« 飛燕 ② | トップページ | ノーズアート »

2006年11月19日 (日)

飛燕 ③

接着線を消し主翼取り付け。04_12

・機首上部のパネル取り付け時に機体パーツの肉厚が薄く変形していて段差が出来たので、ランナーを現物合わせで組み込み幅を広げて調整。

05_10 ・照準器はまだ取り付けていません。計器板はデカールで手抜き。

1部に赤を入れつや消しをコート。計器にクリアーを垂らしてそれらしく。                              (写真ではやったように見えませんね。T_T)

小部品のパーティングラインは処理済。

|

« 飛燕 ② | トップページ | ノーズアート »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

着実に進めておられますね。

ここまで来ると塗装の方に興味が移ります(笑)

箱絵の68戦隊、竹内大尉機でいかれるのでしょうか?

投稿: ハヤテ | 2006年11月19日 (日) 22時35分

●ハヤテ殿
コメントはやっ!(笑)
今日も1日中時間はあったんですが
昼間っからいくら寝ても眠く、寝たり起きたりビデオを観たり
ダラダラと過ごしてしまいました。

塗装は仰るとおり箱絵のまんま68戦隊でいきます。
ただ胴体の赤縁つき白帯をどうしようか悩んでおります。
実機の赤縁が綺麗なラインではなくハミ出しまくりなんですね(笑)

それにしても脚カバーが分厚い! けどそのまんま(爆)

投稿: シミソ | 2006年11月19日 (日) 22時46分

こんばんは
計器板いい感じではないですか。
ホントの手抜きというのは、どうせ見えないからとデカールさえ貼らないレベルのことです(私はときどきやります:笑)

投稿: 躍人 | 2006年11月20日 (月) 00時09分

あの箱絵仕様で行くですか、ええなあ(笑)

先にシミソ殿の完成機を見てからわしも作って上手く行ったら公開、しぱーいしたら闇に葬る、この作戦だな(汗)

しかしこの作戦はどこかで見た覚えがあるぞ、どこだったっけか・・・ああ!πのおさー(以下略)【笑】【爆】

投稿: ⊥TT | 2006年11月21日 (火) 00時08分

液冷エンジンのキットではこうしたトラブルは多いですよね。メッサーでもありましたよ。大きい方を削ってごまかしましたけど(笑)。塗装、楽しみにしてますね~

投稿: g_scotch | 2006年11月21日 (火) 22時00分

捗っておりますね!
コメントは残さずとも、毎回、しっかり拝見し勉強させていただいております、ハイ。

で、お次のご予定は、既にお決まりですか?

投稿: 笛吹 | 2006年11月23日 (木) 12時32分

●躍人殿
返事遅くなりました m(_ _)m

この飛燕キットの計器板のモールドが浅く(薄く?)
手書きではちょっときついかなと思いましてデカールにしました。

よく見ると何箇所か破れてズレています(笑)

白線と黒下地のみのデカールだったので
赤を加えてみましたが
細かなところで、かつ見栄えがするところなので
印刷の時点で入れておいて欲しいですね。

投稿: シミソ | 2006年11月23日 (木) 20時25分

●⊥TT殿
甲型キットがなくとも
丙型を甲型にする部品は(実際とは逆パターンですが)
・尾輪が引き込み式になるために脚カバーをつける。
・主翼上面の機銃のカバーを小さい部品に変更(機銃はつけない)
それだけだと思いまする。

なんだか製作はカメの歩みです(笑)

投稿: シミソ | 2006年11月23日 (木) 20時30分

●g_scotch殿
ハセガワの最近のキットは
プラ厚が薄いのと硬さが柔らかめになっているため
長く細めのパーツはひよって変形している場合がありますね。

今回は上面部品の縁に止め具のモールドがあったため
切削調整はせず幅広げ矯正で対処してみました。

そういえば厚みが薄いため
接着面も少なく力加減によっては
接着部分がメリッとはがれそうですね。

投稿: シミソ | 2006年11月23日 (木) 20時35分

●笛吹殿
いやぁ~、
遣り残した市場調査に行っていたため
ここ数日はさぼっていました(笑)

>で、お次のご予定は、既にお決まりですか?
P-38のオネィちゃんはデカールを見たら気持ちが萎えてしまったので
なににしましょうかねぇ??

ノズアートも捨てがたいですが(後でネタ埋めで記事UPします)
一式砲戦車とか伊ー401潜なんかがエエですかねぇ?

もう一回タミヤ1/48のゼロ52丙もやりたい気もします。


投稿: シミソ | 2006年11月23日 (木) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛燕 ② | トップページ | ノーズアート »