« 飛燕 ④ | トップページ | 飛燕 ⑥ »

2006年11月26日 (日)

飛燕 ⑤

今日は夕方4時頃より時間が出来たので機体塗装しますた。

基本塗装

08__4

09_7

.

.

.

上面シルバー単一塗装、下面は1部パネルを少量の黒を混ぜたシルバーで塗装。

補助翼及び方向舵シルバー塗装の上からつや消し塗装。

ここを不自然な灰色に塗装するよりかなりいい感じです。

※1.光加減でどぎつく見えますが実際はもっと自然な感じです。

※2.主翼前縁の味方識別帯のマスキングが長すぎたので迷彩塗装時に修正してあります。

迷彩塗装

次に吹きつけメロメロ迷彩です。(最後の頃は手がつりそうになりました。)

11__112__110__2 .

.

.

迷彩川崎系・濃緑色0.2㎜エアブラシ空気圧を弱めてフリーハンドでチマチマ吹きつけ塗装。

※3.うちのエアブラシには空気圧調整器などという高価なものは付けておらず、水抜きを付けてあるのでそこのネジを緩めエアーを解放して圧を弱めています。

なるべくインスト通りに塗装してみました。(まったく同じではないですが・・。)

クリアー吹きつけなどで迷彩の縁の不自然さを消したいところですが、シルバー塗装のため出来ません。(スーパーメタリック使えばよかったか?)

●基本塗装の写真を見て思ったんですが

つや消しにした補助翼・方向舵が灰色に見えます。・・白黒写真だと完全に灰色になると思います。

こんな事から無塗装機でも補助翼・方向舵は灰色とされたんでしょうか?

それとも「補助翼・方向舵等の布貼り部分は灰色とする」なんて指定でもあったのかな?(同部分は「シルバードープにする」というのは聞いたことあるんですけどね。)

|

« 飛燕 ④ | トップページ | 飛燕 ⑥ »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

待ってました、それにしても流石です。

これって下書きも無しで直接ですか?
これでマスク取ったらすごくかっこ良くなりますね。

地面もう一度チャレンジしてみます(笑)

投稿: ハヤテ | 2006年11月27日 (月) 19時30分

マジで凄い…。
どっかのアバウトライダーとは大違いですね。(笑)
シルバーに墨を入れて緑との相性をよくしたり、つや消しでフラップの素材感を演出したり…。
しっかりとイメージが出来ていて、それをやりこなす腕前があってのこそですね。
しかも、緑の迷彩が圧巻ですね。
どうすればそんなことがミスもなく出来るのか不思議です。

やはり寒ブリの季節は、シミヤン殿の季節なんでしょうか?(爆)

投稿: <ぬら> | 2006年11月27日 (月) 20時29分

こんばんは
メロメロ迷彩が素晴らしいですね。
これは緑一色ですか?
濃い緑のフチに薄い黄緑みたいなのが見えますが、たんなるボカシ?

投稿: 躍人 | 2006年11月27日 (月) 22時41分

迷彩塗装すばらしいですね。うちのブラシは細吹きすら出来ません(笑)。ところで「傑作機」の解説ではフラップを除く羽布張りの各動翼は灰緑色に塗った、とあります。この解説が正しいなら布張り部分は少なくともシルバーではないということになります。写真をみてこの点に気づかれるとはサスガですね。

投稿: g_scotch | 2006年11月27日 (月) 22時42分

アバウトライダーです(笑)

最近は飛行機ネタまで変なおさーんにチェックを入れられる体たらくです(汗)

銀地に緑はぼかしのフチが永遠の課題ですね、考えているだけで何もしませんが(笑)

ま、今は戦車作っているから関係ないニダ(爆)

投稿: ⊥TT | 2006年11月28日 (火) 11時33分

⊥のおさ~ん。

>最近は飛行機ネタまで変なおさーんにチェックを入れられる体たらくです…

前回の飛燕で突っ込まねば、次回は何時突っ込めるかわからないからな…(笑)

オイラは、俊作零戦以来、飛行機と言う物が作れなくなった…。(爆)

しかも、対策として飛行機雑誌を読み漁っているので、目だけは肥えてきたぞ~。(爆爆)

そうそう、次回のスケビは1/48日本兵のフィギュア付きじゃ~。

投稿: <ぬら> | 2006年11月28日 (火) 17時29分

そうそう、アバウトライダーのおさ~ん。
このシミヤン殿の迷彩だが、どう転んでもオイラには実現不可能。
実物を間近で見る機会があったが、まさにモンスターだな…。
まぁ、オイラ達はパッションを大事にして行こうではないか。(笑)

投稿: <ぬら> | 2006年11月28日 (火) 20時43分

いやはや、ホント凄いですね~。

インスト通りに迷彩したこともない(まして、しようとも思わない)僕には凄いとしか言えません(笑)


PS
お礼の品物、今週中に発射します( ・Θ・)ゞ

投稿: 鉄火巻 | 2006年11月29日 (水) 12時38分

●ハヤテ殿
左側面の中央部だけ幅が狭いので薄く鉛筆でガイド線を引きました。
あとはフリーハンドです。

逆にガイド線を引くと線に合わせないとという強迫観念?にせまられて
やりにくいかもしれません。

マスキングは早く取りたいのですがグッとガマン汁(笑)

投稿: シミソ | 2006年11月29日 (水) 20時51分

●ぬら殿
最初の大まかな縁取りは極弱圧で絞りこんで吹き付けていきます。
もちろんノズル先端は詰まって塗料が出にくくなってきますので
綿棒片手に拭き拭きを繰り返しながらの作業となります。
塗料も薄めですが配分は???
濃いと思ったら直接カップに薄め液を投入しますので正確にはまったくわかりません(笑)

投稿: シミソ | 2006年11月29日 (水) 20時55分

●躍人殿
黄緑にみえるところは
おそらくボカシ部分がベースの銀の影響でそう見えるのだと思います。
しいて言えばボカシ加減がスケールに対して大きいのだと思いますが
これ以上の絞りはちょっときついかも?

このボカシをある程度けす方法もあるんですが
銀ベースだと難しいです。

投稿: シミソ | 2006年11月29日 (水) 20時59分

●g_scotch殿
>フラップを除く羽布張りの各動翼は灰緑色に塗った、とあります。
この記述なんですが機体を緑灰色にするならともかく
無塗装(銀色)の機体の補助翼をわざわざ緑灰色に塗るか?という疑問をもっておりました。

飛燕の場合ですが「緑灰色」機もあったかもしれませんが
「シルバードープ」機も存在すると言う結論になりました。

職業柄飛行機ではないですがほぼ毎日白黒写真は眺めています(笑)

投稿: シミソ | 2006年11月29日 (水) 21時03分

●⊥TT殿
>銀地に緑はぼかしのフチが永遠の課題ですね
銀下地ではきびしいですね。
類似色なら何とか誤魔化せるんですが・・・
あ、その前に類似色ならボカシの縁自体が気にするほど目立ちませんね(笑)

あれ、買ってきましたよ。
スマートキットの豹G。
店頭在庫に近いと聞いての焦り購入(爆)

投稿: シミソ | 2006年11月29日 (水) 21時07分

●鉄火巻殿
悪く言えばインストのパクリです(笑)
実際この機体の主翼上面なんて写真じゃよく見えません。
胴体とのバランスを考えるとパクリがええかな~と思いまして。

>お礼の品物、今週中に発射します( ・Θ・)ゞ
うひゃ~、気になされずに~。
もしなんでしたら1個で宜しいかと・・・・。

投稿: シミソ | 2006年11月29日 (水) 21時11分

シミヤン殿。
細かいご伝授有難うございます。
頭ではわかっているのですが、やってみると手はぶれるし、イメージがつかめないし、斑になるし、均一に揃えられないし…。
実際に無理です。
これが可能なのは、サイボーグ戦士ではないでしょうか?

ブリを食べてサイボーグになろう!イキイキ富山!

投稿: <ぬら> | 2006年11月29日 (水) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛燕 ④ | トップページ | 飛燕 ⑥ »