« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の14件の記事

2007年2月28日 (水)

九九式軍偵察/襲撃機 ③

  • コックピット弄り病、フルスロットルです(笑)
  • (あまり進展はしていませんけど)

09_9 コックピット左右側面のモールドを全て削り落とし、ついでに開口部を薄々攻撃。鉛筆でフレーム、縦通材の位置を書き込み。(マジック不可

.

11_11フレームをプラ板、縦通材を伸ばしランナーで再現。(外側のモールドに準じています。モールドはほぼ正確です。)この後各種装備類を取り付けていきます。

10_7前座席はキットのものを掘り込んで、よりそれっぽく。後席は分厚い基部を薄くして開口部を開口。防弾板は1枚板ではなく貫通しているので修正。

.

※1、今回ブルムベアは弄っていません。

※2、自分のモチベUPのためアルバムに零式観測機の製作記を追加しました。(同じようにモチベ保てるでしょうか?笑)

| | コメント (13)

2007年2月25日 (日)

九九式軍偵察/襲撃機 ②

資料あさりサボでほとんど進展していません。

07_9小物部品の整形(パーティングライン消しや成型上台形のものを四角にする等)

・座席を作り直そうと思ったらこの形で正解のようです。

08_8 ・左右胴体に計器・配線等がモールドしてありますが、平面的すぎるのでプラ板や延ばしランナーで立体的に修正する予定。

| | コメント (6)

Sd.Kfz166 ブルムベア ⑤

ダークイエローで基本塗装

少し黄色が強すぎたかな?(サンディブラウンのほうが良かったか・・?)

16_717_4 ・転輪処理・塗装が車体製作と同じくらい時間がかかりました。

.

Ⅳ号系列はこれがなければなぁ(笑)

マフラーの錆?はよく雑誌の作例でレッドブラウン1色のみで施してあるのを見ますがオーバーぎみに表現してもこんな感じだと思うんですがねぇ。どうでしょう?

継続使用中の焼けた金属は赤い錆じゃなく黒っぽいと思うんですが・・ご意見お待ちしております。

この後、汚しやチッピングを入れていきますが迷彩を入れるかどうか思案中

※排気管の錆塗装表現法の補足

空機の焼けた金属の排気管を赤っぽい鉄色にはしてもレッドブラウン1色のような塗装はしません。陸物初心者のようなものなので間違った感覚かも?戦車と航空機の排気管の材質は違うかもしれませんが、それにしても雑誌のAFV模型の作例によく見られる排気管のレッドブラウン1色塗装(塗料が熱ではがれたように車体色も加えて再現してあるものもありますが)は違和感を感じます。

| | コメント (14)

2007年2月22日 (木)

九九式軍偵察/襲撃機 ①

ブログ移転1周年記念キット

00_1 九九式軍偵察/襲撃機に決定。

.

このキット、九九式軍偵察機襲撃機どちらかを選択して作るのですが両方の特徴が入り混じっているようです。

04_1805_16 ●主翼下面の偵察窓は襲撃機のものに近いようです。

左:襲撃機 右:軍偵機

.

06_13軍偵型に決めたので主翼下面床板部分の窓枠を広げて修正。胴体側面の明り取り窓も埋めずに開口(クリアー板を入れる予定)胴体の偵察用窓はシャッターが閉まっているものとしてそのまま。(ちなみに襲撃機型は両方ともありません。要埋め整形。)

●とりあえずエンジンから。01_2602_2403_22   

.

.

.

・銅線でパイピング。

・クレオスNo.11シルバーで塗装。

・タミヤXF-1エナメルブラックを薄めてスミイレ。

簡単でもらしく見えません?

| | コメント (18)

Sd.Kfz166 ブルムベア ④

ブルムベアのベース塗装

適当にクレオスNo.29 艦底色 を塗装。14_515_6

.

.

ベースはG.グレーにしようとも思ったんですが、艦船模型用の艦底色を大量に在庫しているので消費しないと・・(笑)

-------------------------------------------------

昨日は「連れて行ってくれ」とのお誘いがあり下記のところで沈没(爆)

20070221_2243_00010001 ちなみに写真の人物は私ではありません。連れです。

| | コメント (4)

2007年2月19日 (月)

B.A.C.LIGHTNING F Mk.6 完成

細かく見ればかなり粗がみられますが

サンダーバード1号・・・ちが~~~う!

タミヤ1/100 B.A.C.ライトニング完成しました。

このサイズなら苦手なジェットでも完成させることが出来ました。

機体下部中央の機銃孔を開けたくらいで、機体の省略箇所や形状のおかしな所、モールド等、一切いじらず基本工作のみです。

マーキングはまともに英国機にするはずもなく

王立サウジアラビア空軍機です。

17baclightning_f_mk618baclightning_f_mk619baclightning_f_mk620baclightning_f_mk621baclightning_f_mk622baclightning_f_mk623baclightning_f_mk624baclightning_f_mk6 .

.

.

う~む、1/100に嵌りそうです(笑)

さてブルムベアを再開しないと・・・。   

ブログ移転1周年記念製作キットも決めなければいけませんね。   

| | コメント (24)

2007年2月18日 (日)

B.A.C.LIGHTNING F Mk.6 ②

基本塗装

10baclightning_f_mk6 ●パテ修正したのとシルバー塗装にするためサフ1200を吹きました。

.

11baclightning_f_mk612baclightning_f_mk6 ●ブラックを吹き細切りマスキングテープでマスキング。

.

13baclightning_f_mk614baclightning_f_mk6 ●クレオスNo.11シルバーで全面塗装後、グロス缶クリアーを吹き塗装膜保護。別のシルバー塗装のためマスキング。(Mr.カラースーパーメタリックSM01,SM04)

15baclightning_f_mk616baclightning_f_mk6 ●キャノピー以外のマスキングテープを剥がします。この後デカールを貼り、デカール乾燥後にスミイレし再度クリアーを吹き、小物をつけて完成です。 (※実機はシルバー1色に近いです。この塗装は模型的お遊びです。)

______________________

明日2月19日はYAHOO ブログより移転して丁度1年

ヤフー時代を含め自分でもよく続けていると思いますが

ひとえにご訪問しコメントをくださる皆様のおかげです。感謝!

 

| | コメント (12)

2007年2月15日 (木)

B.A.C.LIGHTNING F Mk.6 ①

先週のPCリカバリーの合間に弄っていた(躍人殿のMig21に感化されました。)

タミヤ1/100 B.A.C.LIGHTNING F Mk.6 です。

01baclightning_f_mk602baclightning_f_mk603baclightning_f_mk604baclightning_f_mk6   

昔のように箱のまま素組でいこうと思っていたんですが

やっぱり弄ってしまいました。コックピット(笑)

どこかしら弄らずにはいられないようになってしまっています(汗)

左右胴体は古い割にはかなりの精度でピッタリと合います。

でも胴体下部の2箇所はいただけません。

合いません。スキマも大きいです。

パテ盛り修正しました。05baclightning_f_mk6 06baclightning_f_mk607baclightning_f_mk6 08baclightning_f_mk609baclightning_f_mk6

士の字まで出来ました。

.

.

 

| | コメント (14)

2007年2月13日 (火)

AE86 トレノ ③

おもいっきり凹み~!

ラインを読み間違えてサイドのブラックラインの位置ずれ幅太になってしまった~!!

ベースがホワイトなので修正も厳しいところ・・・。

042 モチベ急降下!!

.

.

ホワイトを塗装しなおすか思い切ってブラックボディにするか・・・

しばらく蜜柑山行き。

| | コメント (6)

2007年2月12日 (月)

Sd.Kfz166 ブルムベア ③

先週はパソコンのリカバリーに費やしました。(疲れた・・・)

リカバリー自体はきつくないんですがデータ保存がきつかったですね。

●で、キット弄りはほとんどできなかったのですが昨日少し弄りました。

05_1306_12 全体形

.

.

12_7 牽引用ホールド、牽引ロープ取付金具、予備覆帯ラック

プラ板ででっち上げ。(ホールドは1部真鍮線)

.

21_5 牽引ロープ取付金具、後部フェンダースプリング

(スプリングは少し太いけど金属スプリングに)

.

32 ペリスコープ、シュルツェン取付ステー

プラ板にて。(ペリスコープは透明と白のプラ板)

.

.

41 ハッチ取っ手、プラットホーム切欠き

取っ手は0.8mm真鍮線、切欠きは削っただけ。

.

.

61 左側アンテナ基部装着用ボルトを伸ばしランナーで追加。

.

.

72 増加装甲とボルト

0.5mmプラ板を増加装甲とし、伸ばしランナーでボルト再現。

.

後で後部左側フェンダーに尾灯を付けます。

デティールアップならぬデッチアップはこのくらいにしておきます。

AFVの場合まだ初心者なので個人的には航空機よりも思い入れは少なく、ぱっと見で「お!弄ってある。」と思えるところしか弄らない。(笑) 資料も無いし・・。

-----------------------------------------------

AE86トレノは当時の内装の色を調査中。パーツの処理は終えているので後は塗装のみ

タミヤ1/100のB.A.C.ライトニングF Mk.6も弄っているんですがネタが多いので後日アップします。

| | コメント (14)

2007年2月 5日 (月)

Sd.Kfz166 ブルムベア ②

昨日はトレノを弄っていたので今日はブルムベア

車体上部ツィメリットを付けました。

03_2104_14 .

.

.

この後は車体上下を接着し、不足部分のツィメリットを追加。

パテ乾燥後にワイヤーブラシで荒らす予定。

かなりイメージと違いましたが初めてなのでこんなものでしょう。

換気していたのに部屋の中が臭い!(笑)

| | コメント (10)

AE86 トレノ ②

日曜日に天気が良かったので屋外にてサフかけ

ボディの基本塗装を済ませました。

03_18 ・最初レーシングホワイトで塗装したら「こんなに黄色っぽくなかった」ということでピュアホワイトを上塗り。

屋外で塗装したにもかかわらず細かな塵屑がけっこう付着。 Σ( ̄[] ̄;)!ガ~ン

| | コメント (4)

2007年2月 4日 (日)

Sd.Kfz166 ブルムベア ①

Sd.Kfz166 ブルムベア

こちらも手をつけました。車体の幅や高さがモーターライズ仕様のためおかしいらしいのですが、切った貼ったは面倒(出来ない)のでそのままです。

まず食わず嫌いのツィメリットを車体に付けてやらなければなりません。

01_2502_23 とりあえず車体下部からやってみました。萎えそうです(笑)

この後の製作過程のUP無いかも(;^_^A

| | コメント (15)

AE86 トレノ ①

「MY 1st CAR祭り」(勝手に祭りに昇格。笑)

AE86トレノ ボディにサフを吹きたいのですが雪の次は雷を伴う雨!屋外スプレーかけできません。

02_22

部品処理だけ終えました。

.

| | コメント (7)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »