« CW-21 ⑦ | トップページ | いかの石焼 »

2006年4月 2日 (日)

CW-21B (完成)

MPM (1/72) CW-21B 完成しました。

組み立てに難儀したことも上面の迷彩の茶/緑逆塗装も

完成してしまえばわかりゃしませんね(笑)

デティールアップは

パーツの脚カバーの厚さ1mmはいただけないので

0.3㎜のプラ板を切り出して置き換え、翼端灯の再現、

エンジンの金属線によるパイピング、

ピトー管の金属化と機首機銃の金属パイプの埋め込みです。

● オランダ領東インド航空隊 第Ⅱ戦闘飛行隊

  ジャワ島 ぺラク飛行場 1941/42 Cw21b_01 Cw21b_02 Cw21b_03 Cw21b_04 Cw21b_05 Cw21b_06 Cw21b_07

 

|

« CW-21 ⑦ | トップページ | いかの石焼 »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

あ、もう完成している・・・完成ラッシュだなあ(汗)

こうやって見ると、日の丸とか☆とか付かないほうが迷彩効果が高いですよね、まあ、味方に撃たれる危険度も上がるんでしょうけど(笑)
しかし雑食とかいって何でも作るその心意気は見習わなければなりません。
どうも日本とドイツに偏るんですよねえ、ワシの場合(汗)

投稿: ⊥TT | 2006年4月 2日 (日) 16時03分

お疲れ様でございます。

う~ん、初めて見る機体ですが、なんというか弱格好良い、機体ですね。

閣下も仰ってますが、素晴らしい意欲ですよね。

私も日本とドイツに偏ってしまいがちです。

稀に人型ロボットも作りますが(笑)

投稿: 鉄火巻 | 2006年4月 2日 (日) 20時25分

完成おめでとうございます。

マイナー機でありますゆえ、シミソ殿の雑食魂本領発揮でありますね。

次はギガントですか?(笑)

投稿: はたやん | 2006年4月 2日 (日) 21時56分

活躍しているとは言えないかも知れませんが
マイナー機、小国機はなかなか味のある機体が多いですよ。
フィンランドの戦歴が雑誌の影響で有名になりましたね。
マイナー機は資料もあまりないのでデティールアップにも
あまり目くじら立てることなく自由に作れる反面
既存キットがとっても組みにくいものしか存在しない(笑)
そこで有名機でも日・独・(伊)・米・英・(仏)・ソ以外の
国に仕上げるのも面白いかもしれません。
※( )は模型の世界ではマイナー??

こんなこと考えるのはやっぱり天邪鬼(爆)

⊥TT 殿、Bf109にも同盟国のデカールが入ったキットたくさん出てますよ。
それだとあまり抵抗ないかもしれませんぞ。

鉄火巻殿、実は人型ロボットキット、在庫の奥底に2~3体眠っているはずです(笑)このジャンルはよくわかりませんがお宝かな~?(笑)

ハタソ殿、ギガントですか!まだ到着していないので次は別物です。(笑)
今度は組み立て楽チンキットを1つ2つやってから
苦手キットやデカキットにいってみます。

6月末〆の陸物も手付かずなんですけどね~(笑)

投稿: シミソ | 2006年4月 2日 (日) 22時32分

完成おめでとうございます。なんだか見る角度によっては結構カッコよかったりします。
※零戦はどこから見てもかっこええだすが。

ワシんところの1/100メッサーも、もうすぐ仕上がりますが勢い付いて、もう1機メッサーの箱を引っ張り出してしまいました。(またエレール72)

スピット(及び四角)は、もう少し後になりそうです。

投稿: 夜戦部隊二等兵 | 2006年4月 3日 (月) 00時34分

この機体、塗装前はただの軽飛行機を作っているようでしたが
迷彩、マーキングすると不思議なもので戦闘機に見えます(笑)
性能は別として大きさや武装など九七式戦闘機のような感じです。

スピットはいつでもいいですよ。四角もゆっくりと。

ところでエレールのメッサ-のK-4型(G-10ともされていたことあり)は
ものすごくいい感じになりますよ。
B/C型も他にはないアイテムでいいですね。(残り在庫1個あり、笑)

投稿: シミソ | 2006年4月 3日 (月) 01時00分

 完成おめでとうございます。そして、リクエストに答えていただいてありがとうございます。
 今回、初めて見た機体ですが、洗練されているような、どっかボケかましているような、面白い機体ですね。決して強そうにはみえないけれど、遊覧飛行するには楽しそう(^^; オランダ軍のマーキングていうのもいいですね。列強各国じゃないところが、泣かせます。って、オランダ人に叱られるかな?
 
 次は何になるのか楽しみです!

 

投稿: つばくろ三等兵 | 2006年4月 3日 (月) 01時17分

お願いがあるのですが・・・キャノピーのヒートプレスのテクニックってどこかに記事とか無いですかね? どうもうまくいかんのです。0.3mmの使おうと思います~ 

投稿: SAIUN | 2006年4月 3日 (月) 20時16分

ヒートプレスですか!
う~ん、キャノピープレスはにがてです(笑)
私もうまくいったことがありません。

ちなみに簡単な半円とか曲板ならいいですが
キャノピーのような Ω 形は
なれないとプラ板では難しいと思いますよ。
塩ビ板がよろしいかと(お菓子などにはいっているあれです。)

航空機のキャノピーではありませんが
方法が書いてあるHPのリンクを
彩雲さんのブログのゲストブックに親展で付けておきますね。


投稿: シミソ | 2006年4月 3日 (月) 21時17分

ありがとうございました!!やってみます♪ 感謝の極です!

投稿: SAIUN | 2006年4月 3日 (月) 21時38分

完成おめでとうございます。
ふ~~む・・・写真でみると、もそっとスリムなカンジとおもっておりましたが、エンジンの径もけっこう大きいのですね。
太平洋戦争の初期に零戦との戦闘もあったでしょうか・・・
バッファローの陰になってはいますが、アメリカの当時のフリーダムファイター(輸出専用)だったわけで、いってみれば
世界戦略の一翼といえば、大げさでしょうね。(*'m')・・・

投稿: nananiya72 | 2006年4月 3日 (月) 21時55分

かなりエンジンは目立ちます。
開口部も大きいので配線しておいてよかったですョ。
機首に比べ尾翼直前の胴体の細いこと。
急激な機動で折れちゃうんじゃないかと思うくらいです。

あのあとまた少し調べたんですが
1942年2月3日の零戦との初空戦で
17機配備されていたものが2日後に5機になっていたそうです。

>フリーダムファイター
仰せのとおり、これまたアメリカの制式機でさがすと載っていないんですよ。

投稿: シミソ | 2006年4月 3日 (月) 23時28分

こんばんはー。
完成お疲れ様です。実は恥ずかしながら初めて見る機体です。それにしてもいつもながら美しい仕上がりに脱帽っすよ。
特にカウリング内の精密感がタマリマセン。
ここ数日ばたばたしていたりココログが死んでいたりでちょっとネット弄る時間も少なかったせいもあって自分の作品も含めてパチコンのアップが滞ってました。すいません。
明日の晩に何とかアップしますのでご容赦くださいませ~。

投稿: あんぐら | 2006年4月 5日 (水) 03時18分

あんぐら師匠さま、アップはいつでもいいですよ~
と書こうと思ったら、すでにアップしていただいておりました。
ありがとうございます~。
エンジンも銅線でコードを付けただけなんですよ。

ココログも最近メンテを頻繁にしているようですね。
フリーのほうも時々画像アップしにくいことがありますが
うちのPC設定のせいかも・・・。

投稿: シミソ | 2006年4月 5日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CW-21B (完成):

» シミソ様、CW-21B完成です [PACI-CON 〜太平洋祭り〜]
前回精密感溢れる九七式戦車改で驚かせてくれたシミソ様ですが、早くも新作が完成いたしました。今回はMPMのCW-21B、恥ずかしながら自分は初めて見る飛行機ですが、独特の主翼形状と急激 [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 19時28分

« CW-21 ⑦ | トップページ | いかの石焼 »