« Bf109K-4 ⑤ | トップページ | Bf109K-4 ⑦ »

2006年5月28日 (日)

Bf109K-4 ⑥

今回は機体の迷彩です。

11_1、フラップは可動状態再現のため接着していないので、迷彩を途切れさせないようにマスキングを兼ねてテープで仮止め。

.

12_2、主翼前縁の塗装~~にするためマスキング。あらかじめ~~形に切り取った紙に二等辺三角形状の両面テープを貼っていきます。 翼に貼り付けたら指で押えて翼になじませます。(密着させる必要はありません。)

13_ram813、全体にRLM81ブラウンバイオレットを塗装。(今回はクレオスの特色のRLM81は緑がきつい感じがしたので特色No.304.オリーブドラブ使用)

14_4、機体上面の迷彩マスキング。(1/48の図面をコピーして迷彩を手書き切り出しして貼り付けました。)

図面の無い場合はキットを組む前に左右胴体・主翼・水平尾翼を紙にトレースしておくといいでしょう。

15_5、マスキングを剥がしました。

(ここでちょっとワンポイント。少し塗料がはみ出して吹かれています。微小な場合ですがクレオスのアクリルで塗装した場合ははみ出した部分をタミヤ・エナメル溶剤を含ませた綿棒で軽く拭くと目立たなくなる場合があります。あくまで微細な場合だけです。)

16_6主翼前縁。結構うまくいきました。(ピンボケですけど。)

ちょっとパターンが細かすぎたかな・・・?.

.

|

« Bf109K-4 ⑤ | トップページ | Bf109K-4 ⑦ »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

どうもこんばんわっ。う・・・む。飛行機はやっぱりマスキングの仕方が肝みたいですね~。難しいそうですね~。私も最近は72スケールが主体だから、飛行機もボチボチ挑戦してみなければ・・・。そんな風に感じてる、今日この頃ですっ。

投稿: 小春好 | 2006年5月28日 (日) 02時37分

シミソ様

前ふちの波線の塗装法、ゲット。(笑)
それにしても早いですね。 

投稿: ハヤテ | 2006年5月28日 (日) 06時24分

ぎざぎざはそうするのでしたか・・・でもそこまでたどり着きませんよ~キャノピーのマスキングで疲れ果てそうです。この前のセロテープ法を試してみます。。。

投稿: SAIUN | 2006年5月28日 (日) 08時23分

さすが元祖マッハ製作ですな~~

投稿: はたやん | 2006年5月28日 (日) 08時26分

神速モデラー復活ですなぁ~。
オイラは暫く地に潜りのろまなカメの鈍ガメモデラーになります。
夏場には復帰予定なので、ご容赦を…

投稿: ぬ・ | 2006年5月28日 (日) 09時16分

ドイツ機はマスキングが多いですね、手間を惜しむズボラモデラーのやり方は、手書きで先に書いてしまいます、その後から細吹きで埋めていきます、実は262はマスキングは殆ど使ってません(笑)
頭の赤とかキャノピーは使いましたけどね(汗)

投稿: ⊥TT | 2006年5月28日 (日) 10時26分

気持ちがいいほど サクサクと進みますね、いとも簡単にこんなマスキングできるなんて凄い 自分にも簡単に出来そうな錯覚がします。

投稿: マック | 2006年5月28日 (日) 10時54分

こんばんは。
>クレオスのアクリルで塗装した場合ははみ出した部分をタミヤ・エナメル溶剤を含ませた綿棒で…
へーへー!!こんな技があるんですか!
こ、これはメモしとかないと…
こんど試してみますです。

投稿: 躍人 | 2006年5月28日 (日) 21時18分

●小春好さん。
マスキングはやってみるとそんなに難しくないですよ。
最初は上下面の単純迷彩から始めてみられるといいかもしれません。
小春好さんなら面白い情景を作られそうだな~。
是非やってみてください。

投稿: シミソ | 2006年5月28日 (日) 23時45分

●疾風殿
ややボカシならこの方法でもいいんですが
キッチリ塗り分けならマスキングテープをそのまま切って貼りますが
型紙を使用する場合は両面テープを型紙に貼り付け切ってから
キットに貼り付けると楽ですよ。
貼り付け前に手などに一旦貼って粘着力を落とすのはご存知だと思いますが
私はよく忘れ塗装と一緒に剥がすことがあります。

投稿: シミソ | 2006年5月28日 (日) 23時53分

●彩雲殿
ぎざぎざマスクは思いつきなので皆様はどうされているのかわかりません。
もしかしたらもっと楽な方法があるかもしれません。

投稿: シミソ | 2006年5月28日 (日) 23時55分

●ハタソ殿
私に場合ドイツ機はとくに塗装に入ると一気にやらないと
この面倒くさい分割迷彩は中断してしまいます(笑)
そのため下地塗装で中断しているドイツ機キットが多数転がっています(爆)

投稿: シミソ | 2006年5月28日 (日) 23時58分

●ぬら殿
今週は月曜あたりまでに仕上ないと
勉強が待っているもので・・・。
あ~講師なんてしたくね~!

投稿: シミソ | 2006年5月29日 (月) 00時00分

●⊥TT殿
今回のK-4は結構キッチリ分割なのでマスクしました。
インクスポットもないですし(笑)
先手書き後細吹き法は何故かけっこう苦手なんですよ(笑)
細吹きで慎重になぞるよりも
マスキングして一気にプーっと吹くのが性に合っているのかも。

投稿: シミソ | 2006年5月29日 (月) 00時04分

●マック殿
>自分にも簡単に出来そうな錯覚がします。
いやいや、本当に簡単ですよ。
図面があるとかなり楽です。
なくても組み立て前に部品をトレースしておけばOKですし。

投稿: シミソ | 2006年5月29日 (月) 00時08分

●躍人さん
この方法はあくまで微細なものです。
例えばマスキングテープの浮き上がり部分に
細かな粒子がもれた程度・・・
「雷電」の05.01.02_08「はみ出た部分を・・」のところの
濃緑色のはみ出しが修正限界でしょうか。
日の丸の部分は取れる場合もありますが
色が色だけにこの場合はタッチアップの方がいいと思います。
あとは何度も往復したり強くこすると下地まで取れますので
3往復くらいで一旦止めて乾燥したら再度チャレンジを3回くらいを限度で止めておいた方がいいとおもいます。

投稿: シミソ | 2006年5月29日 (月) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bf109K-4 ⑤ | トップページ | Bf109K-4 ⑦ »