肘を置いたりも出来そうです♪
当時としては相当にハイカラなデザインだったのではないでしょうか!
丸見えなのも~とても嬉しくなってしまいます♪

やってますね~、DUPですね。

こういう画面を見ると何故かホッとします(笑)

●しまちゃん殿
持っておられましたか。
このキットが出てもう15年たつんですよね~。
今回のフィンランド空軍仕様は最近オークションで格安入手したもので
イタリア空軍仕様は私もどこかに埋もれています(笑)

このあとスペイン戦争仕様も出るはずだったんですが
出たのでしょうか?

当時はサ○ウ ユ○氏も次期開発を張り切っておられたのに・・・。

G55・・いいですね~。
実はSMERの1/50キットを持っているんですが
これがとんでもない地雷キットでして
作るとなるとおそらくフルスクラッチに近くなるのではないでしょうか(爆)

●鉄火巻殿
>小林源文のバッファローの劇画

MG誌か何かに掲載→単行本化されたんではなかったでしたっけ?
たしかカタヤイネンの話だったような記憶が・・・。

あの当時はイソップといってイタリア・ソビエト・フィンランドの機体をやたら載せていましたね。

>完成が楽しみです(*´・д・)(・д・`*)ネー

ちょっと合わせ目修正などが難儀そうなので
前回の「彗星」なみに時間がとられそうです(汗)

●hagu殿
いわれてみれば胴体の強化フレームが仰られるように
ちょうど肘の位置ですね。

それにしても絵(グラフィック)のせいかもしれませんが
配線等のゴチャゴチャ感がないんですよ。
同じイタリア機のマッキ202のコックピットの実機写真を見ると
かなりゴチャゴチャ感があるんですけど。
まぁ、再現する分には無い方が楽です(爆)

過去にバッファローのフィンランド仕様の塗装を失敗しているのでリベンジです(笑)
以前に書きましたが塗装保護スプレーのつもりがサフの缶だったと言うやつです(笑)

●ハヤテ殿
久々のコックピット弄りです。
いままで1/700を弄っていたせいか部品がとても大きく感じます(笑)

エンジンも前後別々ではなく1枚の昔風のパーツなので
どこからか前後別べゆになっているパーツを調達して
立体感を出そうと思っています。

あ、艦船も中断したわけではなく1回1部品程度で進行しています(笑)

シミソ様お気に入りの勇猛果敢「スオミ」空軍機、

遂に登場ですね(笑)

今となりましたら「バッファロー」の劇画、もっと真剣に読んでおけばよかったと後悔しきりであります。

また「ます寿し」食べながらスオミ空軍の秘蔵ビデオ観たいですね(笑)

おっと、今度は江戸土産にアサリの佃煮でも…こいつは酒が進んで困りますね(爆)

コクピットの工作と、どういう塗装にされるのか楽しみですね~(笑)


●ラッキーユダヤ殿
憶えておいででしたか!私のフィンランド機好き(笑)

バッファローの劇画は当時繰り返して読んでいるので
まだ少し記憶に残っていますが詳細となるとさすがに忘れています(汗)

>また「ます寿し」食べながらスオミ空軍の秘蔵ビデオ観たいですね(笑)

またマスの寿しとビデオ持っていきます。
そういえば「大空のサムライ」も途中でしたね。

次回は燃料補給に専念しましょう(爆)

SMERのG55!!
旧アルティプラスト!
持ってました。
捨てました。涙
1972年ぐらいの航空ファンの別冊で各社キットレビューをまとめたものを持っていたのですが、その記事の時点で“なにせ古いキットだから”などと、すでに書かれていた超古参兵ですね。
キャノピー前のラインがなぜか下がり気味という滅茶苦茶なスタイル。
前後が短すぎるキャノピー。
文句言い出したらキリないですね。
それでもスクラッチの元程度に利用して立派な作品に仕上げていたライターがいたのには驚きました。
数年前、デカール替えで再版されてたりなんかもしてましたね。
ちなみに現在、レジン製、簡イ製で2機持ってます。

今回も資料とかでしっかり根拠のある作りこみなんですね★
私はしばらく空想の世界でいきます(笑)日本海軍の空対空ミサイルってあればいいな~とか・・・・

G50ってのは97戦を少し進化させたような機体ですね。
迷彩塗装がタダの迷彩では簡単そうなので、なにかシミソ流嗜好を凝らした塗装を見せてくだされ。

朴李ます(爆)

●しまちゃん殿
1972年以前のキットでしたか!
そこまで古いとは思いもよりませんでした(驚)

機体ラインをチェックする前に
機体下面のエアインテイクがたんなる台形の箱というのを見ただけで
即積みでした(笑)

>それでもスクラッチの元程度に利用して立派な作品に仕上げていたライターがいたのには驚きました。

記事中の雑誌の作例でこのキットを完璧に作られておられたのがそうだと思いますが
この作品は驚嘆に値しますね。

>レジン製、簡イ製で2機持ってます。

ひえ~、恐るべき在庫ですね。
1/48ですか?

●SAIUN殿
最初は素組みでいこうと思ったんですけど
塗装図を探していたら思わぬ伏兵が・・・(笑)

>日本海軍の空対空ミサイルってあればいいな~とか・・・・

なんとか対空噴進弾とかいうの無かったでしょうか?
空対地誘導弾だったかもしれません。

あ!夕弾ってありましたが・・あれは対空爆弾・・かな?

●⊥TT殿
>G50ってのは97戦を少し進化させたような機体ですね。

同時代でしたっけ?
97戦と同系列といえばフォッカーD21とすると少しあとになるんでしょうか?

>迷彩塗装がタダの迷彩では簡単そうなので、なにかシミソ流嗜好を凝らした塗装を見せてくだされ。

え”!!迷彩の退色表現を朴ろうと思っていましたのに(笑)
しかも迷彩のうちの一色が黒なんで難しそうであります(汗)

あれまー、ブラックグリーン系の色かと思ったら、黒ですか、こりは結構難しいかもしれません。
現物黒に対してベタ黒塗装が一番シパーイ汁パターンで、よくあるのがドイツ戦車兵の例のユニフォーム(汗)
わしは知らなかったことにしとこ(爆)

●⊥TT殿
黒はきびしいですよね~。

まぁ、まともに黒は塗りませんが
どう変化させるか・・・。

機体塗装はまだ先になりそうなので
ゆるゆる考えます。

と言いながらいつも直前まで考えず
いざ塗装という段階で慌てふためくパターン多し(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52253/8010229

この記事へのトラックバック一覧です: 1/48 FIAT G50 ①:

« パイロットハンター ヴィネット | トップページ | 1/48 FIAT G50 ②コックピット »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ