フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の17件の記事

2006年10月31日 (火)

U-BootⅨC ②

今日は艦首・艦尾を少し弄っただけです。03_1404_10 

.

.

.

05_9 ・備砲は他の部分とあまり差が出ないように気をつけつつ少しデッチアップする予定。

.

----------------------------------------------

日曜日に購入したハセガワ1/48「飛燕Ⅰ型甲」Photo_17

・作るかどうかはまだ未定・・。

 作るとしても11月13日以降かな?

2006年10月29日 (日)

Vä terchen Frost(冬将軍)

微調整して撮影。冬の曇天っぽくしてみましたがどうでしょう?Vaterchen_frost_111Vaterchen_frost_102Vaterchen_frost_103

.

.

Vaterchen_frost_104Vaterchen_frost_106Vaterchen_frost_107 .

.

Vaterchen_frost_109 

次に移れないのでとりあえず完成。

ベースはこのままでいきます。

2006年10月28日 (土)

U-BootⅨC ①

マーダ-ⅡDのディオラマ写真は昼の明るいところで撮影しようと思っているので後日アップ。

ドイツ月間第2弾、中断中のニチモ1/200U-BOOT再開(10月末まであと3日

船体の合わせ目処理終了。これから上部構造をやっつけていきます。02_16

航空機はもう少し待ってね(笑)

2006年10月26日 (木)

Vä terchen Frost(冬将軍)仮配置

ディオラマベースに仮配置してみました。

画面が暗くなってしまったので写真は後日差し替えるかもしれません。

タイトル「Vä terchen Frost(冬将軍)1942」

1枚目写真画面左上の放棄された機銃は置こうか置くまいか悩んでいます。

(全体のバランスを見ると置けばうるさい感じで、取り去れば少し足りないような感じでしょうか)

Vaterchen_frost_01Vaterchen_frost_02Vaterchen_frost_03Vaterchen_frost_04 .アイドリング時の排気管からの汚れわかります?

.再現した足跡が全然見えない!

●お約束の部分アップ Vaterchen_frost_05Vaterchen_frost_06Vaterchen_frost_07Vaterchen_frost_08 .

.木立に雪ウサギのようなお遊びが欲しいところ・・・。

.フィールドグレー.の兵士は綺麗すぎ?

※白黒にして遊んでみました。Vaterchen_frost_09Vaterchen_frost_10_2

.もう少し目線を下げたら良い感じ。

.

このベース、いまひとつしっくりこないのと色が変なのでやっぱりやめるかも?

アイキャッチも無いな~。

---------------------------------------------

●追加 ●

Vaterchen_frost_11 遺棄物追加してみました。

.

.

2006年10月24日 (火)

ディオラマ・ベース②

を降らせてみました。

雪の材質は一般的ではなく手に入りにくいものなので普通は重曹を使うと良いでしょう。

21_325_226_2 .

.

.

失敗その1、最初はもっと薄っすらした感じだったんですが、固定に「スプレーのり」を使用したのが間違いの元!黄色く着色してしまいました。上から例の薄め木工ボンドを浸透させ再度雪を散布予定より厚く積もった状態になってしまいました(イメージから離れてしまった・・・。)

失敗その2、「スプレーのり」を吹き付けすぎて1部草木が樹氷のようになってしまいました。

失敗その3、粉物を撒くときは茶漉しに入れて篩いにかけるよう散布するのですが、うっかりベースの上で茶漉しに補充してしまいその下の部分にドサッと撒いてしまいました。

部分アップです。22_2 23_4 24_3

.

.

.

※分かりにくいですが左の写真の表面の凹凸は乱れではなく「足跡」を付けてあります。

-----------------------------------------------

指揮官、装填手がいて照準(砲)手がいなかったので自走砲兵を1体追加します。01a

マーダ-ⅡDの戦闘室が狭いので2体で十分だと思ったんですが、やはり砲の操作を考えると3体かな~と・・実際はどうなんでしょう?

2006年10月23日 (月)

ディオラマ・ベース①

ディオラマ・ベースを作っています。

実験的要素が多いのでコレは使わないかも。(理由は後述)

_01_3・車両とフィギュアを仮に置いて配置の構想をしてみます。基本ベースは100円ショップのA5くらいのに100円ショップのウレタンボードを引き木工ボンドで接着。

_02_3・水で薄めた木工ボンドに浸したティッシュペーパーを貼り付け(段差埋め兼用)、鉄道模型用のグラスシートを貼り付け。(楽しています・・手抜きとも言う)

.

_05_1

_03_3 ・100円ショップの麻縄と100円ショップのドライフラワーを用意。麻縄はほぐして片側の先をボンドで固めておきます。

.

_04_1_06_1 ・土手の部分にガーゼに浸したプラスター(石膏)を塗ります。(木工ボンドを混ぜた水で薄めます。ひび割れ防止と吸着)乾燥後塗装。拾ってきた枯れ枝・ドライフラワーをアレンジし、先に作った麻縄のほぐしたものを植え込んでいきます。

.

_07 ・土手の部分に鉄道模型用のシーナリ-パウダーを接着。(色はわざと変えてあります。・・雪の白を撒いた場合の色の具合の変化を見るため)←実験的なベースなので最初に書いた使わない理由です。作られる場合は同一色・近似色にしてください。   

_08鉄道模型用の フィールドグラスを束にして鋏で短く切り取って土手の部分に置いていきます。(土手の部分には水に中性洗剤を加えたもので薄めた木工ボンドが浸してあります。)中性洗剤を加えるのは浸透性をよくするため。これをしないと弾きます。

_11 ・キャタピラ走行跡部分にパステル粉を薄め液で溶いたものを塗りつけ。

 全てが乾燥後に雪を降らせます。

_09_10. ・部分アップです。1日の速攻製作なので粗が目立ちます。コレじゃやっぱり使えないかな(笑)

2006年10月21日 (土)

冬季装備進撃セット歩兵(完成)

どうも調子が悪く19日に記事をUPしたのに反映されていなかったようで・・。(リンクも調子悪く訪問できませんでした。)

冬季装備進撃セット歩兵5体完成・・と言ってもブーツやコート裾の汚れはベースを作った時に合わせて汚します。

Photo_1601_1802_1503_1304_9 .

.

.

※蛍光灯下で撮影のためトーンが実際より少し違います。

2006年10月19日 (木)

冬季装備進撃セット歩兵①

メンテナンスは18日で終わっていたようですね。

で、その間何をしていたかというと製作さぼってました(笑)

でも歩兵の顔は塗りました。現時点でユニフォームの基本塗装も終えているんですが

基本塗装のものを載せてもしゃぁないのである程度完成したらUPします。

01_1702_14 ・2名ほど目線が変!とりあえず寒い時期の鼻と頬の赤みを強くしてみましたが、最近の雑誌作例に比べると全然いけてませんな(爆)

.

●最近陸物を初めてたので雑誌の関連記事をを読みあさっていてフッと思ったこと。●

全てではないですが最近の作例のフィギュアの顔ってなんで皆寒い所にいるような顔なんでしょう?立体的に見えて表情も豊かで素晴らしい塗装なんですが、自然の顔には見えない・・・。フィギュアの顔なんですよね~。

自然な顔に塗ってみなさいと言われても出来ませんから言えた事ではないんですが、まぁこれは個人の勝手な感覚・意見ということで・・・。.

②雑誌の作例で、わざわざキットのヘッドの替えをよく見ますが「何故?」と思うほど同じヘッド(ホーネット等)を使ってあるのであちらこちらに同じ顔が大勢!(大笑)

差別化を狙って替えておられるんでしょうけど逆にみんな同じ顔の替ヘッドに交換するのでキットのままの方が個性が出たりして(爆)

雑誌記事として残るにもかかわらず、たくさんある種類のなかからわざわざ同じ替ヘッドを使わなくてもいいようなものを何故?

2006年10月16日 (月)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車両)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD 車両のみ完成。

ロシア冬季、降雪初期の積雪が少ない状態を設定。

16d17d18d  19d 20d 21d 22d

.

.

自走砲兵は準備してありますが巷にあふれている補給シーンばかりではなく緊迫した状態のフィギュアが欲しいところ。

何故、知る限り3社から自走砲兵セット出ているけど同じポーズの補給シーンばかりなのでしょう?

------------------------------------------------

ココログフリーメンテナンス実施のお知らせ:2006年10月17日(火)16:00-2006年10月19日(木)16:00

この期間は記事の更新、コメント書き込みも出来ないようなのでお休みです。(閲覧はできるようです。)

-------------------------------------------

2006年10月14日 (土)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (キャタピラ)

バラバラのキャタピラをある程度ブロックごとに組み立て、塗装してしまいます。

ブラックブラウンで基本塗装し、薄めたブラウン上吹き

さらにレッドブラウンスミイレ、乾燥後エナメルシルバーで接地面をドライブラシ

15_3

キャタピラを全て組み込んだ後、車体に合わせるためにさらに汚し等を加える予定。

.

車体組み立て後にキャタピラを組んでいるので余計な手間がかかってしょうがない(泣)

2006年10月12日 (木)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (随伴歩兵①)

キャタピラを弄っていたんですが写真アップするほどのものでもありませんのでチマチマ作っていた随伴歩兵(予定)タミヤ冬季装備進撃セット兵士です。

01_1602_13 .

.

.

つぶれたモールドや襟・袖口、コート・ジャケットの裾等を掘りました。

写真だと苦労の割には変わらないように見える・・・orz

2006年10月10日 (火)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵②)

とりあえず砲兵2体完成です。

11_713_6.

.

.

ぬら殿へのレス、再掲

「スターリングラード」(狙撃兵じゃない方の映画)
をみていると
冬季迷彩の白色は模型誌作例にあるような汚れは無いんですよ。
雪解け期・泥濘期以外の服は案外汚れは無くて「真っ白」それも
スミイレなんかしたらおかしいような感じでした。
(皺も目立たないような完全な真っ白です。)

模型的には上記の汚れやスミイレを加えた方が見栄えはするんでしょうけど・・・。

以前から真っ白な雪原設定のディオラマで
兵士の冬季迷彩服に過度な?土の汚しをかけてあるのが多いのを
なんだか違和感があり疑問に思っていたんですよ。
(機械油汚れは除く)

スキー場で転んでも真っ白になりますが土は付きません。
雪解け期、泥濘期設定じゃない限りあまり汚すのも変じゃないですかね~?

ちなみにロシアの冬初頭は気温が低く土も凍るのでやっぱり土汚れは
靴底について車内に持ち込まれた土が溶けて付着する程度だと思いますが・・。
あとは市街戦、それも室内戦闘ぐらいでしか付かないのでは?

映画の冬季防寒服を参考にみるならば今回のフィギュアの汚しは【汚しすぎ】であります。

2006年10月 8日 (日)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (砲兵①)

昼間は買い物で弄らず、先ほどもTVの物真似を見ながらキャタピラではなく乗員を弄っていました。

・全体を組み上げた後、素材が軟性プラなのでササクレチェックのためサフ吹き。(軟性プラはカンナがけしにくい素材ですね。)

・冬季ユニフォームに微量のセールカラーを混色して塗装。

・顔クレオス・アクリルのみで塗装しているので今風のハッキリした顔ではありません。

01_1502_1203_12 .

.

.

__________________________

本日の衝動買い 

ドラゴン1/48 Ba349D ナッターBa349d

以前はランチャーは無く、Ba349Dのみのキットではなかったでしょうか?速攻製作して展示会等に持っていけば目立ちそうですね。・・やらないけど(笑)

.

2006年10月 6日 (金)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車体⑥)

汚しを入れました。

私の塗装方法は、

AFVで言うところのチッピング航空機の剥げチョロ同じですね。

退色表現塗装もほぼ同じ。他、スミイレ等もあまり変わりませんなぁ(笑)

11_512_513_5.

.

.

このあとベース状態によってもう少し弄るかもしれません。 

キャタピラ・・面倒だな~(笑)

2006年10月 4日 (水)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車体⑤)

ここ最近は1~2日おきしか弄っていないので進行は遅いです。

冬季迷彩の基本白色を塗装。

この後キャタピラを組み入れ汚しを施していきますが、白色強いので基本塗装も少しダークイエロー系混色すれば落ち着いたかもしれません。

09_410_5 .

.

.

前回一緒写したタミヤのフィギュアセット(冬季装備歩兵進撃セット)も1体弄ったんですが 、今見ると造形はいいんですが古いタミヤタッチでモールドが甘いですね~。

以下↓はあくまで軍装素人の戯言ですので参考になさらぬよう。

このセット、フィギュアは(陸物全般)はよくわからないのですがユニフォームが統一していないというか混合?なのでシチュエーション次第ではかなり使いにくいかも・・。(フィギュアにあわせて情景を考えなければならない?)

2006年10月 2日 (月)

Sd.Kfz.132 マーダーⅡD (車体④)

08_4 ジャーマングレー基本塗装、微妙なグラディエーションを付けてみました。

もっとも冬季迷彩予定なのであんまり関係ないですが(笑)

.

00 llllll(-_-;)llllllウェ~

見ているだけでいやになりますねぇ(爆)

秋季例大祭

10月1日は地元の秋祭りでした。

Hikiyama3Cyouchin_mikka_2Cyouchin_mikka_3_1 .

.

.

.

映像        (クリックで映像が見られます)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ