« Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵①) | トップページ | Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (随伴歩兵①) »

2006年10月10日 (火)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵②)

とりあえず砲兵2体完成です。

11_713_6.

.

.

ぬら殿へのレス、再掲

「スターリングラード」(狙撃兵じゃない方の映画)
をみていると
冬季迷彩の白色は模型誌作例にあるような汚れは無いんですよ。
雪解け期・泥濘期以外の服は案外汚れは無くて「真っ白」それも
スミイレなんかしたらおかしいような感じでした。
(皺も目立たないような完全な真っ白です。)

模型的には上記の汚れやスミイレを加えた方が見栄えはするんでしょうけど・・・。

以前から真っ白な雪原設定のディオラマで
兵士の冬季迷彩服に過度な?土の汚しをかけてあるのが多いのを
なんだか違和感があり疑問に思っていたんですよ。
(機械油汚れは除く)

スキー場で転んでも真っ白になりますが土は付きません。
雪解け期、泥濘期設定じゃない限りあまり汚すのも変じゃないですかね~?

ちなみにロシアの冬初頭は気温が低く土も凍るのでやっぱり土汚れは
靴底について車内に持ち込まれた土が溶けて付着する程度だと思いますが・・。
あとは市街戦、それも室内戦闘ぐらいでしか付かないのでは?

映画の冬季防寒服を参考にみるならば今回のフィギュアの汚しは【汚しすぎ】であります。

|

« Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵①) | トップページ | Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (随伴歩兵①) »

AFV模型 (LAND)2006」カテゴリの記事

コメント

最近πのおさーんとも話になりましたが、戦車も錆びとかの表現が凄い、汚しすぎぢゃ無いかという話。
実際に戦車が錆びてその錆が浮いているような位まで生き延びているんでしょうかね、プライマーも塗ってあるわけだし。
殆どが泥と埃の汚れだと思うんですが、模型では汚した方が受けるんだそうです(笑)

冬季迷彩服(白)も秋の泥濘期から洗わず着続けたなら汚いでしょうが、そんなバッチィの着続けるんでしょうか(汗)
真冬になれば北海道でも泥を付けるのは至難の業ですよ(笑)

ま、そうやって色々考えるのが楽しみの一つではあるんですがね。

投稿: ⊥TT | 2006年10月11日 (水) 00時27分

●⊥TT殿
>模型では汚した方が受けるんだそうです(笑)

あくまで想像で陸物素人的な書き込みですが

日本のモデラーは日本の積雪期の情景(湿雪のグチャッグチャな汚い積雪)
がインプットされているので
厳冬期といえども日本的な冬の情景を再現してしまうんじゃないでしょうか?
またそれじゃないと日本人の冬のイメージに合致しない?

もちろんロシアの泥濘期などもっとドロドロ、ぐちゃぐちゃでしょうけど
厳寒期なんて汚れないでしょうし水も凍るくらいですので
錆も出るかどうか怪しいですね。
厳冬期は完全な真っ白の世界ですね。

また映画の場面で恐縮ですが、室外は細かな雪煙をあびて
フィールドグレーの部分も真っ白なんですよ。

もっとも真っ白にしちゃったら模型的な面白みはほとんどなくなりますけどね(笑)

投稿: シミソ | 2006年10月11日 (水) 01時20分

おぉ~!今日はまともな討論会だ~!
今回の初冬の冬季迷彩については、目からウンコでしたね~。
資料を探しても、シミヤン殿の言われるとおり真っ白ですなぁ~。
いかに自分が誤った情報を摺り込みされていたことか…。
しかし、真っ白な情景に真っ白な戦車とフィギュアでは、色気がありませんなぁ~。

反面、欧米のAFVの使い方って意外と荒いのではないでしょうか?
車庫に入れたり車体を隠したりする時って、車があたるまでオッケ~的な感じがする。
なので、製造の新旧に関わらずAFVの塗装って剥げていたりするのかも…。
あと⊥のオサ~ンの言う昔のプライマーってどれだけの効果があるのか疑問…。
工場からロールアウトした段階で、サビが流れていた車両も確認できますなぁ~。

あと軍服に関わる疑問ですが、うちの会社の冬用作業服などほとんどシーズンを通して洗う奴は少ない…。
冬用の作業服は、真綿が入っていたりでなかなか乾燥しないし、代わりの服がなかったりでワンシーズン着っぱなしですなぁ~。
しかも汚れについては、泥汚れよりもブカブカ服のために車両や機械に摺れて汚れることが多い。
集中的な汚れよりも、全体がくすむような汚れが多いですなぁ~。
うちの会社など戦場に近いので、実際の冬季迷彩服というのもこんな感じではないのか…。

※ふと考えたが、各モデラーの生活や職場環境によって汚しの状況が異なるのかも…
オイラみたいな現場に近いところで作業を行うものは、必然汚しに関する物差しが異なってくるのかも…。
綺麗な職場で、綺麗なネエちゃんと仕事がしてみたいな…。

投稿: <ぬら> | 2006年10月11日 (水) 13時48分

こんばんは
私は結構錆びると思いマスです。
幼少のころ遊んだ工事現場の重機は、結構錆びていた記憶があります。最近のは知らないのですが。
ソ連あたりの戦車なら、錆びるヒマもないでしょう。
ドイツなら頑張ってメンテして使っておったと思います。
あ、塗装剥がれの補正塗りもメンテのうちですね…
やっぱそれほど錆びないのかな?
悩ましいですね。

以上、横レスすいませんでした。

投稿: 躍人 | 2006年10月11日 (水) 20時38分

材料屋の僕から見たら、やはり鉄は防錆塗装してても直ぐ錆びると思います。

(普段はSUS屋さんですけど、一部鉄も扱ってます)
野外で動いてる戦車なら手荒に扱ってれば工場から出て一週間くらいで錆びが浮いてくるような気がします。

僕が戦車兵なら絶対、毎日拭き掃除なんかしませんし(笑)

投稿: 鉄火巻 | 2006年10月11日 (水) 21時10分

今日は、やたらと濃いコメントが多いですなぁ~。
オイラのブログなどまともな突っ込みを入れてくれる人がいないのに…。(爆)
しかし何ですなぁ~。
冬季迷彩については、結論が出た感じですが他については個人の感性というところでしょうか…。
無理に結論付ければ、誰も見たものはいないということで…。

投稿: <ぬら> | 2006年10月11日 (水) 22時53分

●ぬら殿
車両の汚れについては所持資料皆無なのでなんとも言えませんが
兵士のユニフォームは戦場の地域性や部隊の投入時期によっても
違いはあるでしょうね。

雪解け期・泥濘期以外の白色迷彩服の陰影をつけるとしたら
土色ではなくて灰色系が良いんでは?
(1部の雑誌の作例のように何でもかんでも土汚れって言うのも
なんだかな~。笑)
膝をついたり座ったりする以外で
車両の汚れが服につく箇所って思わぬところに付きそうですね(笑)

投稿: シミソ | 2006年10月11日 (水) 23時12分

●躍人殿
そこいらで年中道路の穴掘りしている(笑)ショベルカーなんて
かなり錆は出ていますね。
土の付着部分とかキズがついた部分から錆垂れがあるように感じます。

錆の発生ってどのような条件なんでしょうかね~?
気温が零下前後で推移し水や雪も氷になるような条件下では・・・
理工系の問題ですね~。(チンプンカンプンです。爆)

投稿: シミソ | 2006年10月11日 (水) 23時18分

シミヤン殿
グレーのシャドーですか…。斬新ですなぁ~。
しかし、ガンダム系のシャドーってクールグレー系が多いのでしっくりとくるかも…。
しかし、摺り込みの多いオイラには茶系のシャドーがしっくりときてしまうなぁ~。
こんなことだから、オイラの作品は進化がないのだろうなぁ~。

ところで、TBの展示会って何時だった?
2chで某模型クラブが炎上しているので、気をつけて…。

投稿: <ぬら> | 2006年10月11日 (水) 23時21分

●鉄火巻殿
>僕が戦車兵なら絶対、毎日拭き掃除なんかしませんし(笑)

その問題もありますよね。

歴戦の強運戦車なんてきったないでしょうね~(笑)
ただその場合の汚れって機械油と土が混ざったような
黒っぽい汚れのような気がします。
あ、錆の赤茶色もあるか・・・。
考えはじめるとキリがありませんね。

ま、色々書いていますが
今回は問題提起ということで
模型の方は結局は単純な汚しに落ち着くと思います(笑)

投稿: シミソ | 2006年10月11日 (水) 23時23分

●ぬら殿
ヤフブロって長文コメントはじかれませんでしたっけ?
たしかコメントには字数制限あったような?
昔ここがヤフブロの頃、レスに長文書いたら
受け付けられなかったような気が・・・。

TBは11月11・12日だったはずです。
ただ作品を出すかどうかはまだ連絡がないので未定です。

2Chは最近逝っていませんな~。
厨房でも出現しているんですか?

投稿: シミソ | 2006年10月11日 (水) 23時30分

シミヤン殿
ヤフブロのコメントには字数制限がありますなぁ~。
なので、今回のような討議は無理ですなぁ~。
ところで話は変わりますが、飛燕のⅡ型の流滴キャノッピーの模型って販売されているのですか?
(マジで、飛行機は分からない…)

2chの件は、レオが発起点みたいで…。

投稿: <ぬら> | 2006年10月11日 (水) 23時37分

●ぬら殿
2chのぞいてきました。なるほど了解です。

>飛燕のⅡ型の流滴キャノッピーの模型って販売されているのですか?

飛燕Ⅱ型改(後期型)ですね。
昔はファインの1/72でⅡ型前・後期型とも出ていましたが全て自社オリジナルパーツにして再販されたのは前期型のみで
後期型は出されなかったはずです。

現在Ⅱ型前期型も品薄かも。
後期型を作るのであれば
スクラッチでなければⅡ型前期型の機首を五式戦後期型に
つけるしかないのではないかと思います。
(飛燕Ⅰ型の機首とは似ているようでまったくサイズ等違っています。)
1/48は・・・プラはもちろんレジン・簡イとも無いと思いますが・・・。

投稿: シミソ | 2006年10月12日 (木) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵①) | トップページ | Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (随伴歩兵①) »