フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の19件の記事

2006年3月31日 (金)

CW-21 ⑦

機体上面の迷彩塗装

1、マスキングして塗装。2、マスキングを剥がす。

「まあまあいい感じ。」とおもいきや、

茶色と緑色の色を逆に塗装しちまった!!

おもいっきり凹~~~~~~~~~~~。

しょうがないのでこのまま続けます(T_T)24 25

.

.

.

さてさて、今から少しいじってきますわ。

2006年3月30日 (木)

今日は3月30日だよね~?

東京では桜が咲いているというのに

こちらは雪が降っています。

ずぼらな私の車ははまだスタッドレスタイヤを履いていますが(笑)

それにしたってかんべんしてくれ~ぃ!!20060330_1509 20060330_1458

.

.

.

.

.

3月31日朝の状態・・・午後には消えてなくなりましたが。2006331_

2006年3月28日 (火)

CW-21 ⑥

遅く取り掛かったので迷彩まではできませんでした。

1、機体下面(濃淡)

2、機体上面(こちらも濃淡)

あとは機体上面のオリーブグリーン迷彩を施しマーキング&汚し予定。

今日は飲み会予定なので明日まで更新はないでしょう。

(どうせ午前様だし・・笑)22 23

CW-21(実機解説)

カーチス・ライトCW-21Bデーモン

(実機について簡単に解説)

原型は複座多用途機CW-19R。

これを単座化、引込脚にしたのが戦闘機型のCW-21B。

複座に戻し主脚収納を後方引き上げ式にしたのが練習/攻撃機型CW-22B。

オランダ領東インド航空隊に両型18機づつ購入配備。

1942.1.20~3.7 東JAVA防衛戦にて日本陸海軍との戦闘で一方的に被撃墜される。

(同機での戦果なし?)

数機が日本軍に鹵獲され練習/連絡用に使用されたものもあった。

(飛行第七五・五〇戦隊、第九練成飛行隊など)

他に中国のフライングタイガースにも配備されたが空輸中に墜落喪失。Cw215

2006年3月26日 (日)

CW-21 ⑤ 

やっと士の字になりました。

1、水平尾翼取り付け。補強用に0.5㎜金属線を仕込みました。

2、接着部段差・パテ盛り部を均しピトー管を金属線で再現

 (ピトー管の長さは不明なので適当です)

3、プロペラとキャノピーを仮付けし外形を確認。

あとは塗装して主脚と尾輪を取り付け翼端灯をでっち上げ

一気に完成に持ち込めるか?15 16 17

.

.

.

先程、ちょこっとデティール追加

4、キャノピーは何故か合いが良好。

 (セロテープでマスキングしてあるので透明感が落ちてます。)

5、極細金属パイプで機銃を再現。

6、翼端灯を伸ばしランナーで追加。

7、主脚の取り付けを考えていなかった・・・・orz

 (イモ付けだと強度が不安なので金属柱を埋め込み)18_1 19 20 21

2006年3月25日 (土)

CW-21 ④

パテ盛りしました。

1、エンジンに簡単なパイピング(コードを銅線で追加)

2、機体下部の段差をパテ埋め。(パテ硬化後整形)

3、主翼基部の整形(パテふき取り法は用いず従来の方法で。)

4、辛抱たまらず製作の楽なタミヤ72のBf-109E-4/7を作るのだ!

これはプチメッサ-祭りで作ると言ったマルセイユ機ではありません。

衝動的・発作的な製作キットです。(箱がでかいなぁ)

 次期作は?と聞きましたが、とりあえずは息抜きに楽なこちら。12 13 14 Bf109e47

.

.

5,プチメッサ-祭りの本命はこちらです。Dak_1

2006年3月23日 (木)

CW-21 ③

やっぱりこのキットは苦労を金を出して買ったようなものですね~。

1、主翼をそのまま取り付けると翼の折れた鳥のようになるので

接着後セロテープで強引に上半角をつける。

2、がらんどうの脚収容庫は資料も無いのでプラ板を張り付け

光が漏れないようにしただけ。

疲れたので今日の作業はこれでお終い。

この後、エンジンがよく見えるのでパイピングくらいはやりましょうか・・・。

水平尾翼は接着部分に金属線を仕込んで強度確保の予定。

PS.⊥タンク殿

>いつだったか、NHKでイ-5だったっけか(忘れた~)ドイツまで行って帰ってきた話をやっておりました。
これではありますまいか。(右端写真)10 11 52

2006年3月21日 (火)

本日 書店にて

今日ぶらっと立ち寄った書店で

1「.帰りたくない!」茶木則雄著 光文社文庫

たとえば日曜日の昼間、私がキムチを肴に酒を呑んでいる。すると幼稚園児の息子が側に寄ってきて、「お父ちゃん、何食べてるの?」と訊いてくる。「これかぁ、これはな、キムチといってとても甘くておいしい食べ物だ」「いいなあ、ぼくも食べたい!」「バカヤロー、キムチってのはな、すっごく高いんだぞ。もったいなくて子供なんかに食べさせられるか!・・・・・でも、お前がどうしてもと言うなら、一口やらんでもないが」

どうです、続きを読みたくなりませんか?

2.「伊号潜水艦訪欧記」伊呂波会 光人社文庫

吉村 昭氏の「深海の使者」以来の訪欧潜水艦のまとまった本ではないでしょうか?

非常に興味がある分野なので購入。

3、「ゴルゴ13シリーズ」 さいとうたかお画  小学館

シリーズ初期よりずっと読んでいます。国際関係にも強くなる・・・かな?

その他鉄道関連の雑誌を購入。教養本は購入なし。(笑)Photo_4 Photo_5 13no151

CW-21 ②

このMPMのキット、おもいのほか手ごわいです。

1.接着面を均一に均すためペーパーかけ。(全ての部品の接着面) 

 およびバリ取りとダルな小部品のシャープ化。(これがまた面倒)

2.主翼の上下接着と胴体内部に組み込む部品の組み立て

3.難儀したコックピット製作(部品がまったく合わない・・・orz)

 コックピット縁の薄々攻撃を忘れ分厚いままです。(目立つな~)

 簡単なコックピットなのに約1時間格闘。(写真撮影の余裕なし。笑)

4.今日のお供(笑)03_ 04_ 05_ Photo ・ いつもは晩酌もしないんですけどね。

.

今日午前中にいじっていましたが、やはり手ごわいです。

1、カウリング先端部品の直径が胴体側のそれより一回りでかい!

2、脚収納庫、翼下面のエンジン開口部等々・・がらんどう!!

3、主翼貼り合わせ後部、かなり削ったのにいまだこれだけの段差あり!!!

まだまだ頭を悩ませられる部分が多数あり。

ひえ~~~~~~~~~!07 08 09

2006年3月19日 (日)

カーチスCW-21

MPMの簡イキット初期のものなのかパーツはきついですね。

バリだらけでエンジンのパーツなんか埋まっています。

ただコックピット内部のエッチングパーツが付属しているので

デッチアップはしなくてすみそうですが・・・。

パーツを見る限り、今まで製作したMPMキットの中で一番手ごわそうです。

製作宣言しなけりゃそのまま押入れにUターンするところですね(笑)01_cw21_ 02_cw21_

2006年3月18日 (土)

次はどれ?

次期製作はどれいきましょう?

1.タミヤ35、シボレー・トラック(鉄を鍛え給う神と共に   第2回泥沼展用 〆6月初旬)

2.ローデン72、Sd.Kfz.233(ひそかにDAKコンhttp://www.geocities.jp/gupak65/DAK.html提出を狙っています。〆5月7日)

3、MPM72、カーチスCW-21(PACI-CON ~太平洋祭り~
用 〆12月末)

4、タミヤ72、A-10A(鉄を鍛え給う神と共に   図鑑用 〆なし)

5、モノグラム48、OS2Uキングフィッシャー(できればPACI-CON ~太平洋祭り~に提出したいな~。)

6、ドラゴン72、Sd.Kfz.251/1C(マジリさんの製作要望キット。まじりさん、そのままストレートでよさそうですよ。)

7、ドラゴン72、Sd.Kfz.164ホルニッセ(ちょっといじりたくなったキット)

8、フジミ72、Mig21MF(ジェット戦闘機にも手をだそうかと思いまして。)

9、Pit700、日本海軍駆逐艦「朝潮」(久々に艦船復活しないと作れなくなる?)

どれがいいかな~。リクエストあります?(他力本願!)T__1 _sdkfz233_1 M_ T_a10a M_os2u_ D_sdkfz2511c D_ F_mig21mf Photo_3

2006年3月15日 (水)

九七式中戦車改 (南方戦線)

続けて完成写真です。

1/76の九七式中戦車改を置いてみると

やはり植物が少し大きいようです。

ミニスケールでも出来のいい日本兵が欲しいところです。_d001 _d002 _d003 _d004 _d005 _d006 _d007

                                                             

 

.

今回の参考写真です。1000001_img 車両は九五式軽戦車ですが・・。

ディオラマベース

1.100円ショップのクリアーケースにスチレンボードを貼り付け。

2.スチレンボードを大まかに切り取ります。

3.破折・ひび割れを防ぐため木工ボンドを混ぜた石膏(壁補修材が無かったため。)

 をガーゼに浸し貼り付け、乾燥後地面の着色。

 (数種類の黒や茶色、ライトブラウンの混色・・適当にそれらしく)

4.エナメルでウオッシングしました。

5.100円ショップのプラ製植物小鉢を購入

6.小鉢のベースの苔状のものを剥ぎ取り接着

7.ベースに穴をあけプラ製植物の枝を適当な長さで差し込んでいきます。

最後に植物の部分に適当な緑色を吹きつけ、光沢を落ち着かせるため

缶つや消しクリアーを吹きつけ終了。

道の横が密林という設定です。密林に見えるでしょうか?

ちょっと植物のスケールが大きすぎたかも?

1/35あたりがちょうどいい感じかもしれません。

すべてケースの蓋の中に収まるようにしました。

作業時間は石膏の硬化待ちを含め3~4時間ってところでしょうか。001_3 002_3 005_8 006 009 007 008

2006年3月14日 (火)

九七式中戦車改 車体完成

九七式中戦車改 車体のみ完成しました。

汚してみましたが、いまいちかな・・。

場面設定の観点から部隊特定はせずマーキング無しです。

この後簡単なベースを作ります。01_4 12_2 23_2

2006年3月12日 (日)

九七式中戦車 基本塗装

フジミ1/76 九七式中戦車 基本塗装です。

お待たせしました。記事の投稿トラブルで遅くなりました。

(え!?誰も待っていないって??爆)

たぶん製作の参考にはならないと思います。

塗装は物が小さいので筆塗りでおこなっています。

1、ベースはミドルストーンにカーキを少々混色。(比率は適当)

2、土地色はマホガニーにミドルストーンを混色。(こちらも比率は適当)

3、草色は濃緑色(川崎系)にミドルストーンを混色。(同じく比率は適当)

4、色を落ち着かせるためエナメルのブラック+ブラウンの極薄溶剤でウォッシング

(もうお気づきかと思いますがやっぱり比率は適当。笑)

この後、足回りを組み立て汚しにかかります。04_a_2 05_1a_1 06_2a_1 07_a_1

2006年3月 7日 (火)

フジミ1/76 九七式中戦車改

飛行機が続いたのでAFVを作ります。

Webコンペ「第2回泥沼展」の1/35物も作らなければならないのですが

フジミ 1/76「九七式中戦車改」

これもPACI-CON ~太平洋祭り~用です。

先ほどいじっていましたが小1時間ほどで車体・砲塔の基本形ができました。

素組ならあっという間に形になります。176 01_1 02_1

.

.

.

小部品の追加と少しデティールアップしました。

1、ハッチの取っ手を0.3mm銅線と伸ばしランナーで。

2、排気管覆いの網目部分に煙草内包装を張り付け。

3、砲塔上面の潜望鏡覆いをプラペーパー切り出し貼り付け。

4、機銃架は折れちゃったので0.3㎜銅線で再製。03_1

30分~1時間程度の作業です。

2006年3月 5日 (日)

福井プラホビーコンテスト

本日福井プラホビーコンテストに行ってきました。

力作ぞろいで目の保養をさせていただきました。

マスタークラスの方々の作品を前に色々と質問させていただき

かなりの収穫でした。

とくにパイパー殿に大変お世話になりありがとうございました。

またメーカー各社の方と話すことができ、要望も伝えました。

なかでもファインモールドの社長さんと話が合いまして要望を話したところ

同じようなことを考えておられることがわかり期待大です。

(製品化も考えておられるとか、資料は完璧にそろっているとかetc.)

ハセガワ・タミヤさんもいい感じではありました。

自分事ですが、私の持ち込み作品を子供があきもせず

ずっと見ていてくれたことが一番感激しました。

画像は少ないですが後ほどアップします。

コンテストの写真はに入れておきました。

http://photos.yahoo.co.jp/ph/shimiyan21/lst?&.dir=/449f&.src=ph&.view=t&start=1&.rand=37133416390

2006年3月 3日 (金)

1/72 P-40N 完成

H社1/72 P-40N 完成しました。

PACI-CON ~太平洋祭り~に参加宣言キット以外に速攻製作で提出と言っていましたが

塗装にえらく時間がかかってしまいました。今回はすべて塗装仕上げです。

機体上面の濃淡が出せなかったのと尾翼の機番が少し大きすぎました。

実機には機首のシャークマウスに黒縁がついているかもしれません。

落下した際カラカラしていた音の正体はシートベルトがひとつ外れていました(T_T)

1944年 夏 雲南駅 第51戦闘航空群第25戦闘飛行隊

フレッド・F・バーゲット中尉機・・・のつもり。

参考文献:オスプレイ社「太平洋戦線のP-40ウォーホークエース」06_p40n__5 07_p40n__2 08_p40n_ 09_p40n_ 10_p40n_

2006年3月 1日 (水)

P-40N 基本塗装その1

1、下面にニュートラルグレイを塗装し、白を混色してパネルラインの内側を塗装。
2、上面はオリーブドラブを塗装し、カーキを混色して下面と同様に塗装。
  (あまり変化は無いように見えます。混色比率の失敗)02_p40n_01_p40n_

                                                                                                                                                   

                                                                                                

3,基本塗装その2

すべて手書き塗装していますが機首のニックネームと尾翼の機番号をどうしようか考慮中。

4、尾翼の部隊マークはさすがに綺麗には描けません。

 基本の色を塗り、ガンダムマーカースミイレ用で黒ふちをつけました。

5、シャークマウス?はうまくいったかな?でも少し短いような気がします・・・。03_p40n_1_1 04_p40n_ 05_p40n__5

速攻製作と言ったにもかかわらず時間がかかっています(反省)

このあと床に落としました。外部損傷は見当たりませんが中で

カラカラ音がします。キャノピーマスキングを剥がすのが怖い・・。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ