フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の16件の記事

2006年8月31日 (木)

零戦52型(1/72) ④

昨日はM41は気分がのらないので零戦を弄っていました。

13_3 潤滑油冷却空気取入れ口にメッシュを貼り仕切りをつける。(三菱製には仕切りは無いそうです。)

右翼に空気取入口を開口。

コックピット計器板を組み込み胴体と主翼を貼り付け

「さて、キャノピーをつけるか。」

「ん!?照準器の部品がないやんけ~~~」

「部品化してくれよ~ハセガワさん」

と、ぼやきつつでっち上げて取り付け。14a15b

.

.

.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo_14 ⊥TT殿(←クリックで開きます)の潜水艦に感化されミラージュの「U-Boot」を引っ張り出し、アオシマの「伊ー401潜」を購入(笑)

これだけじゃなくまだ1/200と1/700も複数在庫あるんですけどね(爆)

2006年8月30日 (水)

零戦52型(1/72) ③

M41に比べやる気度が違いますですね(笑)

09_3 コックピットエンジンの塗装の俯瞰です。

.

.

10_4 コックピットフロアの塗装。キットのまま接着すると後壁と座席の位置が離れすぎですね。(なので座席抑えの上部はつけてありません。)

.

・シートベルトはファインモールドのエッチング・パーツ。

・計器板は中央部の凹を掘り込みデカール仕上げです。

11_1 左側胴体と仮合わせ。(右側は省略)

左右胴体を組み立てたらほとんど見えなくなるので「これで良し」としましょう。

12_3 エンジンはアクリルシルバーを塗装し、乾燥後に薄めたエナメルブラックを流し込んだだけのお手軽塗装です。

難しい事はありません。これで十分でしょう。

M41ウォーカーブルドック ②

05_5 28・29日でなんとか車体及び砲塔をここまでもってきました。それにしても組みにくいように思えてならない・・。

取り付け位置(角度)がよくわからない部品もいくつかありました。

砲塔の上下の接着部分には溶接跡があるので、他の部分の溶接跡の再現にあわせて整形後に再現しなければ中途半端になってしまいます。あ”~面倒くさい(笑)

砲身やカバー、車体の上下は仮に付けてあるだけでまだ接着していません。

2006年8月27日 (日)

零戦52型(1/72) ②

零戦52型小物の加工、その2

06_2 脚出確認棒取り付け用の穴を主翼下面の主脚取り付け部からピンバイスで穴あけ。(機体完成後に赤く塗った伸ばしランナーor金属線で再現)

.

07_2 脚カバーブレーキパイプを這わすためのをピンバイスで穴を開け加工。

.

08_3 ピンバイス作業のついでに機銃孔を開口。

(0.3㎜のピンバイスを折ってしまい無いので0.5㎜で軽くさらうだけに。)

.

09_1 本日のメイン(笑)エンジンのパイピング

電気コードをほぐした銅線でプラグコードを、伸ばしランナーでプラグ支持架?を再現。(カウリングパネル・サポートまで再現するとキットのカウリングが入らなくなるので断念。)

いつもはこんなことしないのに今回は弄繰り回しています(爆)

__________________________

03b M41はまだ車体上部の部品取り付けで滞っています。

(作業時間は零戦52型と同じくらいなのに何故?)

ハッチの取っ手はプラ材質の柔らかさ、ゲート処理の困難さを考慮し最初から金属線加工で取り付け。(絶対にランナーから折らないで綺麗に切り取りゲート処理するのは無理と思われ・・笑)

ついでに愚痴ると小物部品の取り付けの凹凸が浅くて取り付けにくいし、あとから簡単に外れそうで不安。

早く写真栄えしそうなところまで持っていきたいのですが、部品加工・取り付けに苦労しているためメインになりません。

2006年8月26日 (土)

零戦52型(1/72) ①

今日はM41の車体上部と零戦52型のコックピットをいじっていました。

02_603_9 プラ板、延ばしランナー側壁の桁器機類でっちあげ1/72なのでどうせ見えなくなることだし、大きさは適当でいいでしょう。あとは軽め穴を追加します。(配置は52型の資料を見ていますのでほぼ正確だと思います。)

.

04010501_2 先に作ったコックピットフロアと仮合わせ。

決まったぜ! (笑)

_________________________

02a_1 M41はプラが柔らかく加工しにくいのと細かな部品ばかりなのであまり進展していないように見えます。(実際に進展は少ないけど。笑)

2006年8月25日 (金)

M41ウォーカーブルドック ①+α

FW190D-9が完成したので次はお約束?の1/35AFVにいきます。

AFVクラブ1/35M41ウォーカーブルドックです。

01_9 車体足回りを組んでいたんですがこれだけで少し萎えてきました。どうもここまで部品化されると面倒くさい、というか同じ作業の繰り返しなのでモチがさがります。(銅鑼のキットに比べれば全然楽チンなんでしょうけど・・笑)

私にはタミヤのMMシリーズキットように最初からモールドされてあったほうが向いています(笑)

ちなみにAFVクラブのプラはやわらかいですねぇ。

__________________________

さらにハセガワ1/72零戦52型の製作依頼がきましたのでそちらも並行製作していきます。

ちょっと自分なりに1/72にみ合ったデティールアップをしてみます。 7252 01_6

.

.

.

並行製作なので、今日はコックピットフロアの工作だけです。

床の補器類・カバーとレバーをプラ板や延ばしランナー追加し、後壁に軽め穴をピンバイスで開口しました。

2006年8月22日 (火)

Fw190D‐9 完成

とりあえずFW190D-9完成しました。

とりあえずと言うのはキャノピー未接着なのでアンテナ線を張っていないためです。

斑点迷彩がどうこう言っていましたが完成してみるとちゃんとFW190D-9に見えますね(笑)

10_fw190d911_fw190d9_112_fw190d9_113_fw190d9_115_fw190d9_3 14_fw190d9

.

.

.

       

2006年8月20日 (日)

Fw190D‐9 ⑤(1日2度更新!)

FW190D-9のデカール貼りまできました。09_2

.日曜日の状態

.

.

斑点迷彩を少し修正:斑の大きさを少し大きくタッチアップしただけで、かなり雰囲気が変わったような気がします。

・機番ゲルプ11を手書きで書き込み。(途中写真を撮り忘れたので詳細略)

・ほとんどのデカールを貼りましたが主翼上面の白点線デカールを貼ろうか貼るまいか・・。(今日はめちゃくちゃ暑いのでデカールがすぐ乾燥して張りにくく「細く長い」デカール貼りがきびしい状態です。)

Fw190D‐9 ④

Fw190D‐9製作が遅々として進まず、とりあえず金・土曜日で胴体塗装までしかできていません。しかもイメージしたのと違ってしまった。(T_T)

071 金曜日の状態

斑点迷彩が少し小さすぎたのと色がイメージと違ってしまいました。お馬鹿なことにスミイレ前に排気煙を入れてしまった・・・。

082_1 土曜日の状態

操縦席付近の側面迷彩を少し修正し胴体後部の識別バンドを塗装。国籍マーキングも塗装にしようと思っていましたが面倒くさくなったのでデカールで済ませます。(機番はデカールがないので塗装するしかないか~)

イメージ通りの塗装に出来ず失敗したのでちょっとモチベーション下降

2006年8月17日 (木)

疲れました。

昨日16日夕方に新潟市より帰ってまいりました。普通なら3時間足らずの運転ですが時期が時期だけに疲れました。(年ですかね~。笑)

新潟で4日間も何をしていたかと言うと「何もしていない」というところでしょうか(笑)

唯一ホビーショップ「ホビーロード」に行ってきました。(新潟も専門店が少なくなりましたねぇ)

いつも楽しみにしていたHR近くのラーメン店「極一 女池店」が無くなっており、代わりに「がんこ屋」になっていました。

1000001_img_5 まあここはとんこつ醤油系と塩節系がありそれなりに美味かったのですが。

.

当然模型もいじっていないので「ホビーロード」での戦利品でも載せておきます。

1000002_img_5 miniartのpolish city buildingです。ちと高価でしたがスクラッチの参考にと購入。いろいろ種類はありましたが値段と組み立て後の大きさ周りに散らばる瓦礫の事などを考え、これに決定。当然ポーランドに限らず別の国の設定でも使えますね。

1000005_img_2 エデュアルドのBf108です。普通は3000円前後のはずですが「WEEKEND」EDITIONと書いてあるところから、おそらくはデカールが1種のみの廉価版だと思われます。1418円でした。

1000007_img_2 今回最大の嬉しいお買い物。前回のAFVクラブのM41の砲基部のカバーが見つからないと書きましたが、見事ゲット!!(まぁはやく言えば売れ残りなんですが。笑)

これで次期1/35AFVは90%M41に決定・・・かな?別売りキャタピラも500円で購入済み(実売価1500円)

.おっと、その前にFw190D-9を仕上げねば。

2006年8月12日 (土)

我が家のマイナーAFV その1部 

明日からのお盆は嫁はんの実家に行くので更新できません。(16日まで)

Fw190D-9もアップするほどの進展も無く

とりあえず次期製作予定候補の1/35マイナー車両をUPしておきます。

(2箱連続で掲載してありますが、けっして2つとも作ると言う意味ではありません。)

1000001_img_41000002_img_4 ●ドマイナー車両その1●

候補に上げていますが箱を開けるといろいろな意味でちょっと引いています(笑)

07_106_1 ●ドマイナー車両その2●

金を出して苦労を買ったようなキットと聞いてモチベが急降下です。

03_604_5 ●マイナー車両その1●

え!?メジャーじゃないかって?戦闘室の開放度が大きいんですよねぇ~。恐怖のバリバリオープントップ(笑)

05_4 ●マイナー車両その2●

好きな車両なんですが、対空車両にSd.Kfz.7/1が作りかけ放置してあるのでそちらを完成させてからって頭があるもので・・・。

08_2 ●メジャー車両●

今回候補で唯一の有名車両。なんと980円で購入!(コレばっかり。爆)ただ砲基部のカバーを自作する自信が無いので二の足を踏んでいます。(純正別売りパーツも探してはいるんですが、どこも売り切れ。) 

やっぱりメジャーなつくりやすい車両キットにしようかな・・と悩むお盆休みの前日・・・。

今が旬のシャールB1bisあたりが精神衛生上よいのでしょうか?

ま、シャールを含めこのうちのどれかに手をつけます。

Fw190D‐9 ③

Fw190D-9は大戦後期のせいか規定塗料も決まっているようないないような状態なので、さっさとどの塗装にするか決めないと先に進みません

で、決めました。JG2・黄色11です。(画像は出来てからのお楽しみ。)

有名なN氏のカラー塗装図も存在するんですが、個人的まったく信用しなくなった自分なりの解釈の下、その塗装図とはまるっきり違うものになる予定です。

(素直にタミヤ指定の塗装にすればいいものを・・笑)

本日までの進捗状態。

06 小物は例によって終えています。(汚しはまだ)

なぜか主・尾翼のみ塗装。背面はフリーハンドで塗装予定。

2006年8月 9日 (水)

Fw190D‐9 ②

タミヤ1/48 Fw190D-9 を再開したのはいいのですがほとんど進展せず。

01_8 組み方が悪かったのか仮組みしてみると胴体と主翼基部および機首部に若干の隙間と段差が出たので ランナーで幅の調整をしています。

.

02_9 03_7 隙間段差は解消です。

.

.

胴体と主翼の接着硬化まで小物をいじればいいんですが

10_3 11_3 今回はパイロットを塗装しています。おなじみのハセガワ1/48パイロットセットですがインスト通りには塗装ていませんのであしからず。(ハセガワのインストも決して間違っているわけではありません。)

.

●おまけ画像です。●21_1

CMKから出ている1/48レジン製のエースパイロット

saburo sakai(坂井三郎)です。

こりゃ1/48の零戦を作りたくなりますな~。

2006年8月 6日 (日)

Sd.Kfz.164 ホルニッセ 完成

1週間製作なのでデティールアップもせずストレート組みです。
細かな部品が多く取り付け説明も曖昧なので一苦労でした。
MG34MP40ジャンクパーツから持ってきました。
キット付属のキャタピラパーツが短いので
後輪を金属線で補強して強引につけてあります。
(砲弾収納を前後逆につけてしまいました。)

100円ショップのケースに簡易ベースを作りました。11_2 13_2 14_1 16_1 05_3

.

.

.

以前1/35用につくったベースに載せてみました。01_7 02_5 03_5 04_3

.

.

.

これからFw190D-9を再開します。

2006年8月 4日 (金)

Sd.Kfz.164 ホルニッセ ③

PCの調子が悪く更新遅れました。と言ってもたいして進展してませんが (^^A

とりあえずまだまったくの基本塗装のみです。

これから車体迷彩を施し戦闘室内の汚し及び車体の汚しにかかります。

何度も書きますが、これでも1/72なんです。( ̄O ̄;) ウォッ!1000001_img_3 1000005_img_1 1000006_img_2

.

.

.

車体ができたら多少の小物を配置する予定ですが

1番の問題点はキット付属のキャタピラが短いのです。

どうしましょう ( ̄ヘ ̄;)ウーン

●工程追加●

レッドブラウンダークグリーンダークイエローを加え色調を抑えたものをエアブラシで吹きつけ。08__3 09__2

2006年8月 2日 (水)

Sd.Kfz.164 ホルニッセ ②

今日はFw190D-9をお休みしてSd.Kfz.164 ホルニッセ に集中していました。

(8月6日までベースまでは無理そうな予感・・・。)

亀田興毅の(WBA)ライトフライ級王座決定戦を見ながら製作だったのでちょっと雑な部分もあります。(とりあえず結果的には祝!亀田興毅、Lフライ級世界王者!!

02_88_1 これで1/72です。細かな部品が多く目が疲れます。 接着も完全固着しないと持つところが無く無理して持つと接着した部品が傾いたり動いたりして急いで作るには不向きですね。

03_1_1 オープントップなので内部をある程度再現しなければならないのですがキットの部品だけで十分に思えます。さらにデティールアップしようにも資料も持っていないのでこのまま先に進めます。

04_2_1 上部の前後・側面装甲板は少しでもずれると全体に歪んでしまうので仮組み必須ですね。(ちょっと前面に隙間が開いてしまいました。)   88㎜砲は塗装を考え、まだ接着していません。

転輪もゴム部分が別部品になっており塗装しやすそうです。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ