« 飛燕 ① | トップページ | 飛燕 ③ »

2006年11月17日 (金)

飛燕 ②

コックピット

まだコックピット塗装のみでほとんど進展していません。

01_20 ・ほんの気持ちデティールアップ。

胴体右側酸素調整器蛇管左側スロットル・コード追加。

気になる方は床のレバー類を一旦切り取って伸ばしランナー等に交換するといいでしょう。

02_18基本ベースは取説に沿ってサンディ・ブラウンで塗装。その他は説明不足なので調べて塗装。(手間がかかるな~!ハセガワさん)

.

03_15エナメルダークブラウンスミイレをし乾燥後にタミヤ・ウエザリングセット(バフで軽くドライブラシ。(よく写っていませんが背もたれも)

写真でも基本塗装のみとの違いが分かります?簡単でお手軽方法なのでお勧めですよ。

メーターパネルデカールで手抜き、デカール乾燥後の少修正にとどめます。

|

« 飛燕 ① | トップページ | 飛燕 ③ »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

コクピットの塗装だけで圧倒されます(笑)

仕事が忙しくここ2日手付かずであります。
それでなくても遅いのに、追い越されそうです(汗)

増槽タンクですが、レイテ島の部隊という事で、
グレー系でいこうかと思い始めました。

多分使い捨てという事で(笑)

投稿: ハヤテ | 2006年11月18日 (土) 00時28分

●ハヤテ殿
いや、この汚しはホントにお手軽なんですよ。

薄めたエナメル塗料を塗って
(あ!スミイレじゃなくウォッシングかな?)
乾燥綿棒で凹部分を拭き取るようにするだけです。

薄ければ再度薄エナメルを塗ればエエですし
濃ければ薄め液をふくませた綿棒で拭き取る。

簡単でしょ?
あとは乾燥後にタミヤのセットを筆につけ軽く往復させれば
ハイお終いです。

投稿: シミソ | 2006年11月18日 (土) 00時53分

昨日は寝てしまいますた(汗)

飛燕ですね、わしはすでに遠い思い出になっています(笑)
シミソ殿の箱絵の飛燕はハセお得意のデカール替え仕様ですか?模型屋にはなかったですな、密かに同じの買ってきて箱絵仕様を作ってやろうと思っていたんですが(笑)

ま、しばらくは虎と戯れています(爆)

投稿: ⊥TT | 2006年11月18日 (土) 09時31分

コクピットはなかなか上手く作れませんわ・・
明日は少し頑張ってみます☆☆

投稿: SAIUN | 2006年11月18日 (土) 20時19分

●⊥TT殿
>シミソ殿の箱絵の飛燕はハセお得意のデカール替え仕様ですか?
たまたま目に付いて気にせず買ったのですが
調べてみると仰るとおり「デカール替え」のようですね。

http://www.hasegawa-model.co.jp/J-index.htm

デカール替えは買うまいと思っていたのですが
買っちまったものはしょうがありません(笑)
元キットは「244戦隊」のものなんでしょうか?

しばらくは虎ですか。
飛燕が終わったら四角いの・・日本戦車でも弄ろうかな。
マジリ殿に怒られるかも(笑)

投稿: シミソ | 2006年11月18日 (土) 22時29分

●SAIUN殿
インスト通りに組み立てて
スミイレ・汚しを施すと掲示した写真のように
上手くなったように見えますよ。
だまされたと思って一度やってみてください。

あ、エナメルはつや消しを使ってください。
だいたいブラウン+ブラックでOKです。
最初から「??」でしたら極薄めでどうでしょう。

投稿: シミソ | 2006年11月18日 (土) 22時32分

コックピットは少し手を加えるだけでグッと引き締まりますね。それにしても細かい塗装に感服します。ところで飛燕のコックピット内はサンディ・ブラウンなんですね。飛燕のことはほとんど知らないのでまずは資料集めてお勉強からです(笑)。

投稿: g_scotch | 2006年11月18日 (土) 22時42分

●g_scotch殿
川崎製戦闘機のコックピットはブラウン系のようですね。
少なくとも「飛燕・五式戦闘機」はそうだったみたいです。

ただ自分としてはサンディ・ブラウンよりももう少し暗いイメージがあります。

もっともスミイレによってサンディ・ブラウンの色よりも
かなりくすんだ色合いにはなりましたが・・・。

イメージ的にはもう少し茶色が強いんですが(スミイレ後よりも)
模型的にみると丁度いいかもしれません
(と、自分で納得させてしまう・・笑)

投稿: シミソ | 2006年11月18日 (土) 23時26分

こんばんは
他の方もコメントされてますが、サンディブラウンとはちょっと驚きでした。
実は川崎系の機体は個人的にそそられないので、作ったことがないんですよ、罰当たりなことに。
いっぺん作らんとイカンなぁ(笑

投稿: 躍人 | 2006年11月19日 (日) 00時31分

●躍人殿
飛燕(川崎製戦闘機)だけが何故機内色が黄茶色になっているのかは
過去に調べた事があるはずですが・・忘れました(笑)

川崎もWWⅡで唯一 陸軍の実用液冷機を量産していましたから
一度作って見られればいいですよ。
液冷がなんでしたら五式戦もあります。

なんだか作ってもらおうとしているみたい(爆)・・作りましょう

投稿: シミソ | 2006年11月19日 (日) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛燕 ① | トップページ | 飛燕 ③ »