« 飛燕 ⑦ | トップページ | 零戦52型丙(1/48) ① »

2006年12月 3日 (日)

飛燕 (完成)

とりあえず生中・・・じゃなく完成です。

三式戦闘機 飛燕Ⅰ型甲”飛行第68戦隊”

17__518__419__4 20__1 21__1 22__2 23_ Ki6188

.

.

.

弄ったところは細かなところばかり6ヶ所(あとはまったくの素組み)

・コックピット内を少しデッチアップ(配線を少々追加のみ)

・射爆照準器のガラスを透明プラ板に交換(2枚)

・ブレーキパイプ追加

・脚出確認棒追加

・主翼機銃孔に真鍮パイプ埋め込み 

・空気取入口にプラ板で仕切り追加

部隊マークと注意書きはデカール、あとは手書きです。

スミイレはかなり薄めで控えめにしました。(汚し・剥げは止め)

プロペラ・カウリングはどこで見聞きしたか忘れましたが、かなり濃い茶色と頭の片隅にあったのでクレオスカラー・マホガニーにしましたが真偽の程は?です。

|

« 飛燕 ⑦ | トップページ | 零戦52型丙(1/48) ① »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。

配備されたばかりの新品の機材の感じでしょうか、
とても綺麗な仕上がりですね。

下手を隠す為汚れた機体ばかり作っている私とは
えらい違いであります(汗)

次回は48零かな?

投稿: ハヤテ | 2006年12月 3日 (日) 20時22分

完成オメデトウございます。
シルバーと緑のコントラストが絶妙です。
ディティールupもイイ感じですね。

投稿: 躍人 | 2006年12月 3日 (日) 22時05分

●ハヤテ殿
ありがとうございます。
実は銀色機体の汚しが苦手なんです。

汚しを入れた後のスプレーかけもできず(クリアーなら可?)
汚した後のツヤの均一化というか落ち着かせることが課題です。

スミイレの薄さは単に薄めすぎただけというのが本当のところ(爆)

>次回は48零かな?

どうしましょうかね~。
日本機の候補でやる気度%は
タミヤ48の零戦52型丙が45%
FM48の彗星12型が40%
ハセガワ48の二式単戦が10%
1/72の機体(機種複数候補あり)が5%
というところでしょうか。

投稿: シミソ | 2006年12月 3日 (日) 22時14分

●躍人殿
ありがとうございます。
デティールアップ(どちらかというとデッチアップ)は
いかにも「ちょっといじってありますよ」って見えるようなところだけでしょうか(笑)
もう少し弄ってやればいいんでしょうけど
早く形にしたいのとDUの技術も無いのでほんの少しだけです。

銀塗装機の汚しをものにせねばが今後の課題です。

投稿: シミソ | 2006年12月 3日 (日) 22時22分

完成おめでとうございます。すごく完成度が高い作品だと思いますよ。シルバーもくすんでないですしね。オーバーコートされてません?光の反射具合が均一ですよね。私がやるとブラシでもムラムラを作ってしまうのでオーバーコートしないとアップに耐えられません(笑)

投稿: g_scotch | 2006年12月 3日 (日) 23時58分

完成乙かれ様でした。

師匠のところの展示会も大した手も入れずに恥を掻きに行ってきたようなもんでした(笑)

例年12/8は真珠湾参加機体を作っていたのですが、もう何年もそのおパターンなので今年はそのまま今の戦車で続けます(汗)

浮気は破綻、私の模型格言←実生活ではありませんぞ(爆)

投稿: ⊥TT | 2006年12月 4日 (月) 20時44分

シミヤン殿。
完成おめでとうございます。
いつものようにシミヤンティスト満載ですなぁ~。
早く実物がみたいものです。きっと二度美味しいのでしょうね。
ところで福井プラホビーコンテストですが、定例の3月から6月に延期になりました。
まだまだ時間的余裕がありますので、良い作品を見せてくださいね。

投稿: <ぬら> | 2006年12月 4日 (月) 22時13分

完成おめでとうございます!

こんなヒコーキが空を羽ばたいていた時代があったことを多くの日本人に知って欲しいと思います。
飛燕・・・名前に相応しい美しい機体ですよね。

感動をありがとうございます・・・。

投稿: 笛吹 | 2006年12月 4日 (月) 22時13分

完成おめでとうございます。いつもとても参考にさせていただいております。いつかこんな作風で作れたらって思います。まだまだ先が長い修行もこれまた楽し~です。

投稿: SAIUN | 2006年12月 4日 (月) 23時12分

●g_scotch殿
ありがとうございます。
オーバーコートは施しておりません。
シルバー塗装(クレオスNo.11シルバーそのまま)のコートで失敗例は星の数(笑)

1部デカール仕上げなのでコートしていないと経年変化が不安なんですが・・。

シルバー塗装時のコートはクリアーかなにかでされておられます?
または原色にクリアーを混入されているとか?

投稿: シミソ | 2006年12月 5日 (火) 00時58分

●⊥TT殿
ありがとうございます。
展示会も近ければ飛んでいくんですが・・・

10月はドイツ月間、11月は飛燕月間
なら12月は12/8月間ということで。

といっても次期予定作は1941からまったくズレていますが(笑)

>浮気は破綻、私の模型格言
うちも似たようなもんです、それも永久破綻が多いかも(爆)

投稿: シミソ | 2006年12月 5日 (火) 01時04分

●ぬら殿
ありがとうございます。

FPCは6月になったのですか。
6月は例年仕事関係は何も無かったと思いますが
今年度から仕事団体の福利厚生部役員になっているため
2年ごとの親睦会にあたると抜けられません・・。
(6月か10月が多いのですよ・・比較的他の行事がない月なので)
まぁ、60%は大丈夫だと思うのですが・・。

しかしお題が「夢」でしたよね。
全然イメージが思い浮かばないぞっと(笑)

投稿: シミソ | 2006年12月 5日 (火) 01時12分

●笛吹殿
ありがとうございます。

銀色の機体を作ったからではないですが
飛燕は迷彩も何も無い銀色1色の機体が1番綺麗だと思っております。
日の丸がついたものは全て零戦とは言わず(うちの家族)
飛燕という機体もあったと知って欲しいですね。
(欲を言えば飛燕だけじゃありませんけど。笑)

投稿: シミソ | 2006年12月 5日 (火) 01時18分

●SAIUN殿
ありがとうございます。
今回の迷彩もエアブラシに助けられた面が多々あります。

WEB上で皆様の作品をみてまた教えをいただいて
ここ2~3年でかなり自分の作風も変わってきたと思っています。
以前のものを見てみると塗料塗りっぱなし
スミイレ無し、汚し無し、全てデカールの素組みでした。

あとは小さな声で・・写真うつりでごまかし?(笑)

投稿: シミソ | 2006年12月 5日 (火) 01時35分

銀の機体に迷彩が良く合っています、インストをここまで完璧に再現するなんて まったくもってスバラシイ 私もこんな飛燕が作りたいなあ。完成おめでとうございます。

投稿: マック | 2006年12月 6日 (水) 00時02分

●マック殿
ありがとうございます。
私も貴ブログを覗きにいかせてはもらっているんですが
コメントも残さず申し訳ないです。

インストも実機写真と比べると微妙にちがっているので
気にしないと言いながらも心の中ではちょっとくやしい?(笑)

マック殿のあのホルニッセ/ナースホルンの迷彩技術をもってすれば
1~2機も作られればかなりの迷彩機が出来ると思いますよ、ほんと。

投稿: シミソ | 2006年12月 6日 (水) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛燕 (完成):

« 飛燕 ⑦ | トップページ | 零戦52型丙(1/48) ① »