« 隼Ⅱ型(後期型) ⑥ | トップページ | ゴジラ 1954 »

2006年7月16日 (日)

L.R.D.G.デザートシボレー フィギュア編2

時間的理由により「隼」はちょっとお休みしての更新です。

(「隼」は7月18日以降再開します。)

10_2 途切れ途切れでフィギュアをいじっていました。

やはりある程度通しでやらないと出来はいまいちですね。

.

_01_1 _02_1 _03_1

.

.

.

ブログ訪問も後ほどゆっくりと・・って感じです T_T

|

« 隼Ⅱ型(後期型) ⑥ | トップページ | ゴジラ 1954 »

AFV模型 (LAND)2006」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰ですう。
このところ、プラモ弄りから遠のいている笛吹だすう。

で、いつもながら、何とも素晴らしい雰囲気!!
これ、72スケールでしたっけ?
どうすれば、こんな塗りが出来るのでしょう?
感服ですううう!(沈)

投稿: 笛吹 | 2006年7月16日 (日) 11時52分

ラットパトロール大型車両編ですね、これでドイツ軍の装甲車を(以下略)

さすがに世の中連休だけあって模型関係の人達も家庭サービスモードのようですねぇ(笑)

あいも変わらずコンスタントな日常を送っていると、歳をとったなあ、と感じますな(笑)

銅線?真鍮線?のエエ奴が無いからこれから買ってこよう、家から出るのは昨日のコンビニ以来だ(爆)

投稿: ⊥TT | 2006年7月16日 (日) 12時42分

●笛吹殿
残念ながらこれは1/35なんですよ。
もっともミニスケールを作る時は
だいたい35スケールの完成作品を参考にしています。

資料の図面を見るよりもデティールアップした人様の35の完成品のほうが情報量多いです(笑)
写真を見てもよくわからんと言うのもありますが。
他力本願の極致ですな~(爆)

投稿: シミソ | 2006年7月16日 (日) 14時44分

●⊥TT殿
さすがに手榴弾1発で戦車は吹き飛ばせませんので
手榴弾は積んでいません。なんちゃって(笑)

こちらも家庭サービスならばなにかと理由をつけられるんですが
また説明会・講義用の勉強の最中です。
学生時代のように一夜漬けはできませんな~。
頭に入っていかない(笑)
こりゃ資料の棒読みになりそうな予感。

投稿: シミソ | 2006年7月16日 (日) 14時48分

 この作品でいまいちなどと言わないで下さい。(汗)
 
F1でも見ながらのんびりやります。

投稿: ハヤテ | 2006年7月17日 (月) 00時00分

どうもこんばんわっ。ソフトスキンって、フィギュアを乗せるとグッと魅力的になりますよね~。人間的になりますよね~。←当たり前ですか?(笑)
この兵隊さん、オリジナル状態でしたっけ? だとしたら、昔のタミヤさんのキットって、実はイイ感じのフィギュアが付属している・・・。そんな感じでありますですっ。

投稿: 小春好 | 2006年7月17日 (月) 02時57分

うわっ、ミスっちゃいました。フィギュアさん、オリジナルでは無いでしたよね~(笑)
も~最近、少しモノ忘れが・・・。
ヤバイです(苦笑)

投稿: 小春好 | 2006年7月17日 (月) 03時01分

●疾風殿
写真では陰影が付いているように見えますが
フィギュアの顔がほぼベタ塗りなんですよ。

ちゃんとお化粧?しなかったせいかのっぺりした感じで
スミイレのみで終えています。

投稿: シミソ | 2006年7月17日 (月) 14時09分

●小春好さん
あ!これ改造していません (^^;A
改造するといいながら時間が無くそのままです。
紛らわしい書き方してすみません。

ただ服の合わせ目や襟・袖口、ポケットなどの
モールドは掘り込んでみました。

タミヤのフィギュアはおっしゃるとおり
いい感じのフィギュアが多いですので
モールドをシャープにしてやるだけで
見違えるようになると思います。

私的な欠点と言えば限定されたポーズなので
改造の苦手な私には応用が効きません(笑)

投稿: シミソ | 2006年7月17日 (月) 14時16分

こんにちは

うーむ。さすがだ…
今度、フィギュアの塗り方もレクチャーしてください!

投稿: 躍人 | 2006年7月17日 (月) 14時30分

●躍人さん
フィギュアはお教えできるほどうまくないですよ~。
私の方法を聞くとフィギュアやっている人はでんぐり返ります(笑い)

自分では「手間かけずにそれっぽく誤魔化せる方法」だと思っております。
そんなわけで実際に見るとあまりよくないです。

投稿: シミソ | 2006年7月18日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隼Ⅱ型(後期型) ⑥ | トップページ | ゴジラ 1954 »