フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

2017年3月22日 (水)

福井 元祖ソースカツ丼

3月21日(日)

急に「福井の”ソースカツ丼”が喰いてぇ」と思い立ち

女房殿にそう言ったら「いいねぇ!」ということで

高速使って片道約1時間半、福井県福井市に行きました。

朝飯がちょっと遅かったので、「昼にソースカツ丼は重いかな?」

急遽昼はメニューを変更して「越前そば」にしました。

.

まずは福井駅横に昨年出来た「ハピリン」という複合ビル1Fにある

あみだそば 福の井 さん(←クリックでHPいきます)

偶然入りましたが福井でも比較的有名な『あみだそば 遊歩庵』さんの姉妹店らしいです。

201703203

「おろしそば三昧」

蕎麦は十割蕎麦で蕎麦の種類が3種類あるのではなく出汁が3種類(手前からおろし、わさび、とろろ)あります。

越前そばはやや太めの平打ち面で少し硬めです。

いずれも辛み大根がベースなんですが

・”おろし”は基本ですね。

結構辛いですがこれがないと「越前そば」ではないように思います。

大根の辛みが出汁に合って蕎麦に絡み合い最高です。

・辛いのがちょっと苦手という方には”とろろ”がお勧め。

辛み大根の辛さがとろろによって柔らかくなり辛み大根の風味と相まっておいしいです。

・そして”わさび”・・・ガツンときます。

口の中で”辛み大根”の辛さに責められ、鼻の奥は”わさび”に責められます。

辛みが苦手な方はきついかも。

私は普通に食べられますが「大盛り」は勘弁ですね(笑)

(当たり前ですがトウガラシや、コショウ系の辛さとは違います)

※おろしそば三昧には大盛りはありません。他のには大盛りあります。

このビルもなかに福井物産店のような店や食べ処、食品店、雑貨店など数店入居していてぶらぶらと時間をつぶし

さらに女房殿のリクエストで福井県内最大級の店舗面積をほこるという「エルパ(♡Lpa)」

に行きました。

規模の大きいSSということで時間をつぶすにはちょうどいい広さですね。

(地方によくある専門店街(Lpa)と大型スーパーマーケット(APITA)と映画館の3つがあるSS)

で、小腹も空いてきたので「ソースカツ丼」喰いに行こう!

.

支店が何件もあるのですが今回は(も?3回目です)ヨーロッパ軒総本店 さんに行きました。(←クリックでHPいきます)

20170320

いつもカツ丼にしていて、今回はなんとなく食べたことのない”エビフライ”が食べたくなり”ミックスカツ丼”にしました。

カツ丼はカツ3枚なんですが、ミックスカツ丼はカツ2枚にエビフライ1枚

これはこれで美味しかったです。十分満たされました。

画面にはありませんが+200円で味噌汁とサラダが付きます。

いやいや、満足旅でした。

いつものことですが、一切観光地らしいところに行っていません(笑)

2017年3月15日 (水)

製作キットを選ぶのも楽しみ方の一つかな?

SHS用作戦参加機材製作せねばならないのですが極秘機材のため

表面作戦で別になにか作ろうと思います。

ただ、過去中断キット多数あるのに新たに箱を開けるのはどうかというのと、
現在の製作進行状態だと2方面作戦はの難しいんではないかとの葛藤もありますが、

あれやこれやとキットを眺めつつのキット選定だけでも
模型の楽しみの一つだと思うので
勝手気ままに選んでみます。
(制作に取り掛かるかどうかは気分次第ですし、
今回の選定キットもいつの間にか変更になっているかもしれません。)

・MAUVE 1/48 Bf110G-4

Mv48_bf110g40

お宝キットかもしれません。
現時点でヤフオクなど見てみると7千円超えのものから3千円程度の投げ売り的なものまでありますが
ほぼ7千円前後のものが主流でしょうか?
このキットはそんなに高く手に入れたものでもなく(2千円程度)、また惜しくもないので
作ろうと思えば作られるキットです。

・eduard 1/48 Fw190D-4

Ed48_fw190d90

デカールが1種類しか入っていない廉価版キットです。

・ハセガワ 1/48 零戦22型甲

H48_22horz0_2


文春文庫の「零戦、かく戦えり!」を読んでいたら急に作りたくなったキット

ただハセガワ 1/48 零戦52型(凸モールド旧版)”士の字”までもっていっている
中断キットがあり、そちらが気がかりになります。

52h48_7

・ファインモールド 1/35 四式中戦車(量産型)

Fm35_0

最近戦車を作っていないなぁ。
本当は試作型がほしかったんですが、こちらの量産型は投げ売りで半額になっていたんで買ってしまいました。(試作型は定価2割引き)

・ハセガワ 1/48 Bf109G-14

H48_bf109g1400

模型合宿のビンゴキットの一つ。
最近Bf109製作が続いています。そのノリで製作してみてもいいかなと選定
でも、連続しているので途中で飽きるかもしれないという不安あり。
例のごとく生産国ドイツ機ではなく輸出国仕様です(笑)
しかもこの機体1/72で一度作っているし。

Bf109g14_01

昨年末以来製作中断中のハセガワ 1/72 B-17Gもありますが、

B17g_05


大きさ的、形状的にあまり製作意欲が出ません。
(SHS作戦参加者の皆様にはなんとなくわかっていただけるかも(笑))

ま、いろいろ書いていますが中断キットの零戦52型かなぁ?(笑)

2017年3月10日 (金)

Bf109G-6 ルーマニア空軍


いやはや仕事関連でパ二ック状態が続きましたが今日何とかすべてに目途がたちました。

一応、小都市の某団体の長をやっていまして県からの補助金の申請、使用目的の書類作成、機材の複数社への見積もり取得、選考、機材選別発注、納品日の確認や納品後の支払い時期の煮詰め。

加えて国からの面倒なよくわからないようなアンケートの記入発送や行政への会議出向のための会員の意見取りまとめ、資料の読み込み理解等々

まぁ、すべて一人でやっていたわけで

昨年はこんなに忙しかったっけ?というくらい今年(年度末)はひどかったです。

これもあと4ヶ月、7月には交代予定です。(絶対2期はやらない!!)

PCもネット徘徊はほとんどせず、してもパパッと見るだけで足跡も残しませんでした。

ということで、息抜きのぼちぼち弄っていた

ハセガワ1/48 Bf109G-6 ルーマニア空軍 

Hasegawa 1/48 Bf409G-6 'RUMANIAN AIR FORCE'

完成しました。

Bf109g6_10

Bf109g6_20 Bf109g6_30 Bf109g6_40 Bf109g6_50_2 Bf109g6_60 Bf109g6_70_2 Bf109g6_80 Bf109g6_90

本国ドイツじゃ無くルーマニアというところがいつもの癖(笑)

一応製作過程も簡単に載せておきます。

昨年2016年11月23日の記事にもちょっと触れています。

・最初は取説の指示通りに塗装しました。

Bf109g6_080_2

・なんだか違うな~。気に入らん!!ということで標準?色に塗装しなおしました。

Bf109g6_090

・胴体上部も同じように塗装します。
(下縁ラインが下気味なのは塗装しようとする機体のラインがここのため)

Bf109g6_100 

・胴体塗装下縁に暈しを加え、返す刀でインクスポットを入れていきます。

Bf109g6_110 Bf109g6_120

・デカールを水につけたら予想通りバラバラになりました。

リキッドフイルムも使いましたが、一部カバーしきれていません(T_T)

Bf109g6_130 Bf109g6_140


これで半艶クリアーを3重くらい重ねてデカールを固定しました。
(デカールひび割れはカバーしきれていないところ)

・小物を取り付けスミイレ、ウォッシングを施し、再度半艶クリアーで整えて完成です。

DUPはコックピット内を見える範囲だけパイピングし、ナノのシートベルトと後部の雑庫蓋をプラ板で取り付け
お約束のブレーキパイプを銅線で取り付け。それだけです。

さ、時間がなんとかなりそうなのでSHS用の秘密兵器製作します。

※ツイッターやホビコムは過去作で何とか継続していましたが投稿も粗でした。

2017年1月 9日 (月)

1/700 HMSイラストリアス

今年の正月というか昨年12月7日以来キットを弄っていません(汗)

にもかかわらず、作りもしないのに買っちまった・・

アオシマ1/700 MSイラストリアス

700a_hms

艦船模型自体どのくらい弄っていないでしょう?

それでもキットばかりを増やしていく大馬鹿ものです。

押入れ艦隊‐英空母キット群

Hms

HMSハーミス

HMSアークロイヤル

HMSイラストリアス

いずれも純正エッチングパーツ込みで購入です。

田舎だとキット本体は容易に手に入りますが、純正エッチングパーツは
キット発売とほぼ同時に入荷したものを手に入れておかないと
通販で取り寄せるしかないことが多い
ので、同時購入です。

HMSハーミスなど作りたい気もするんですが、現在ネットで検索すると
新製品のせいかかなりの作例があふれています。(雑誌作例もしかり)

参考作例は多いと言えますが、

天邪鬼的思考で人と同じもん作りたくないな~という気持ちもあります(笑)

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

119201080j_10

謹賀新年

明けましておめでとうございます

昨年中はいろいろとお世話になりありがとうございました

今年も変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い致します

Ps新年とともに御挨拶できるよう設定してあります。

例年恒例となりましたが、年が変わる頃は地元神社に詰めております。
お世話になった皆様の御多幸を神社内よりお祈り申し上げます

2016年12月 7日 (水)

B-17F 02

急に寒さがきつくなってきました。

なかなかキット弄りの気力がわきません。

B-17もゆるゆると進めています。

ハセガワ1/72 B-17G

B17g_03

とにかく完成を目指すので、デティールアップ等の寄り道はせず

押し出しピンあとを消してマスキングテープ製のシートベルトをつけた程度で

全く弄り無しの素組みです。

いつものように小物パーツの処理は終えています。

(写真は小物のうち内部に組み込む関係上、機銃だけ塗装)

B17g_04

コックピットを組み込み左右胴体接着し乾燥待ち

(主翼、水平尾翼の上下は接着処理済)

ここでちょっとしたミス発覚!

主脚収納庫内部の塗装を忘れていました

ちょっと厳しいけどなんとかなるでしょ。

このキット、デティールアップしようとすると膨大な労力を必要とすると思われます。

1/72B-17で機体内部デティールを重視する場合は

レベルからいいキットが出ているので、

値段は倍以上ですがそちらを作ったほうがいいと思われ、

ハセガワベテランキットはさっさと作って塗装を楽しみましょう。

もっともモールドが凸なのでこれも悩むところではありますが。

(わざわざ凹モールドにはしていません。)

塗装箱絵「A Bit O' LACE」にする予定です。

変なBGMが付いているので視聴は音声無しのほうがいいかもしれません。(4:48)

こちらは長いバージョンです。9:19あたりから上と同じものが出てきます。(17:28)

当時のカラー映像です。 B-17に限らず参考になりますね。

2016年11月23日 (水)

B-17F 01

ここのところ仕事がらみで一応地域の”長”と名の付くものになっていまして
そのせいで忙しく趣味のほうはなおざりになっています。

そんな中、息抜きで見たDVD

B17_dvd_2

どちらも”B-17”の映画

”B-17”を作りたくなってしまい在庫の箱を開けました。

B-17FB-17Gの2キットを在庫していますが、銀色の機体を作りたいということで

ハセガワ1/72 B-17G

H72_b17g

1/72ではレベルの出来のいいキットやスジ彫り仕様のアカデミーキットがありますが
購入したり安く上げたオークションでセットの中に入っていたりでハセガワキットが2箱ずつあるので
(もう2箱あったんですが、展示会や、模型合宿のビンゴ用に供出)
在庫減らしのためハセガワキット使用

時間もあまり取れないので主尾翼の貼り付けとコックピットパーツ組立程度しかしていません。

Cimg68460

資料も用意しましたが、とりあえず完成させたいので素組みでいきます。

B17

実はこちらも手を付けてあったんですが、御多分に漏れず小物処理で中断中(汗)

Bf109G-6 ルーマニア空軍

Bf109g60_2

2016年11月 2日 (水)

Bf109E-7 日本陸軍航空審査部

ハセガワ1/48 Bf109E-7

途中写真はありませんが、完成しました。

8月31日記事での上左写真の中断キット3機すべて完成です。

Bf109e7_9

Bf109e7_1

Bf109e7_2

Bf109e7_3 Bf109e7_4 Bf109e7_5 Bf109e7_6 Bf109e7_7 Bf109e7_8

Bf109e7_10

Bf109E-7
日本陸軍航空審査部
実用試験機「白1」 (各務原飛行場:1941年)

japan Army Airlines examination department
Practical use testing equipment "white 1" (Kagamigahara Airbase: 1941)

Bf109Eの好きな方なら1度は作ったことがあるか作ってみたいと思う機体ではないでしょうか。

ハセガワのキット「Jt9」(カタログ落ち?)では数種類の選択デカールのうち
日本仕様がありRLM74/7576塗装指示ですが
限定キットの「H07369」ではRLM02/7165の指示になっています。

ドイツからの輸出時期で制空迷彩後期塗装(後者)にしてみましたが、
実写真をみると迷彩境界があまりはっきりと見えないので
前者だったかもしれません。

もしかすると主脚柱は無塗装もしくは明るめの色のようにも見えます。

ちなみに限定生産キットはデカールが陸軍航空審査部の1種類のみで値段が倍以上になっています。
今回はもともとのキットの下左写真の安価なほう(笑)

H48_bf109e47   H48_bf109e7

フィギュアハセガワパイロットセット陸軍操縦者なんですが
このキットのフィギュアはどれも頭が大きく5~6頭身で困ったもんです。

DUP
ブレーキパイプ、アンテナ線、方向舵操作索を加え
機首部の開いた部分にエンジンが入っているようにプラ板を張り付けたのみで
細かな省略部分は再現していません。
パネルラインモールドもそのままです。

ベースは100均のA4写真入れに灰色の画用紙にマジックペンで線を引き
塗料洗浄用の汚れた液を散らして、片隅にシーナリーパウダーでちょっとアクセントをつけた
ほとんどお金をかけない簡易ベースです。(使い回し可(笑))

«ハセガワ1/48 Bf109E-7Trop 完成

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ