フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

WEBコンぺ・祭り リンク

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 1/72 88mm対空砲FLAK36 ⑤工作ほぼ終了 | トップページ | 1/48 彗星12型 ① »

2007年5月 6日 (日)

青葉城恋歌

GW後半は家族と宮城県に行ってまいりました。(家族サービス。笑)

・仙台訪問は20数年振りでしょうか。

20070503_14470001 お約束の青葉城の伊達政宗像です。

学生時代は仙台駅から歩いたものですが、さすがによる歳には勝てず公共機関利用(笑)

.

.

夕飯は仙台で「牛タン」といえば此処!

20070503_1621000120070503_16410002旨味太助 」です。

行列の出来る店で有名ですが、時間を考え行ったので約10分待ちで入れました。

麦飯・塩牛タン・テールスープの定食です。

オーストラリア牛とアメリカ牛がありましたがオーストラリアにいたしました。

え!?燃料は?・・・ですか?もちろん生ビールですよ(笑)

・2日目は松島海岸

20070504_1206_0001000120070504_14250001 こちらもお約束の「松島湾遊覧船」です。

湾内の島々を観るのもそうですがカモメに手渡しで餌をあげられるのが 売りでしょう。

仙台市内でもありますが「手焼きの笹かま」を食べるのはやはり観光地が風情がありますね。(自分で焼き体験できる店もあります。)

お昼に太平洋の海の幸と「味処 さんとり茶屋」の海鮮丼。(写真撮影忘れました。)

ここも有名店ですが10分待ちくらいだったでしょうか。(待ち時間に関してはどの店もラッキーなくらい少なかったです。)

20070505_10550001 ・3日間で色々と行っていますが最後の写真は元鉄チャンおやじと現役鉄チャン息子のための仙台空港線乗車(笑)

妻と娘は仙台市内でショッピング。

仙台(宮城県)は「笹かま」「牛タン」「ずんだもち」ばかりが目に付きました。(爆)

次回UPは「1/48彗星12型」ですね。

« 1/72 88mm対空砲FLAK36 ⑤工作ほぼ終了 | トップページ | 1/48 彗星12型 ① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

家族サービス旅行、いいですねー。

「たまに温泉でも行こう。」などと言っても、
子供達は「二人で行って来な。」と冷たくあしらいます(悲)

今更女房と行っても・・・・・(汗)


●ハヤテ殿
温泉はうちも却下されますた(笑)
観光+ショッピング(+グルメ?)でしょうか?
ショッピングなんてどこも同じだと思うんですけどねぇ。

うちもそろそろ家族揃ってというのは無くなるかもしれません。

ウチは、まだ小学生だから、家族旅行は当分できるぞ、と思うのは甘い考えでしょうか?
自動車を運転なさる程の大きな娘さんもご一緒に家族旅行ができるなんて、この時代、ホント珍しいですよ。
素敵なご家族ですね・・・こりゃ、お父さんの魅力だな?

シミソ殿
奥様といかなければ誰と行くのですかぁ
フフフフ~~

シミヤン殿
そろそろ捜索願を出そうかと思っていました。(笑)
仙台に出かけていたのですね。
旅のレポート、楽しく拝見させていただきました。
しかし、何故か食い物ネタに偏っているようで…(爆)
お互いメタホリック症候群には気をつけなければ…

記事のおかげで自宅に居ながらにして、
仙台の観光をさせていただいております!

松島湾ではカモメに手渡しで
餌をあげられるのですねっ(驚)

仙台はぜひいつか行って見たい所です。

うちでは泊りがけの旅行に妻をさそっても・・
なぜか聞こえないふりをされますっ(涙;)

仙台って一度も行ったことない場所ですが、食べ物も美味しそうで良さそうな所ですね~

娘が僕を嫌う前に家族で行きたいものです(笑)

●笛吹殿
父娘だけだとまず無理だったでしょうねぇ(笑)
どこかに一緒に行けるのも子供が学生の間だけでしょうか。
それも友達と会う時間を避けてですね。
来年はいけるかどうか微妙です。

●ハタソ殿
私の場合はどこかへ旅行するのは1人が気楽でいいですよ。
学生時代から駅で行き先を決めてやっと周遊券を買ったくらい
適当な人間でしたから(笑)

寂しくなるのは宿で一人で食事する時くらいですが
宿でなく外で食事ならそうでもないですし
疲れているので直ぐ寝ますし・・・。

え?オネイちゃんですか?
ん~、面倒くさくて誘う気力もないですなぁ(爆)
最近は2~3時間飲んで楽しめればそれで可です。

●ぬら殿
何度か行っているせいもあるのでしょうが
仙台は観光地というより何と言いましょうか
食べることしか楽しめないんですよ(笑)
起点にするにしても近くは松島くらいですし。
実際見るべきところもあまり無いです。

なのでネタが食べ物と・・・(笑)


●hagu殿
もし仙台に行かれるようなことがありましたら
滞在は1日だけにして他の地方を回られるのが宜しいかと。
近辺には観光地もありますが仙台を起点にすると
とても動きにくいです。

仙台市内半日(1泊)~松島1日、あとは他地区でしょうか。

●鉄火巻殿
食べ物に関しては「牛タン」は是非!
東北限定食品も多々ありますし(笑)

東京からだと日帰りも可では?
でもせっかくだから
到着日仙台市内観光と牛タン(美味いですよ)
2日目は松島観光がお勧めです。
時間があれば平泉や作並等もよろしいかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/72 88mm対空砲FLAK36 ⑤工作ほぼ終了 | トップページ | 1/48 彗星12型 ① »

デジタル時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ