フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

2018年8月14日 (火)

ハセガワ1/72 Bf109G-6 フィンランド ②

残暑お見舞い申し上げます。

また暑さがぶり返した当地方ですが、九州では台風も上陸し今年は天気はむちゃくちゃですね。

いきなり”②”ですが、ほぼ1年前手を付けて”十の字”にした後に放置していたものです。

(⇓ 1年前の記事、クリックすれば飛びます。)

ハセガワ1/72 Bf109G-6 フィンランド

Twitter上で””が開催されていまして、そこに便乗して完成まで持ち込もうという魂胆で製作再開しました。

Bf109g6_h72_22

サフ吹きまで施してあったのでとりあえず基本塗装

主脚を取り付け、これからデカール貼りです。

Bf109g6_h72_23

今回は塗装のみではなくデカールを利用します。

この機体、WWⅡ時代のハカリスティ(旧国籍マーク)を塗装を上塗り消去したせいか
または夜間戦闘機部隊のせいか全体的に暗い感じになっています。

Bf109g6_fin_1vert

塗装はあまりこだわっていないので、塗装した状態は実機写真とは違っています。

雰囲気です(笑)

明日、もう1日だけお盆休みなので完成させることが出来るでしょうか?

2018年8月 1日 (水)

女詐欺師ジャクリーン

MB1/24 女詐欺師ジャクリーン 完成しました。

10


ここのところの猛暑で塗装する気にもなれず放置していましたが
なんとか完成しました。

クレオスラッカーカラーのみで仕上げ、服のスミイレにタミヤエナメルを使用したのみです。
パーツは改造もせずポーズも全く弄らずキットのパーツのまま素組みです。

20

最初に顔と胴体を別々にして塗装している時はあまり感じなかったんですが
いざ合体してみると、なんとなく顔がでかい?(手のひらも)

30_2 40_2

箱絵の若く美人の顔からはあまりかけ離れたオバサン顔ですが、
改装無しと塗装技術ではこれ以上無理です。
しかも埃を塗りこんだのか右頬にニキビ?があります(笑)
まあ箱絵詐欺的なところがありますんで・・・。

50 60


今後作られる奇特な方は、服の境目を彫り込むのと
今回はやりませんでしたが、ベルト・バックル類、ブーツの留め帯や
取り付け帯等を彫り込んだほうが見栄えも塗装作業もやりやすくなると思いますので
手間はかかりますが、やられたほうがいいと思いました。

70 80

あ、そうそう胸の部分のレースのところ(白いところ)はピッタリと合わないので
アイキャッチポイントでもありますし、
あらかじめ仮合わせ等で密着するようにしたほうが良いです。

90 100

最後はサービスショット(Pライン入り!)です(笑)

2018年7月24日 (火)

零戦52型戦闘偵察機

暑中お見舞い申し上げます

毎日毎日暑い日が続きますが、皆様お加減いかがでしょうか?

ではブログタイトル通りに模型ネタ(笑)

ハセガワ1/48 零戦52型(旧黒箱)戦闘偵察機仕様

52h48_20

第153海軍航空隊 偵察第102飛行隊
フイリピン・クラークフィールド基地 1944年10月
佃喜太郎少尉機

.

52h48_30 52h48_40 52h48_50 52h48_60

タイトルを見て「戦闘偵察機??」と思った方もおられるかと思います。
「あ~、あの機体ね!」と思われた方はかなりのマニア?(笑)


スケールアビエーション2003年3月号(Vol.30)に発表された機体で
破損写真を参考に推定して作図されたようです。(写真は未掲載)

52h48_70


52h48_90 52h48_100 52h48_120

佃喜太郎少尉の回想記録記事もあるのですが肝心の偵察カメラ設置状況は記憶にないとのことで作図は想像したものが書かれています。(胴体下部にカメラ用の四角の窓?)

52h48_80

.

52h48_110 52h48_130

今回はその想像図とは異なり、同じ偵察仕様でも上の国立博物館にある
ラバウルで破損機の部品を寄せ集めて作った”複座零戦”の偵察仕様部分に準じて作ってみました。
(最後の写真の左下画像が実物で右下がキット:円形の部分がスライドしてカメラが覗く)
塗装は三菱製の塗装にしてあります。
(カウリングのナス紺色、濃緑色と灰白色の色合い、胴体上下ラインの塗り分け、味方識別帯や日の丸縁の太さ、脚庫内の下面色等々)

機体の剥げは案外初期の零戦52型はあまり見られないので入れませんでしたが、
下面は汚しを入れてアンバランスになっています。
上面は結構濃淡つけたはずなんですが、艶消しや、半艶消しで光沢を整えていくうちに
ほぼ1色に見えるようになってしまいました。
(パネルライン強調塗装は好みではないのでほとんどやりません。色の濃淡だけで微妙な変化をつけることが多いです。←だから消えるんだ!(笑))
ちなみに下面はサイパン捕獲零戦52型の飛行姿勢の写真を参考にしています。

すべて塗装仕上げです。


独断想像で思いこみいっぱいの作品なので参考にはなりません。

7月初旬には完成していましたが、ブログ発表は今になってしまいました。

思ったようにはなりませんでしたが、完成できただけでも良しとします。
このキット、制作中断してから何年熟成していたんだろう??

.

.

.

2018年7月14日 (土)

三式戦闘機 飛燕丁

暫くネットを離れていたの(特定HPのみ覗いていました)とブログ更新もサボっていましたが

キットは少しづつ弄っていました。

そのうちの1機

ドラゴン1/72 三式戦闘機”飛燕”一型丁

 

飛行第19戦隊、第1中隊
フィリピン ルソン島クラーク基地 1945年

D72_20_2

D72_30 D72_40 D72_50_2 D72_60 D72_70 D72_80 D72_90 D72_10

M_image

このキットも胴体がカツオ節状態で主翼も貼り合わせて未処理のまま放置して合ったものを再開完成させました。

確か模型合宿のビンゴキット(押し付け編)だったと思います。

はっきりと写っていませんが最後の実機写真を参考に(真ん中の機体を主に)それっぽく塗装してみました。
WEB上でのカラー側面図もありましたので、それも参考にして組み合わせてあります。

ちょっとグリーンが弱かったでしょうか?もう少し濃くしても良かったかもしれません。
急いで塗装したので一部日の丸がズレてしまいました。
いつものようにすべて塗装で仕上げましたが、戦隊マークがヨレヨレです。

おまけとしてコックピット付近の途中写真です。

D720

2018年6月20日 (水)

機能停止?

前回記事より1ヶ月以上間が空いてしまいました。(´ω`)・・トホー

なにか作ろうとすると微妙に用事が入ったりして気がそがれ、ズラズラと月日が流れてしまっています。

SHS前に作っていたMAUVE 1/48 Bf110G-4は箱に入ったままの状態で進展なし。
(ハセガワ1/72の飛行機キットの箱に入れてあります)

4

・1/48ハセガワ零戦52型(旧箱)は再開したものの日の丸と歩行禁止ラインを入れてマスキングしたところで再停止

1/72ドラゴン飛燕も同様に日の丸マスキングで停止

1

・他にもやりかけ中断中(昨年8月より!!)のハセガワ1/72 Bf110G-6

ちょっと手を出したハセガワ1/72 Mc202もパーツを切り離し、脚庫を少し再現しようと天板除去したところで中断

そのまま再開することなく机の横に置きっぱなし。

3

「これじゃいかん」ということで全く違うジャンルで気分転換に作り始めた
”女詐欺師ジャクリーン” マスターボックス1/24
(何かのアニメ系?ネットでググれば出てきます)

Mb24

箱絵詐欺(笑)のMB製女性キット、無改造で塗装のみで見られるような顔にできるかどうか・・・

ネット上ではMB製1/24女性キットは無改造ではどのキットも美人・・.というかオネイちゃんにならず"おばはん"になるらしい(笑)

でも弄っていてちょっと楽しいかも。

0

顔はともかくヒップラインが良い感じ。全体のバランスから見ると少し掌が大きい?

ただ箱絵と同じようなポーズにするには腕の位置を少しいじらなければなりません。
(単に工作の腕が悪いだけ(笑))

顔を塗装するのに少し資料を集めてみました。
写真にあるもののほかにも資料あります。

とりあえず実写とイラストと塗装フィギュアを並べてみました。

1_2

驚くべきは右下のフィギュアの塗装技術!

いかつい兵隊のものではなく女性らしい柔らかな塗装で指が.写っていなければ.本物のようです。

よくこんな塗装ができるもんだと驚きの塗装技術です。

2018年5月16日 (水)

第57回静岡ホビーショー 2018 参加

昨年に引き続き

5月12日~13日(土・日)

前回の記事通り第57回静岡ホビーショー

(第29回モデラーズクラブ合同作品展)に参加しました。

富山サンダーバーズ(南館 M 165)の車に便乗させてもらい会場入り。

.

・西館233 模型合宿さんチーム (西館233)

0600

.

・西館242 ”非公認”ホビコムモデラーズの輪(西館242)

0700

両方のブースでの参加でしたが

今年は模型合宿さんチームの参加人数が少なく(半減)”店番”に時間がとられたのと

テーブルを埋めるための”作品”持参が多く(非公認ホビコムモデラーズの輪の作品もあり)

ちょっと大変でしたが、2回目ということもあり

色々と見学に行き、知り合いのモデラーさんとの再会、交流もでき、

 メーカーブースに行き新製品を偵察し、罪も増やし(笑)

個人的にはかなり充実したと思います。

1日目の夜も今春に亡くなった閣下の話題が尽きず、悲しい話ではなく面白おかしく思い出に花が咲きとてもいい供養になったと思います。(参加メンバー皆様の意見も同様でした。)

また改めまして両ブースに遊びに来ていただいた方々、参加された方々にお礼申し上げます。

.

010

模型合宿さんチーム用梱包状態です。

最初飛行機だけにしようと思いましたが、余裕があったので艦船キットも入れました。

かんたんで不安定なように見えますが、車での移動程度なら十分耐えられます

案外固定されていて動きません。

また少し遊びを入れることによって少しの振動は吸収されるようです。

このほか”非公認”ホビコムモデラーズの輪用の梱包箱がありますが省略

※出発直前まで覚えていたのに「デジカメ」を忘れてしまいました!!!
道中気が付きました(´;ω;`)

1

浜名湖SAの朝焼けです。
12日午前5時頃に静岡に向かう途中の仮眠に寄ったところです。
ドライバー、便乗者ともども1時間ほど仮眠して静岡に向かいました。
とてもワクワクしている高揚感と眠くてたまらないのがごっちゃになっている状態でした。

.

020

模型合宿さんチーム用の状態です。(2枚とも少し時間が違います)

.

2

参考にもう一つ参加した”非公認”ホビコムモデラーズの輪のブースです

.

3

西館の入り口にドド~ンと鎮座されています1/100 USS.タイコンデロガ
いきなり入ってこれはないな~。
他のブースの作品が全てかすんでしまいます(笑)

南館の作品に負けないくらいというか勝っている作品だと思います。
(この作品を出してしまったので来年の展示作品はどうしようか悩んでおられたらしいです)

.

5

南館2日目朝開場前の午前8時半頃の状態です。
まだ出展者だけで各地で交流が見られるのと、
空いているうちに見て回る出展者(特権)であふれています。

すでに混雑し始めていますが、開場されたらこんなものではすみません。
それこそ”芋のこを洗う”ような状態です。

さらに写真を撮ろうと腰をかがめたりしゃがんだりするので輪をかけて通路が狭くなるのと
リュックを背負っている人が多いために「悪く言えば邪魔」でテーブルにぶつからないようにするため通路側に向けるので余計に狭くなります。

.

6

会場建物外の広場の自衛隊車両のほかにタミヤブースには
「ヤマハYZF-R1M」「ヤマハ YZF-R1」と 「トヨタ ガズーレーシング WRT/ヤリス WRC」
シュビムワーゲン、 M16 スカイクリーナー の実車
が展示されていました。

3種類しか撮影していませんが。
「冒頭のデジカメ忘れ事件」の影響です。

.

7

模型在庫過多のため、絶対キットは買うまい、たとえジャンクであれ。
と強く決意していたにもかかわらず「誘惑に負けてしまいました。」

1/35 陸上自衛隊 16式機動戦闘車

だって会場限定なんですもの。
俊作会長のサイン入りなんですもの。
わざわざ静岡まで来たんですもの・・・
まぁ、理由はなんとでも付けられます(笑)

.

8

そのほか飛行機屋にとって気になったのは
ファインモールドの「九八式陸上偵察機12型」
九七式司令部偵察機の海軍バージョンです。

シロイルカさんと話していたんですが

”おそらく97式司令部偵察機をパーツ替えで出すとみた。”

個人的には97式司令部偵察機1型が本命です。
おそらく偵察機バージョンと神風号バージョンが出ると予想します。
売れ筋を後から出す作戦か?

FM社長の話では「九試単戦」と合わせ製品化は赤字覚悟らしいです。

.

9

隣接する駐車場の屋上から静岡市内を撮影しました。
2日目の雨が降る前です。(朝の到着時)
.

最後にサラッと撮った皆さんの作品の一部です。

スマホの電池が怪しくなったのですべては撮っていません。

030 040 

050_2

(塾長の力作の画像データが無くなっている・・・(汗))

.

※一日目終盤にシロイルカさんとの会話

「例のクウェートの石油王きますかね~?」

「2日目に来るんじゃないでしょうか?」

「来たらすごいですね(笑)」

・・・・・・・その五分後

「ナイスツーミーチューアゲン」

2人して固まる Σ(゚д゚lll)

詳細はシロイルカさんが”連絡掲示板”(すみませんメンバー以外非公表)に書いておられますのでそちらを読んでいただくとして

私は来年にむけ「九六式陸攻」を作る羽目になってしまいました。

本当は造形村「1/32雷電」だったんですが無理無理!

(彼に言わせると”ズキムラ ライディーン”  ズキムラ? ズキムラって何??

理解するまで時間がかかった)

作るの面倒なのと高価なのと手に入れにくいのと(笑)

彼にはプレゼントをいただいたので来年は彼の好きな「三式戦闘機 飛燕」をお気に入りのウネウネ迷彩塗装で作ってプレゼントしますかね。

ただし彼の移動手荷物の関係で1/72(タミヤキットも出たことだし)にしましょうか。

.

こちらでも書きますが

1年目の昨年と違い、多少は場慣れしたのか余裕もでき、

模型合宿に負けず劣らずの楽しさでした。

クウェートの石油王などの伝説ネタもできましたし(笑)、

今回未参加の皆様、参加しないのはもったいない?

2018年5月 7日 (月)

MAUVE 1/48 Bf110G-4 ⑤

MAUVE 1/48 Bf110G-4

6日に時間が出来たのでラッカー系パテで修正を進めます。

Bf110g4mv48_12tile0

1.最初のパテ盛りをペーパーで均しサフを軽く吹きました。

まだ段差が目立ちます。

2.2回目のパテ盛りのペーパかけ途中です。

3.細かな番手のペーパかけをしました。

4.サフをかけてみました。

なだらかなラインではありませんが段差は無くなっています。

これ以上しても変化はなさそうなのと時間もなくなってきているため、これで良しとします。

でも消えたラインをフ復活させなければなりません。

.

Bf110g4mv48_15tile0_2

画像右下にも書いた、各アップ画像。

機首側面にヒケやパテ不足の個所が見られます。(印)

カウリング基部側面に要修正箇所(左右両側4か所)(印)

.

Bf110g4atile0

1.初期型

2.後期型

3.ETC500/Ⅸb爆弾架

キットのは使えるような爆弾架のパーツではありません。

何故夜間戦闘機に爆弾架が必要?理由は画像内に・・・。

作る機体を調べなければなりません。(めんどくさいなぁ)

塗装予定機ではWEBで調べると装備していないような感じです。

(塗装予定機のこの個所が写っている写真は、今のところ見つけられていません)

今回は時間のこともあり深く調べませんし、パーツも使えそうにないので爆弾架は付けません。

2018年4月30日 (月)

MAUVE 1/48 Bf110G-4 ④

MAUVE 1/48 Bf110G-4

ラッカーパテ盛り状態です。

Bf110g4mv48_11

.

ただラッカー系パテ使用のため素材より柔らかいので複数回盛り付け調整が必要と思われます。

とりあえず必要最低限の修整だけで完成を目指します。

5月1日・2日はフルで仕事、GW後半は多分弄ることはできないと思われます。

梱包時間を考えるとSHSまでは厳しいですね。

«福井県鯖江市「つつじ祭り」

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ