« Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車体⑤) | トップページ | Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵①) »

2006年10月 6日 (金)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車体⑥)

汚しを入れました。

私の塗装方法は、

AFVで言うところのチッピング航空機の剥げチョロ同じですね。

退色表現塗装もほぼ同じ。他、スミイレ等もあまり変わりませんなぁ(笑)

11_512_513_5.

.

.

このあとベース状態によってもう少し弄るかもしれません。 

キャタピラ・・面倒だな~(笑)

|

« Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車体⑤) | トップページ | Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵①) »

AFV模型 (LAND)2006」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
いやー雰囲気でてますねぇ。
どうやったらこんなに綺麗に汚せるのでしょうか(←変な日本語ですね:笑)。
私がやったらドロドロ、グチャグチャですよ(泣
ところで、チッピングをやりすぎないようにする薬があったら売れると思いませんか?

投稿: 躍人 | 2006年10月 6日 (金) 22時37分

↑補足
シミソさんがチッピングやりすぎ、という意味ではありませんので。念のため。
私はどーしてもやりすぎちゃうんですよね~

投稿: 躍人 | 2006年10月 6日 (金) 22時38分

ひゃっひゃっひゃっこりゃー履帯が最後になるのは必定ですな(笑)

ここは気を紛らわせるためにフィギュアに行くというのはどうでしょうか・・・とか何とか言ってますが実はここでフィギュアに行くと余計履帯が萎えてくるんですよね(笑)

決して妨害電波ではありません、完成させられるシミソ殿をやっかんでいるのです(爆)

投稿: ⊥TT | 2006年10月 6日 (金) 23時05分

シミヤン殿。
冬季迷彩の場合は、もっとラジカルに汚してもいいニダ…。
転輪など、もうアース一色で吹き散らしてもいいニダ…。
雨垂れなどはコピックでマジック書きでもいいニダ…。
地の色など見えなくてもいいニダ…。
冬季迷彩というものはそんなもの…。
ついに、シミヤン流上品塗りを捨てるときがきた!
そして戻ることが出来ない泥沼の世界へ

投稿: <ぬら> | 2006年10月 6日 (金) 23時57分

うわぁ! なんつーか、げに恐ろしき塗装術。

どうすれば真似できるんですか?

投稿: ハヤテ | 2006年10月 7日 (土) 00時09分

●躍人殿
シチュエーションによって汚しは変えて良いと思いますよ。
今回は今のところ降り始めの地面が硬い状態で
冬季迷彩も仕立てでまだ時間経過の無い設定なので
あんまり剥げさせていませんが
泥濘期だとドロドロぐちゃぐちゃが良いんでは。

投稿: シミソ | 2006年10月 7日 (土) 00時12分

●⊥TT殿
とりあえず指揮官用に銅鑼フィギュアを流用しようと
さっき1体弄っていたんですが
銅鑼の88㎜砲兵(別売りの方)は軟性プラなんで
パーティングラインが消しにくいのなんの。
なんで軟性プラなの?とブツブツ言いながら形にはなりました。
(未塗装)

タミヤの冬季装備進撃セットフィギュアは
モールドをカリカリと深くしている最中でまだバラバラです。

まだベースがある・・・。

投稿: シミソ | 2006年10月 7日 (土) 00時18分

●ぬら殿
まだ雪の降り始め、草も見えている状態設定なので
この程度にしてみたんですが駄目ですかね~。

泥濘期はグチャグチャ地面が面倒なのでパスしました(笑)

意地で?タミヤの冬季装備進撃セットを物にしようと試みていますが
このセットのユニフォームだと厳冬期とも違うし、泥濘期には中途半端
やっぱり初冬、それも降り始めあたりかなぁと。
(地面のイメージとしては今回の設定年代は1941ではありませんが
銅鑼フィギュアNo.6162 WINTER`S ONST の絵です。)

投稿: シミソ | 2006年10月 7日 (土) 00時26分

●ぬら殿
今回はじめてコビックを試みましたが
アクリルかエナメルかフラットスプレーどれの影響か分かりませんが
ボカシペンを使ったら軽くやっていたんですが下地塗料ともズルッとはがれてしまいました。
(シンナーで擦ったように)
今回もコビックは使えません。(違う塗装方法の時にまた試みてみます。)

投稿: シミソ | 2006年10月 7日 (土) 00時30分

なるほど…。
初冬の光景ですな…。
それはそれでありですな…。
というよりも、シミヤン流上品塗りを維持しようとするその心意気が好きですなぁ~。
ただ重箱の隅をつつけば、面と面の谷間の汚れが弱い感じがします。
オイラも最近使っていないが、こういう場所にはパステルが効果的ですね。

最近オイラは汚し専門になってしまった感が…。

投稿: <ぬら> | 2006年10月 7日 (土) 00時33分

●ハヤテ殿
チッピングは筆を細いものにして薄めの塗料で書き込みすればいいと思います。
雨だれ等はアクリル下地にエナメルで細い線を書き
エナメルシンナーを含ませた綿棒でサッと撫ぜるか
エナメルシンナーを含ませた筆(ティッシュに一度撫でる)で
線の縁から攻めていく(なぞっていく)と良いです。

あ、そうそう雷電をつくろうの機銃煙のところにも
チラッと書いてあるはずです。

投稿: シミソ | 2006年10月 7日 (土) 00時35分

シミヤン殿
やっちゃいましたか…。
コピックのぼかし用のペンは、かなり強力なんです。
ラッカー系でも喰っちゃいますよ。
なのでコピックを使う時は、一度オーバーコートをするのが鉄則なんです。
それが嫌な場合は、ペトロールやハンブロールのシンナーを綿棒に含ませて2回ほど下に向けて流すといいですよ。

投稿: <ぬら> | 2006年10月 7日 (土) 00時45分

●ぬら殿
やはり谷間は弱いですね。
最初にホワイトを殺すためにダークアース+ダークグレイの薄めたもので
ウオッシングをかけたんですが思いのほか谷間には残っても乾燥したら飛んでしまいました。

このあとキャタピラ取り付け、ベース状態に合わせて
最終汚しをすると思いますので(しないかな?笑)
どうなることやら。

投稿: シミソ | 2006年10月 7日 (土) 00時45分

シミヤン殿
冬季迷彩での汚しは加減が難しいのでやり過ぎにはご注意を!
あと谷間の部分が気になるのでしたら、ウォッシングに使ったものをそのまま谷間に流し込み、放置プレイするといですよ。
それ位やってもベースの白色が強いので然程気にならないと思いますが…(これは個人の感性なので…)
などなど、言っても最後は自己流で綺麗に修正出来ちゃうのでしょうが…。

あとベースですが、『雪が積もっているのに地面の一部は乾いている。』というシュチュエーションはありなんですね。
北陸だと、雪が降れば地面は濡れているものだと思ってしまうのですが、シベリアなどでは雪があっても地面は濡れていないケースもあるそうです。

その辺はよくリサーチしてから、ベース作りに入った方がいいかも…。

投稿: <ぬら> | 2006年10月 7日 (土) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車体⑤) | トップページ | Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵①) »