« CW-21 ④ | トップページ | CW-21(実機解説) »

2006年3月26日 (日)

CW-21 ⑤ 

やっと士の字になりました。

1、水平尾翼取り付け。補強用に0.5㎜金属線を仕込みました。

2、接着部段差・パテ盛り部を均しピトー管を金属線で再現

 (ピトー管の長さは不明なので適当です)

3、プロペラとキャノピーを仮付けし外形を確認。

あとは塗装して主脚と尾輪を取り付け翼端灯をでっち上げ

一気に完成に持ち込めるか?15 16 17

.

.

.

先程、ちょこっとデティール追加

4、キャノピーは何故か合いが良好。

 (セロテープでマスキングしてあるので透明感が落ちてます。)

5、極細金属パイプで機銃を再現。

6、翼端灯を伸ばしランナーで追加。

7、主脚の取り付けを考えていなかった・・・・orz

 (イモ付けだと強度が不安なので金属柱を埋め込み)18_1 19 20 21

|

« CW-21 ④ | トップページ | CW-21(実機解説) »

航空機模型 (AIR)2006」カテゴリの記事

コメント

なんだかんだここまで来ましたね、キャノピーも楽そうだし、あと脚がどうなっているのか分からないけど、一気呵成で完成しそうですね。
次はMeですか?是非シミソ殿の110見たいなあ(笑)
410でもエエけどMeの双発が見たいだす(ジェット不可)

ところで、マジリ殿はまさかあの1号戦車火炎放射型に手を付けたのでしょうか?
お初であの東欧キットをいじるのは自殺行為かも(笑)
何で素直に251Cやらないのかなあ(困惑)

投稿: ⊥TT | 2006年3月26日 (日) 19時14分

キャノピーは仰せの通りらくちんです。
主脚は大失敗。
収納庫のがらんどう隠しにプラ板をはりましたよね~。
主脚1本ならよかったんですが
脚押えの支持柱がサイドから出ていました。
1部切り取らなければなりません。(あ~ぁ)

Me110ですか~。
中断キットのイタレリ72のG型以外はどこにしまったか・・・。

あの1号と同じメーカーの別キットですが
オークションで売っぱらちまいました。
あ、でもアランホビーのカチューシャはまだある(爆)

投稿: シミソ | 2006年3月26日 (日) 20時34分

見れば、見るほど不思議な形の飛行機ですね。

塗装も楽しみですね~。

投稿: 鉄火巻 | 2006年3月26日 (日) 23時27分

自殺未遂のまじりです。亀の歩みになるとは思いますが続けます。
この飛行機は実際のところ、活躍してるんですか?プロペラ機で前縁後退翼って、あんまりないですよね。

投稿: 夜戦部隊二等兵 | 2006年3月28日 (火) 00時34分

鉄火巻殿、マジリ殿
CW-21はほとんど活躍らしい活躍はしていないようです。
何かと並べるとわかるかもしれませんが
寸法的にもかなりコンパクトで、作っていて曲芸用の機体のような感じです。

投稿: シミソ | 2006年3月28日 (火) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CW-21 ⑤ :

« CW-21 ④ | トップページ | CW-21(実機解説) »