« 冬季装備進撃セット歩兵(完成) | トップページ | ディオラマ・ベース② »

2006年10月23日 (月)

ディオラマ・ベース①

ディオラマ・ベースを作っています。

実験的要素が多いのでコレは使わないかも。(理由は後述)

_01_3・車両とフィギュアを仮に置いて配置の構想をしてみます。基本ベースは100円ショップのA5くらいのに100円ショップのウレタンボードを引き木工ボンドで接着。

_02_3・水で薄めた木工ボンドに浸したティッシュペーパーを貼り付け(段差埋め兼用)、鉄道模型用のグラスシートを貼り付け。(楽しています・・手抜きとも言う)

.

_05_1

_03_3 ・100円ショップの麻縄と100円ショップのドライフラワーを用意。麻縄はほぐして片側の先をボンドで固めておきます。

.

_04_1_06_1 ・土手の部分にガーゼに浸したプラスター(石膏)を塗ります。(木工ボンドを混ぜた水で薄めます。ひび割れ防止と吸着)乾燥後塗装。拾ってきた枯れ枝・ドライフラワーをアレンジし、先に作った麻縄のほぐしたものを植え込んでいきます。

.

_07 ・土手の部分に鉄道模型用のシーナリ-パウダーを接着。(色はわざと変えてあります。・・雪の白を撒いた場合の色の具合の変化を見るため)←実験的なベースなので最初に書いた使わない理由です。作られる場合は同一色・近似色にしてください。   

_08鉄道模型用の フィールドグラスを束にして鋏で短く切り取って土手の部分に置いていきます。(土手の部分には水に中性洗剤を加えたもので薄めた木工ボンドが浸してあります。)中性洗剤を加えるのは浸透性をよくするため。これをしないと弾きます。

_11 ・キャタピラ走行跡部分にパステル粉を薄め液で溶いたものを塗りつけ。

 全てが乾燥後に雪を降らせます。

_09_10. ・部分アップです。1日の速攻製作なので粗が目立ちます。コレじゃやっぱり使えないかな(笑)

|

« 冬季装備進撃セット歩兵(完成) | トップページ | ディオラマ・ベース② »

AFV模型 (LAND)2006」カテゴリの記事

コメント

おぉう これはとっても参考になります、100円ショップの素材やらでホントお気軽に情景が出来るのですね。これに車両とフィギアが載ると んん~とっても楽しみです、それに制作時のポイントの記事がとっても解りやすく勉強になります。   今後も頑張って下さい。

投稿: マック | 2006年10月23日 (月) 01時06分

●マック殿
ありがとうございます。個人的な方法なので恐縮です。

基本は100円ショップです(笑)
失敗しても時間と労力以外はあきらめが付く?(爆)

今回はプラスター(石膏)を使っていますがドフィックス(壁補修材)が色や質感がいいので
そちらを使いたかったのですが、あいにく切らしたまま新規購入していないのです。

グラスシートは均一になりすぎるのであんまりよくないかも。

シーナリ-・パウダーやフィールドグラスも何種類か重ねると良いと思います。

地面はなるべく同色または近似色を使ってください。
今回は状態を見たいためわざと変えてありますので・・。

あと今回は途中で挫けていますが、植物の根の周りに草を植え込むと
より一層それっぽくなります。

麻縄もほぐす前にシチュエーションに合った色に染めておくと
あとから塗装しないで済みますよ。(今回は枯葉仕様)

知っておられる事も書いていると思いますが
今思いつく書き抜けているところはこんなところでしょうか・・
(まだまだ出てきそうです。)

投稿: シミソ | 2006年10月23日 (月) 02時21分

出来栄えを見て100均で材料を買ってるとは信じられないです(笑)

根気とやる気が続けば僕にも出来そうな気がします。

…するだけで、実際出来ないでしょうけど(爆)

投稿: 鉄火巻 | 2006年10月23日 (月) 12時21分

鉄道模型的製作法ですなぁ~。
育ちがわかります。(笑)
そうそう、次回のイオン高岡。
土曜日か日曜日、どちらか顔をだしますよ~!
ついでに庄川の落ち鮎の食べ放題も食べたいし…。
その時、ベースに役立つ優れものをもっていきますよ!
内容は、こうご期待!

投稿: <ぬら> | 2006年10月23日 (月) 19時23分

こんばんは
フィールドグラスがいい感じですね。
グラスシートは単調かもしれませんが、雪を降らせたりするなら問題無さそうですね。

いつぞや作ったフジミのKV-1を、そのうちディオラマにしたいんですよね。
そのときは参考にさせていただきます!

投稿: 躍人 | 2006年10月23日 (月) 23時05分

メモ メモ (笑)

とっても為になります。
アイディアひとつでどこにでも材料ってあるもんですね(笑)

それはそうと、出演者が増えているような気がします。
きっと追加召集をかけたのですね(爆)

彼らも是非紹介して下さい(笑)

投稿: ハヤテ | 2006年10月24日 (火) 00時41分

●鉄火巻殿
100円ショップのものだと失敗しても惜しくない?(笑)
それに1回じゃ使い切れないものも結構ありますし。

根気が要るものは麻縄のほぐしくらいですよ。
あ、枯れ枝探しもかな?(爆)

プラスターやシーナリ-パウダーは貼り付けたり撒くだけですし
フィールドグラスもベースの上でチョキチョキ切て落ちるに任せるだけです。
あ~、あと乾燥時間待ちが「まだかまだか」と思いますた(笑)

投稿: シミソ | 2006年10月24日 (火) 01時56分

●ぬら殿
土曜日は1日仕事なので会場にはいません。
会員じゃないもので
日曜日に行く時間は搬入時に聞いてきますが
大体の時間がわかれば待機しています。

庄川の鮎は砺波にもありますが高岡市内にも(イオンから車で10分・・かからない?)専門店がありますよ。

投稿: シミソ | 2006年10月24日 (火) 02時02分

●躍人殿
グラスシートはけっこう草の部分のコシが強いので
1/76だと車両が浮いた感じになり重量感がなくなりそうです。

もし使われる場合は車両を置く部分(キャタピラ部分)を切り取った方が良いと思います。

ミニスケールの場合はシーナリ-パウダーを撒く方が楽ですよ。

あ、思い出した。
パウダーを撒く場合は「茶漉し」にいれて篩いにかけるように
撒くときれいに撒けます。

投稿: シミソ | 2006年10月24日 (火) 02時07分

●ハヤテ殿
今回はAFVの流れで作っていますが
もちろんAFV模型の専売ではないので
航空機、車、他模型にも応用できます。

この間作られたベースにさらに草を植えてみたり
私は挫けましたが「フィールドグラス」を小さい束にして
一定方向に傾けて植えると
プロペラ(ジェット)の後流でなびいているように見えませんか?


投稿: シミソ | 2006年10月24日 (火) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬季装備進撃セット歩兵(完成) | トップページ | ディオラマ・ベース② »