« 九七式中戦車改 車体完成 | トップページ | 九七式中戦車改 (南方戦線) »

2006年3月15日 (水)

ディオラマベース

1.100円ショップのクリアーケースにスチレンボードを貼り付け。

2.スチレンボードを大まかに切り取ります。

3.破折・ひび割れを防ぐため木工ボンドを混ぜた石膏(壁補修材が無かったため。)

 をガーゼに浸し貼り付け、乾燥後地面の着色。

 (数種類の黒や茶色、ライトブラウンの混色・・適当にそれらしく)

4.エナメルでウオッシングしました。

5.100円ショップのプラ製植物小鉢を購入

6.小鉢のベースの苔状のものを剥ぎ取り接着

7.ベースに穴をあけプラ製植物の枝を適当な長さで差し込んでいきます。

最後に植物の部分に適当な緑色を吹きつけ、光沢を落ち着かせるため

缶つや消しクリアーを吹きつけ終了。

道の横が密林という設定です。密林に見えるでしょうか?

ちょっと植物のスケールが大きすぎたかも?

1/35あたりがちょうどいい感じかもしれません。

すべてケースの蓋の中に収まるようにしました。

作業時間は石膏の硬化待ちを含め3~4時間ってところでしょうか。001_3 002_3 005_8 006 009 007 008

|

« 九七式中戦車改 車体完成 | トップページ | 九七式中戦車改 (南方戦線) »

AFV模型 (LAND)2006」カテゴリの記事

コメント

うーむ、勉強になりまする、変なスプレーでごまかしたのとはワケが違いますな(笑)
どーも模型以外の工作は手が動きませんで困ってます
今度パクリ&真似してみよう(爆)

投稿: ⊥TT | 2006年3月16日 (木) 01時15分

ありゃ、ベース以降はあんまり役に立ちませんよ。
もし揃えられるのなら他に

鉄道模型コーナーにあると思いますが
・シーナリーパウダー(着色したおが屑のようなもの。茶や緑の色各種あり)や
・ライケン(海藻、ちょっと臭い。笑)
・パセリの粉(食品コーナー:100円ショップにもあります。笑)
・壁補修材(石膏/プラスターより扱いやすい・・・かな。)
・木工ボンド(あらゆるところで使います。)
・スプレーのり
くらいあればいいでしょうか。

そのほかに
・ベース(100円ショップの木製飾りベースやフォトフレーム使用)
 失敗しても惜しくないように・・・せこいですか?(爆)
・ドライフラワー(私は100円ショップのもの。今回使ったのとは別物です。)
・ビニールボンド(石膏のストラクチャー接着など)
・中性洗剤(水で薄めた木工ボンドに混ぜてシーナリーパウダーを撒いた後、流し込むと表面張力が働かず浸透しやすい。)
・そうそう↑をそっと流すための大き目のスポイドもしくはシャンプー容器のようなノズル付きのペットボトルがあれば便利です。
あとは
・茶漉し ・スプーン かな~。
今、思いつくのはそれだけです。

投稿: シミソ | 2006年3月16日 (木) 02時23分

レス遅れました、気が付かなかった(汗)

実はジオラマに使う素材は多少はあるんですよ、要は手が動かないんです(爆)
で、たまにやると何かが足りない→買いに行くのが億劫→途中でやめる→ベースがカチカチで戦車が浮く→モチが急降下→廃棄w

ああ、このパターンに何度嵌ったことか(爆)

投稿: ⊥TT | 2006年3月17日 (金) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディオラマベース:

« 九七式中戦車改 車体完成 | トップページ | 九七式中戦車改 (南方戦線) »