« ディオラマベース | トップページ | 次はどれ? »

2006年3月15日 (水)

九七式中戦車改 (南方戦線)

続けて完成写真です。

1/76の九七式中戦車改を置いてみると

やはり植物が少し大きいようです。

ミニスケールでも出来のいい日本兵が欲しいところです。_d001 _d002 _d003 _d004 _d005 _d006 _d007

                                                             

 

.

今回の参考写真です。1000001_img 車両は九五式軽戦車ですが・・。

|

« ディオラマベース | トップページ | 次はどれ? »

AFV模型 (LAND)2006」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
完成お疲れ様&おめでとうゴザイマス。
タバコの銀紙のアイデアは目から鱗でしたよ。
ぱっと見るととても76には見えない完成度です。このサイズで迷彩から車体前面の金星までしっかり塗りこまれているのには脱帽です。
自分も今戦車作ってますがちょっと気後れしてしまいそうですよ。

パチコン会場のほうにアップ完了しました。

投稿: あんぐら | 2006年3月15日 (水) 21時20分

木にパセリパウダー振ると良くなりそうな気がします。

このままだと、ジュラ記の森を行く日本軍戦車のようですね。

などと偉そうなこと言える立場ではないですが(汗)

投稿: 鉄火巻 | 2006年3月15日 (水) 21時26分

あんぐら師匠さま~、早速のアップありがとうございます~。
ベースがお手軽すぎましたね。
えらい手抜きですがな(笑)
さぁ、今度はなにいきましょうか。

投稿: シミソ | 2006年3月15日 (水) 21時47分

御完成おめでとうございますっ!やっぱり日本人なら九七式ですよね~。と言いつつ、自分はシャーマン作ってしまってるんですが・・・。素晴らしい出来ですね。76とは思えないです。南方のうっそうとした雰囲気も出てると思います!

投稿: 小春好 | 2006年3月15日 (水) 21時49分

鉄火巻殿、やはりそう思われますか(笑)
実はこの100円ショップのプラ植物鉢は
1/35用に買っておいたんですがついつい使っちゃいました。
素直にライケンとパセリorシーナリーパウダーの組み合わせにすればよかったです。
材料費はベースを含め200円しないかも(爆)

投稿: シミソ | 2006年3月15日 (水) 21時50分

小春好さま~~。ありがとうございます。
ミニスケールのディオラマの植物の再現は
まだ試行錯誤の状態です。
なかなかスケールに合った【安い】素材ってありませんね。(笑)
自作すれば一番いいんでしょうけど
面倒くさがりでついつい既存のものを利用しちゃいます。
で、あとから後悔・・・(爆)

投稿: シミソ | 2006年3月15日 (水) 21時56分

あ!そうそう小春好さん、
ブログのリンク貼らせていただきました。

投稿: シミソ | 2006年3月15日 (水) 22時10分

 おお、完成ですね! ベースが加わると、単品とは又、違った雰囲気が醸し出されますね(^^)。
 何か私もやってみたくなってきました。いつか作ってみたいです。まあ、その前に主役の戦車の出来を良くするのが先決なのですが……(^^;
 
 

 
 
 

投稿: つばくろ三等兵 | 2006年3月16日 (木) 00時39分

つばくろ殿、小さなベースから作ってみられるといいですよ。
ディオラマベースの⊥殿の返信に材料なんかを
ちょこっと書きましたので興味があるようでしたら
ご覧になってみてください。

そうそう最初は飛行機の飾りベースのつもりで
平坦な土の飛行場を作ってみられるといいかもしれません。

投稿: シミソ | 2006年3月16日 (木) 02時47分

>やはり植物が少し大きいようです。
ウルツ殿(何時改名するのだろう?)
大きすぎるというか…。せめて色でデフォルメしてください。(笑)

投稿: J.パイパー | 2006年3月16日 (木) 21時55分

きれいですね。いつも感激します。
これって実車は装甲板は50mmくらいでしたっけ。
あの頃に現イスラエルのエブラハムが日本にあれば圧勝だったかも。などと勝手に想像しちゃいます。

投稿: saiun | 2006年3月16日 (木) 23時03分

パイ殿、やはり手抜きですか~(ばれたか。笑)
でも色は吹いたんですよ。
ただ色がのらなかったというか
エアブラシの塗料の濃さじゃまったく受け付けませんでした。
やるとすればサフを吹いてから塗装ですね。

大きさ的には72/76では無理がありました。
やはり使うとしたら35サイズですね。

投稿: シミソ | 2006年3月16日 (木) 23時49分

彩雲さん、装甲板はどのくらいだったんでしょう。
薄い事は薄いはずですね。
実を言うとあまり陸物は詳しくないんですよ(^^A
デティールアップにしても
それなりに資料があればいじることもありますが
キットの寸法が実車より短いとか長いとかまったく気にしないので
一体成型してある取っ手なんかを金属線に変えたり
特に目立つ省略部分を足すくらいか
成型上厚いところを薄くするくらいしかしません。


投稿: シミソ | 2006年3月17日 (金) 00時00分

ベース製作の記事、読ませていただきました。とても参考になります。
 そのうち、機会を見て、挑戦してみる事にします。
 その時は、ご指導の方、又、宜しくお願いします。

 

投稿: つばくろ | 2006年3月17日 (金) 00時44分

つばくろ殿、
今度作るときはもっと真剣につくります。
そのときはまた工程アップします。
と言ってもお見せできるような物でもありませんが。

投稿: シミソ | 2006年3月17日 (金) 01時23分

あっ!そうか…。
素材がビニールのために塗料を弾くのですね。
それは気がつかなかった…。
それと、九七式のMAX装甲で25㍉です。トホホ…。

投稿: 1J.パイパー | 2006年3月17日 (金) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九七式中戦車改 (南方戦線):

« ディオラマベース | トップページ | 次はどれ? »