« CW-21(実機解説) | トップページ | 今日は3月30日だよね~? »

2006年3月28日 (火)

CW-21 ⑥

遅く取り掛かったので迷彩まではできませんでした。

1、機体下面(濃淡)

2、機体上面(こちらも濃淡)

あとは機体上面のオリーブグリーン迷彩を施しマーキング&汚し予定。

今日は飲み会予定なので明日まで更新はないでしょう。

(どうせ午前様だし・・笑)22 23

|

« CW-21(実機解説) | トップページ | 今日は3月30日だよね~? »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

何となく塗装の仕方が似てますな(笑)
っていうか、飛行機の基本塗装法はこれがベーシックなのでしょうか?
最近思うことは飛行機にしろ戦車にしろ、色々な雑誌で塗装の仕方を掲載していますから
全体的に出来る出来ないは別として、皆さんで同じ方向に行っているように感じますね。
それでも作風は皆さん違うというのが実に面白いだす(笑)

投稿: ⊥TT | 2006年3月28日 (火) 17時20分

シミソ殿
某ブログであれの話し読みました。ありがとうございます。
そうですか~あれですか~あれをだすなら他にもあれとかあれとか出して欲しいですね。
陸軍の複座の固定脚のあれとかも出して欲しいですね~
「あれリーマン」ならぬ「あれモデラー」ですね(爆)

投稿: はたやん | 2006年3月28日 (火) 19時44分

シミソ殿
いや~~お忙しい中円盤ご手配誠に有難き幸せでございます。
その筋のシミソ殿故、大変楽しみにしております。
重ね重ねありがとうございます。

投稿: はたやん | 2006年3月29日 (水) 12時30分

雷電も参考になりました。ありがとうございました。雷電での撃墜王は赤松軍曹でしたっけ?・・・最近、飛行機作る中で、敷島隊の本も読んでおります。

投稿: SAIUN | 2006年3月29日 (水) 23時08分

⊥TT殿、AFVも航空機も塗装方法は同じようになってきましたね。
まぁ、流行なんでしょうけど。
塗装の濃淡をつけるのは立体的あるいは使用されている感じが
出やすいかもしれませんが
実際はこうはなっていませんよね?
模型的な表現としてとらえればいいんでしょうけど。

自分のものも含めて模型誌などで
ことさらこの濃淡塗りわけを強調した作例が掲載されることがありますが
最近妙に違和感を感じるんです。

もう少しこの濃淡塗装をやってみて
いずれはまた単色に戻すか、やっても控えめにするかもしれません。

投稿: シミソ | 2006年3月29日 (水) 23時38分

ハタソ殿、そうあれです。あれ。
あと72でも48でもいいですから
九五式水上偵察機が欲しい・・・。

そうそう
ハタソ殿、鉄火巻殿に業務連絡
本日3月29~30日にかけ関東方面に
円盤が運ばれているようです。(荷物追跡による)
30日か31日には到着すると思います。
不都合があったらご連絡ください。

投稿: シミソ | 2006年3月29日 (水) 23時42分

彩雲殿、
雷電の参考にされましたか。いやいやお恥ずかしい。
赤松氏(階級忘れました。)は厚木の雷電での活躍が有名ですね。

敷島隊ですか。
関大尉機以下6機でしたっけ?
それ以後悲惨な作戦が続きますが
鎮魂のためにも知っておくべき事柄でしょうね。
作戦自体も最初のころと後半では命令内容、意味合いが
極解されておかしくなってきていますから・・・。


投稿: シミソ | 2006年3月29日 (水) 23時55分

業務連絡感謝であります。

私の基地では、今か、今かとお待ちしておりまする(笑)

お手数かけましてありがとうございました。

投稿: 鉄火巻 | 2006年3月30日 (木) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CW-21 ⑥:

« CW-21(実機解説) | トップページ | 今日は3月30日だよね~? »