フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の12件の記事

2007年6月30日 (土)

長野オフ会宿題

6月15・16日の長野オフ会「ビンゴ獲得キットのうち1つを6月中に仕上げる」という宿がありました。

「宵月」「メーベルワーゲン」「YAK-3」をお休みして、

急遽「蕎麦屋」を弄り始めましたが部品も単純なので2日もあれば楽勝だと思いきや、古いキットゆえとんでもキットでした(笑)

001002003 .

.

.

1、 部品の組み立て後も見えるところにNo.がついているわ、モールドにべったり押し出しピン跡があるは、バリがあるわ。

2、シールは黴と変色で使えないわ、 ボンドは乾燥して固まっているわ、ピンセットは錆びているわ、製造が1973年10月だと驚かされるわ(笑)

3、オヤジの背中には大砲で撃たれたような穴があるわ、わけのわからん着物のような物を着ているわ、丁髷がモールドしてあるわ、イヌは無表情でお座りしているわ、しかも鼠のような体だわ(笑)

いや~、楽しいキットだなぁ~(爆)

・柳の木

007008009010    .

.

.

本物の木の枝を用いれば良いんですが、あくまでキットの部品を使うということで・・・。

1、プラだと質感が出ないのでパテを薄め液で溶いたものをワザとボソボソになるように擦り付け。

2、茶色系(今回はダークアース)を塗装。

3、エナメル茶+黒でウォッシング。

4、ライトサンドでドライブラシ後に枝に木工ボンドをつけ付属の葉?をまぶす。(緑過ぎる)

・親爺

004005006 .

.

.

1、パーティングラインを消す(基本)

2、いつものように潰れたモールドを掘り込む。

3、腕がまったく合わないので強引に貼り付け、隙間をパテ埋め。

ここまででタイムアップ? 

2007年6月29日 (金)

1/700WL 駆逐艦「宵月」 ③儀装

火曜日夜から風邪ではないんですが頭がくらくらして早寝しておりました。

今日は少し調子が戻ったので「宵月」再開。

(細かい作業せずもう少し健全な生活を続ければいいのですが・・笑)

11_312_2 1、船体にプラ板で単装機銃用?の防弾鋼板とエッチングの手すりを取り付け。

.

13_314_2 2、艦橋・煙突。なるべくプラでデティールアップ。

艦橋後部の信号所は形状が「冬月級」のものではなく「秋月級」のものなので後日修正予定

2007年6月26日 (火)

手当たり次第?

6月に入ってからあれやこれやと手をつけて収集がつかなくなっております(汗)

1000001_img・ 塗料ビンに立てかけてあるのはビンゴキット「蕎麦屋」の柳の木

・左手前はエデュアルドの「YAK-3」の主翼

・回転皿に乗っているのはタミヤ35の「メーベルワーゲン」とアオシマの「宵月」

どれもこれも中途半端な状態です。しかもジャンルは全て違うという・・・・。

ビンゴキットは6月中に作らなければならないのですが気が向いたものから完成させていきます。

2007年6月24日 (日)

1/700WL 駆逐艦「宵月」 ②船体

船体製作

土曜日夜と日曜日午前と船体を弄っていました。

・船体

1、艦首・艦尾部のリノリウムおよび舷外電路を伸ばしランナーで再現。

2、舷窓を「宵月」用に0.5mmピンバイスで開口。

・艦尾

05_4 3、爆雷投下軌条を伸ばしランナーで、張り出しをプラ板で再現。

4、スクリューガードを伸ばしランナー再現。

5、艦尾ハッチをプラ板で再現。

6、通風塔を伸ばしランナーの太さを変えたもので再現。

・後部甲板室

06_507_3 7、甲板室後部の荒天通風塔を再現。

8、ハッチのエッチングパーツを貼り付け。

9、甲板室機銃台に後部機械室排気孔をプラ板で再現。

10測距儀台をプラー棒で再現し、窓を0.5mmで開口。

・第2砲塔基部

082 11、後部のハッチと通風孔をプラ板で再現。

12、アンテナ支柱を0.3mm金属線で追加。

.

・船首

09_310_2 13、波切り板後部に通風塔を太細伸ばしランナーで再現。

14、アンカーレセスは後ろ過ぎるのでパテ埋め。(後日彫りなおし予定)

15、船首楼甲板舷側角の水はけ用角型面取りをカッターでカンナがけしてあります。

※後は武装関係以外では錨、リール類の取り付けと手すり、防弾板ボートダビットの取り付けが残っています。

でも、最近の風潮である艦船模型界のコテコテ・デティールアップ記事を批判している割にはこんなことやっているんだものな~(笑)

2007年6月22日 (金)

1/700WL 駆逐艦「宵月」 ①起工

ここ数日、作る気はあるものの手が動かないという状況が続いています。

その打開策として久々の艦船模型をいじってみようかなぁと。

ただ取っ掛かりが上記の理由なので完成させることが出来るかどうかわかりません

お題は日本海軍駆逐艦「宵月」(1/700WL アオシマ)

秋月型直衛防空駆逐艦10番艦(IJN DESTOROYER YOIZUKI)

何故ネームシップの「秋月」でも大和直衛の「冬月・涼月」でもないかと言いますと特に理由はありません。(笑)

00 ・いつものようにキットと資料を用意します。

とくに学研本は凄く参考になりますね。

.

01_402_603_4 .

.

.

・船底は正規部品は喫水が高くなるのが好きではないので使わず0.5mm(今回は0.3mmは在庫切れ)プラ板を張り付けて削りだし・ヤスリがけ。

・「秋月型」の艦尾は傾斜しているタイプなので艦尾をヤスリで削っています。(色々探すとパテを盛り足して修正している作例がほとんどですが、パテ乾燥時間を待っていると手が止まりそうなので手っ取り早く。) 

・魚雷運搬軌条は初期型の「秋月」タイプになっているので削り取り、後期タイプに伸ばしランナーで付け替えました。

※他、甲板上の機材等はある程度(全部ではない)交換するつもりなのでモールドを削り落としてあります。これからゴチャゴチャ付けていきます。

04_3 ・船体に飽きたので(笑)艦橋と煙突を弄りました。

・艦橋基部をプラ板で1mm後方に延長し、台形になっているので長方形になるようにヤスリがけ。

・煙突も幅が細い感じなので0.5mmプラ板をはさみ増幅。

・極細伸ばしランナーで煙突にステー追加。(後ほど艦橋にもつける予定。窓は「宵月」用に一部パテ埋め修正)

とりあえず基本形はこんなものかなぁ?あとは船体同様、ゴチャゴチャ手を加える予定。

※窓枠を今流行のエッチングにしようと思いましたが止めました

さてさて、どこまで出来るやら。・・・と言うか、いつまで続くやら(笑)

秋月型駆逐艦

駆逐艦秋月

2007年6月17日 (日)

模型合宿(オフ会)

6月16・17日に1泊2日にて長野県某所にてオヤジ(笑)模型オフ会がありました。

長年Web上では知っていた方々ばかりだったんですが

始めて会ったとは思えないほど最初から和気藹々。

フィギュア模型強制作成にはじまり(爆)

ぬら殿手料理堪能、楽しい地獄のビンゴキット大会

さらにフィギュア模型作成やビデオ鑑賞、与太話と

大変楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました。

写真は少ないので詳細は「鉄火巻さんのブログ」で掲載されると思います。

最後に皆様にお会いできて大変良かったです。ありがとうございました。

1000003_img ・フィギュア工作机の写真(ただいま全員ぬらさんの手料理に舌鼓)

.1000010_img.

・今回の超大作?ぬらさんの迫撃砲兵

(普通数時間で完成できるか~!!?)

.

1000012_img ・皆様の作品。

.

.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビンゴ獲得キット

105b29_1 206_4 307sdkfz25011_1

.

.

408sdkfz2511c 509_2

.

.

.

1、恐怖の1/48 B-29(強引に割り振りされてしまった・・・・)でかいのキライ(苦手)な私にどうしろと・・・(笑)

2、結構(かなり?)こういうの好きです(笑)

3、4、1/35 ハーフトラックも好みのジャンル。

5、⊥TT殿よりビンゴとは関係なく頂いた潜水艦キット。(感謝)

(6、1/35 米軍カーゴトラックもあるんですがシャーシ部品他Bパーツ数点がなくなっておりました。)

2007年6月12日 (火)

Ⅳ号戦車祭り

「Ⅳ号戦車祭り」用キット決定しました。

Photo_20 タミヤ1/35 「メーベルワーゲン」。ヴィルベルビントでも良かったんですが、ツイメリットが面倒なのでコチラに決定(笑)開封済みです

.

Yak3 合間にクソ連機もやってみます。メーベルワーゲンに落とされる機体ということでお許しを(爆)

おまけ「ヴィルベルビント」の射撃シーンです。

「wirbelwind.mpeg」

クリックするとメディアプレイヤーで再生が始まります。

2007年6月 6日 (水)

1/48 彗星12型 完成

ファインモールド1/48 「彗星12型」完成しました。

12011202120312041205120612071208120912101211          

.

ベースは100円ショップの回転皿にグラスシートを張り付けただけの手抜きです(汗)

今回のファインモールド1/48「彗星」初期ロットの脚柱や照準器等メタル部品のものでブレーキパイプや照準器カバー用コードなど全てモールドしてあり、弄るところがほとんどありませんでした。

強いて上げれば、コックピット内部のパイピング、ピトー管の金属化、胴体側脚カバーのアーム付けたしくらいです。

もっとも機体工作が難儀でしたけど(笑)

※上段右の写真を見ると機体の左側のスペースに何か欲しいですね。(ドラム缶は当たり前すぎてつまらないし・・・。)

機体塗装の解説は前回記事の「1/48 彗星12型 ⑬もう少しだ」に書いてあります。

1/48 彗星12型 ⑬もう少しだ

フィギュアの塗装をしていましたが完成しなかったので「彗星」機体の完成写真をちょっとだけ公開(笑)

まだアンテナ線も付けていません。ちょっと左翼先端の退色加減を付けすぎですね。あとで拭き取ります。

01_322_1D4y3s .

.

腕が悪いのでどうも緑系の色は蛍光灯下だと上手く撮影できませんね。(本来の色が出ません。)

今回は右の写真の機体を再現してみました(機番デカールもあったことだし。笑)

以下写真から自己分析したものです。(思い込みも多々あります。)

●653空は母艦航空隊(「千歳」「千代田」「瑞鳳」(「瑞鶴」)搭載)●

1、スピナーは胴体と白黒濃度が微妙に違うので茶褐色とする。

2、見方識別帯は脚カバーにかからない後期仕様の細いもの。

3、主翼下面の日の丸は多くの彗星に見られる白縁つき。

4、胴体日の丸は赤丸のみではなく白縁を塗りつぶしたように見える。

5、主脚柱は黒色。

6、脚カバーの過重指示線は赤1色にも見えるが3色でも細すぎて1色に見えると判断。

7、垂直尾翼はキットの指示では背の高いほうのパーツ指定だが、写真から背の低いほうと判断。

8、水平尾翼の偏流測定線は記入してあるように見える。(ちょっとあやしい)

9、母艦機なので着艦フックあり(写真にも写っている)。

10、あまり剥げは無いように見える。

こんなところでしょうか。

※ただし脚カバー内側は無塗装もしくは機体下面色と思われる。(今回は機体内部色にしてしまいましたが・・)車輪ホイール(銀色)から判断すると機体下面色が濃厚。

2007年6月 5日 (火)

1/48 彗星12型 ⑫汚し

実際は既に完成しているんですが順番として汚し工程をUP。

4243 .

.

薄めたエナメルブラックブラウンをモールドに沿って流し込み、乾燥後に一定方向にエナメル溶剤を含ませた綿棒で拭き取り。(皆さんやっておられる方法と同じです。)

4445 .

.

今回はいつもの方法ではなく、ちょっと遊んでみました。

タミヤのウエザリング マスターAを使用してAFV製作時のように汚してみます。途中写真ですがクローズアップ。いい感じになってきました。

4647 .

.

上面は(写真では上面は真っ黒ですね~。撮影時の光量ミス) 下面と同じようにウエザリングマスターAを使っていますが、保護スプレーを吹いたら少し残っている程度になりました。(最終的にはもう一度ウエザリングをやります。)

エナメル・フラットアルミでチョコチョコと剥げチョロを書き込んでいきます。(実際に剥げそうなところ、ex:空気抵抗が強いところ・よく取り外すパネルの縁・乗り降りしたり触るところetc.を考慮して。・・・・&デフォルメ(笑))

雑誌作例の機体塗料の剥げ表現によく使われているクロームシルバーやシルバー輝きすぎると言うか不自然に見えません?(実際の写真だと模型に施してあるくらいの輝くシルバーの剥げだと、小さなものでももっと鮮明に写るはず・・・だと思いますが。間違えた考え方?)

完成機写真は簡易ベースとパイロットと一緒に載せられるといいなぁと思っております。

2007年6月 3日 (日)

1/48 彗星12型 ⑪上面塗装

「彗星」の上面塗装。

・上面塗装

33_334352 .

.

混色せずビン生の色のままどこまで好みの色を出せるか挑戦(混色が面倒なだけじゃん。笑)

1、クレオスNo.15濃緑色(中島系)で基本塗装。

2、No.16暗緑色で濃淡をつける。

3、今回は綺麗にパネルラインを残すようにではなく、パネルラインを残しつつワザとムラムラが出るように吹いてみました。(蛍光灯だと上手く写りませんねぇ)

・吹きこぼれ

363738 .

.

1、マスキングの間から塗料がにじみ出てしまいました。

2、リカバリーの塗料を上塗りする前に「ちょっと待った!」  エナメル薄め液と綿棒を用意。

3、力を入れる限度はありますが、ある程度ゴシゴシ拭き取っても大丈夫です。綺麗に拭き取れました。(旧トピ第1回飛燕祭り(2002.11)のメロメロ迷彩修正法でY掲示板に書いているかも・・。)

おっと、凄い時間になってしまった。ブログ訪問は寝て起きてからにします~。

●6月3日夜、追加工程

・基本塗装1

394041 .

.

1、機体内部色はクレオスのNo.57青竹色はどぎつく感じるので、No.77メタリックグリーンNo.11シルバーを混色しどぎつい青を抑えたもので塗装してみました。 

2、予定塗装機の胴体二の丸は白縁無しではなく白縁を塗りつぶしてあるように見えるのでそのように塗装。(彗星後期機の胴体日の丸は塗りつぶしではなく最初から白縁なしのように見えるものが多くあります。)

3、基本塗装が終わったのでこれから汚しに入ります。

2007年6月 1日 (金)

1/72 88mm対空砲FLAK36 ⑥

  昨日~今日未明にかけて夜の市場調査に出かけていたので「彗星」は弄っておりません。6月3日(日曜)までには何とかするつもりですが・・・つもりだけ?(笑)

記事繋ぎ用に1/72ハセガワ88mm砲をUPしておきます20_88mmflak3619_88mmflak36_2 21_88mmflak36_123_88mmflak3624_88mmflak3622_88mmflak36

26_88mmflak3630_88mmflak3631_88mmflak36

34_88mmflak3628_88mmflak36_127_88mmflak3629_88mmflak3632_88mmflak3633_88mmflak36_1

   

  .

これはこのまま塗装しないで完成でもいいかな?(笑)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ